スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵方巻きの恵方について

2010–01–30 (Sat) 23:46
節分といえば恵方巻きです。昔は恵方巻きなんていわず、単に太巻きといっていたと思うのですが、海苔業界の陰謀か何かわかりませんが、節分に海苔巻きを食べる風習を全国に広めていくにあたって、恵方巻きという言葉が使われて定着していったようです。

ともかくこの恵方巻き、その年の恵方を向いて食べるということになっています。
ではその年の恵方とはどの方角なのでしょうか。
これはググればすぐわかります。
例えばwikipediaによると、恵方とは歳徳神という神様のおわします方角で、「東北東やや右」「西南西やや右」「南南東やや右」「北北西やや右」の4つの方位を5年のローテーションでぐるぐると巡っているということがわかります。今年2010年は「西南西やや右」正確には「庚の方角」です。
  • 2009年:東北東やや右
  • 2010年:西南西やや右
  • 2011年:南南東やや右

ちなみに「やや右」などと冗長な方位になっているのは、本来360°を24等分した方位(庚の方角など)で表現しなければならないところ、16等分した方位(西南西など)で表現しようとしているためにズレが生じているからです。

ところでこの恵方というのは陰陽道に起源を持っているものなので、その暦では立春が一年の始まりになります。立春の前日である節分は一年の終わりにあたります。
さてそこで、節分における「その年の恵方」とはどの年のことを指すのでしょうか。2010年2月4日(立春)から始まる一年間の恵方が「西南西やや右」なら、2010年2月3日(節分)は前年の恵方「東北東やや右」なのではないかと思うのですが、世間ではどこもかしこも「今年の恵方は西南西でーす」と喧伝していて、どういう基準で「今年」を考えているのかがよくわかりません。

ひょっとしたら本当は、
  • 翌日から始まる来年の恵方を向いて食べるという意味合いがあるのが正解なんだけど説明が面倒なので「今年の恵方」と一言で済ましちゃおうぜベイベー、ってことなのか
  • 昨今の歳徳神さまは時代に流されるままグレゴリオ暦の一年に合わせて方位を移動してくれているのか
  • 立春が一年の始まりという考えがそもそも間違っているのか
  • 世間みんなが間違っているのか
どれが正しいのかよくわかりません。

まあ、海苔巻き食べるのに「こまけぇこたぁいいんだよ!!」てなところですかね。
スポンサーサイト

ローカル線

2009–09–01 (Tue) 01:24
JR三江線

去年の夏、広島県三次市に長期滞在していたとき、青春18きっぷを使って日本海側まで旅行しました。
三次駅5:47発の浜田行き鈍行列車に乗って日本海を目指します。
ちなみにこの三江線は、1日に5往復しか本数がありません。
sankousen1.jpg

1両編成の汽車は、江の川沿いの樹々に覆われた山の中をのんびりと走っていきます。
山の中のくねくねしたところでは、最高時速30kmから40kmぐらいです。
1時間ほどで口羽駅に到着しました。この駅で30分ぐらい停車します。
sankousen2.jpg

乗客は自分も含めて2人だけです。
運転士さんが「駅から出てもええで」と声をかけてくれました。
駅舎のほうまで行ってみましたが、周囲に何もなさそうなのですぐ戻ってきました。
ホームに降りて柔軟体操をしていた運転士さんが話しかけてきました。
「ここは何もないじゃろ」みたいな話から地方分権の話、さらには自衛隊のイラク派遣の話になり、活発な議論(といっても運転士さんが一方的にしゃべっているだけですが)を展開し、自分の意見と近かったせいか運転士さんも満足し、上機嫌で運転席に戻っていきました。

このままずっと乗客が少ないままなんだろうかと思っていると、島根県に入ってからぽつぽつと乗り込んでくる人が増えてきました。
浜原駅あたりで遂に立ち客が出始めました。
乗客の大半は高校生です。彼らのほとんどは石見川本駅でどっと降りていきました。
1日5往復しか走ってなくても路線が廃止されずに残っているのは、こういう高校生のおかげなんですね。

車窓は山の中からだんだん田園風景に変わっていき、三江線に沿った江の川の川幅も徐々に広がっていきます。
港町の雰囲気を持ち始める江津本町駅を過ぎると、三江線の終点江津駅です。
時刻は9:31。108kmの道のりを4時間弱かけて旅してきました。
列車はこのまま山陰本線を通って浜田まで向かいますが、自分は出雲市方面へ行くためここで乗り換えです。
降りる際運転士さんに会釈をすると、にこーっと笑い返してくれました。
sankousen3.jpg

JR木次線

三江線をあとにした私は、出雲大社と、その横にある歴史博物館を半日かけてたっぷりと堪能したあと、出雲市内で1泊しました。
翌日は一畑電鉄に乗って松江に移動して、松江城とそのすぐ近くでたまたまやっていた遺跡発掘調査の現場を見学してから、しばらく宍道湖を眺めてボーッとしたあと、木次線の起点である宍道駅に向かいました。
kisuki1.jpg

木次線は、島根県側こそ1日に10往復前後の本数がありますが、県境を跨いでいる部分では3往復しか走っていません。
宍道駅を出発した1両編成の列車は、始めのうち特に山深いわけでもない田舎の風景の中を、コトコトと走っていきます。
木次駅を過ぎ、山の中に分け入るに従って雲行きが怪しくなってきました。
立ち客も出るくらいの混雑だったのが、駅をたどるごとに1人減り2人減り、出雲横田駅で一気に減って、とうとう自分を含めて3人になりました。
その出雲横田駅で20分超の停車をする間に雨は本降りになり、やがて出雲坂根駅に着く頃に雨はやみました。

木次線の出雲坂根駅といえば、スイッチバックです。
写真右側の線路の手前から来た列車が、写真奥にある出雲坂根駅(画像では見えない)で折り返し、写真左側の線路の手前側に進んでいきます。
kisuki3.jpg
そのまま写真手前に進んで折り返し、さらに左側の線路に移って写真左奥の方向を目指します。
kisuki4.jpg
自分にとってスイッチバックは初めての経験でした。運転士さんがとことこと車内を歩いてこっちの運転席からあっちの運転席への移る様子が楽しいです。
スイッチバックを過ぎると、車窓からは国道314号の名所「奥出雲おろちループ」が見えてきます。
自分がカメラを構えているのを見てなのか、そこを通るときには必ずそうするのかはわかりませんが、列車は幾分速度を落としてくれて、おろちループをじっくりと見ることができました。
雨上がりの谷間から湯気が立ち上り、トンネルの合い間から幻想的な風景を堪能できました。
奥出雲おろちループ #3

県境を越えると、比婆山の麓に広がる高原を列車はゆっくりと下っていきます。
間もなく備後落合駅。西城川の作る細い谷に小ぢんまりと佇む乗り換え駅です。
kisuki5.jpg
ここで木次線は終点。あとは芸備線に乗り換えて、三次駅へと向かい、1泊2日の旅は終わりを迎えました。

これだけのんびりとした路線って、他ではまずないですよね。
ぜひ1度は乗ってみてください。

体温計

2009–02–03 (Tue) 19:26
体温計がないので、熱が計れない。
自宅に帰ればあるんだけど、今長期にわたる出張による宿舎住まいで、そういった細々としたものは持ってきていない。
だから自分の手でおでことかお腹とかを触ってみた感じと、体のふらふら具合から判断するしかない。
今現在、37℃台の半ばぐらいかなあといった感じ。昨日よりは少し下がったけど、まだまだ平熱に比べると高い感じ。

で思ったんだけど、携帯電話に体温計機能があったら便利じゃないかなあ。
カメラのレンズをおでこに向けると、赤外線センサーが働いて一瞬で体温を計ってくれる、そんな機能。
余計な機能をこれでもかと詰め込んでいるんだから、もう一つぐらい余分な機能があってもいいよね。
歩数計つきの携帯もあったぐらいなんだから、それと合わせて、毎日の体温測定で健康チェック!みたいなノリで。
さらには、自分と体温とあの娘の体温を計って相性チェック! とか。彼女の体温が普段より0.3℃ほど高いようですね。この微熱、ちょっぴりあなたにほの字? なんて。

 | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。