スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パクリ】ワールドカップを大相撲で例えてみた

2010–06–12 (Sat) 16:08
ワールドカップが始まり、サッカーには興味がないながらも気にはなるので、開幕戦などをテレビで見ていました。そんなときにたまたま拝見したワールドカップを日本のサッカーで例えてみたブログですが面白かったので、マネしてみました。
上記のリンク先、なかなか面白い喩えだったのだけど、普段サッカーを見ない自分にとっては、J1、J2ならともかく、JFLとかそれより下位なんかだと聞いたことのないチームがほとんどなわけで、ちょっとわかりづらかったという点もありました。逆に言えば、日本代表がツエーゲン金沢という聞いたことのないチーム相当だということで、それっぽっちの実力なんだなと分からしめてくれたことは大いに有意義でもありました。
ともかく、自分がわかりやすい喩えをしてみようということで、大相撲の番付に喩えてみることにしました。利用したのは今年の五月場所の番付。七月場所の番付が使えるといいのですが、まだ発表されてません。東の正横綱の白鵬をFIFAランク1位のブラジル相当にあてはめ、以下大関、関脇、小結と順番にFIFAランクにあてはめていきました。
すると、こうなった。

FIFAランク国名番付四股名
1ブラジル東横綱白鵬
2スペイン東大関日馬富士
3ポルトガル西大関琴欧洲
4オランダ東大関2琴光喜
5イタリア西大関2魁皇
6ドイツ西大関3把瑠都
7アルゼンチン東関脇稀勢の里
8イングランド西関脇安美錦
9フランス東小結琴奨菊
10クロアチア西小結栃煌山
11ロシア東前頭筆頭豊ノ島
12エジプト西前頭筆頭雅山
13ギリシャ東前頭2豊真将
14アメリカ西前頭2栃ノ心
15セルビア東前頭3鶴竜
16ウルグアイ西前頭3若の里
17メキシコ東前頭4北太樹
18チリ西前頭4朝赤龍
19カメルーン東前頭5岩木山
20オーストラリア西前頭5白馬
21ナイジェリア東前頭6時天空
22ノルウェー西前頭6黒海
23ウクライナ東前頭7玉鷲
24スイス西前頭7旭天鵬
25スロベニア東前頭8垣添
26イスラエル西前頭8豊響
27コートジボワール東前頭9土佐豊
28ルーマニア西前頭9豪栄道
29トルコ東前頭10阿覧
30アルジェリア西前頭10隠岐の海
31パラグアイ東前頭11猛虎浪
32ガーナ西前頭11徳瀬川
33チェコ東前頭12豪風
34スロバキア西前頭12木村山
35コロンビア東前頭13嘉風
36デンマーク西前頭13高見盛
37スウェーデン東前頭14栃乃洋
38ホンジュラス西前頭14北勝力
39ブルガリア東前頭15若荒雄
40コスタリカ西前頭15霜鳳
41アイルランド東前頭16光龍
42ガボン西前頭16玉乃島
43スコットランド東十両筆頭磋牙司
44エクアドル西十両筆頭臥牙丸
45日本東十両2翔天狼
46ラトビア西十両2琴春日
47韓国東十両3春日王
48ブルキナファソ西十両3千代白鵬
49ベネズエラ東十両4玉飛鳥
50リトアニア西十両4蒼国来
51ボスニア・ヘルツェゴビナ東十両5将司
52フィンランド西十両5武州山
53ペルー東十両6安壮富士
54マリ西十両6土佐ノ海
55チュニジア東十両7豊桜
56北アイルランド西十両7徳真鵬
57ハンガリー東十両8大道
58ポーランド西十両8境澤
59ベルギー東十両9春日錦
60ベナン西十両9旭南海
61イラン東十両10清瀬海
62マケドニア西十両10星風
63カナダ東十両11若天狼
64モンテネグロ西十両11山本山
65ボリビア東十両12松谷
66サウジアラビア西十両12普天王
67キプロス東十両13霧の若
68オーストリア西十両13上林
69バーレーン東十両14佐田の富士
70モロッコ西十両14海鵬
71ザンビア東幕下筆頭益荒海
72エルサルバドル西幕下筆頭寶智山
73ウガンダ東幕下2魁聖
74パナマ西幕下2宝富士
75セネガル東幕下3剣武
76トーゴ西幕下3琉鵬
77ウェールズ東幕下4琴禮
78ニュージーランド西幕下4芳東
79アルバニア東幕下5佐田の海
80イラク西幕下5碧山
81ジャマイカ東幕下6隆の山
82ベラルーシ西幕下6十文字
83南アフリカ東幕下7城ノ龍
84中国西幕下7宇映
85モザンビーク東幕下8青木
86マラウィ西幕下8薩摩響
87ギニア東幕下9白乃波
88アンゴラ西幕下9仲の国
89モルドバ東幕下10荒鷲
90アイスランド西幕下10高安
91オマーン東幕下11栃乃若
92ハイチ西幕下11深尾
93ガンビア東幕下12誉富士
94ウズベキスタン西幕下12雷童
95トリニダードトバゴ東幕下13阿夢露
96カタール西幕下13鳥羽の山
97クウェート東幕下14龍皇
98シリア西幕下14大天霄
99エストニア東幕下15鬼嵐
100アルメニア西幕下15里山
101UAE東幕下16大翔湖
102リビア西幕下16富士東
103コンゴ東幕下17柳川
104ヨルダン西幕下17大翔山
105北朝鮮東幕下18

FIFAランク45位の日本は翔天狼に相当するということです。翔天狼といえば、去年平幕で唯一白鵬に土を付けた力士。ワールドカップでの日本も、こういった番狂わせが期待できるかもしれません。
韓国=春日王というあたりが面白いですね。

GroupA
南アフリカ城ノ龍
メキシコ北太樹
ウルグアイ若の里
フランス琴奨菊
GroupB
アルゼンチン稀勢の里
ナイジェリア時天空
韓国春日王
ギリシャ豊真将
GroupC
イングランド安美錦
アメリカ栃ノ心
アルジェリア隠岐の海
スロベニア垣添
GroupD
ドイツ把瑠都
オーストラリア白馬
セルビア鶴竜
ガーナ徳瀬川
GroupE
オランダ琴光喜
デンマーク高見盛
日本翔天狼
カメルーン岩木山
GroupF
イタリア魁皇
パラグアイ猛虎浪
ニュージーランド芳東
スロバキア木村山
GroupG
ブラジル白鵬
北朝鮮
コートジボワール土佐豊
ポルトガル琴欧洲
GroupH
スペイン日馬富士
スイス旭天鵬
ホンジュラス北勝力
チリ朝赤龍

グループ別に見てみましょう。
グループA、グループBは、いくらでも波乱がありそうな感じ。アルゼンチン=稀勢の里、フランス=琴奨菊ですから、実力通りには決まらなさそうです。
グループC、グループHあたりは実力伯仲です。どこが勝ち上がってもおかしくないでしょう。逆にグループGはもう2強が決まりきってしまっています。
グループDはドイツ=把瑠都が抜けてて、白馬、鶴竜、徳瀬川という今後を期待される3人が追う展開。このグループは面白そうです。
グループFはイタリア=魁皇が1枚上なのは間違いないのですが、絶対にそうかとは言い切れなさそうです。
グループE、日本=翔天狼の相手は琴光喜、高見盛、岩木山です。実力があるのは誰もが認めていながらここ一番で弱いクンロク大関の琴光喜にパフォーマンスの高見盛、それに五月場所休場していた岩木山ですから、あるいは勝てるかもしれないと期待を持たせてくれます。
いやあ、ワールドカップが楽しみになってきましたね!
スポンサーサイト

都道府県対抗女子駅伝を見に行く

2008–01–13 (Sun) 20:44
小雪ちらつく曇天の京都。
風もあって、選手のみなさんにとってあまりいいコンディションとはいえない中での、恒例「都道府県対抗女子駅伝」です。

レースのほうは京都の圧勝。
大会記録を21秒だか縮めての優勝。
走った全員が区間3位以内で、4区から8区まで続けて区間1位って、どんだけ~て感じですね。

今回一番話題になっていたのは、なぜか我らが三重県。
オリンピック金メダリストの野口さんが出ましたからね。
アンカーとして、16位でタスキを受けて9位でフィニッシュ。間隔が広く空いてしまう最終区間で7人抜きですから、やっぱり違います。見てても全然エンジンが違うもん。
三重県はだいたいいつも、ゼッケンナンバー23の前後の順位になることが多いんですが、今年は一度も20位以下に落ちることがなかったですから、これも野口効果なんでしょうか。1区でいきなり転倒したときはどうなるかと思いましたが、すばらしい成績です。拍手。
アンカー野口さんの31分53秒はもちろん区間賞。ですが過去の区間記録と比べると1分1秒も遅いんですねえ。4年前にものすごいごぼう抜きを見せてくれた、そのときは青森代表で出ていた福士さんの記録です。どんだけ~て感じですね。

で、今日の京都は薄暗い曇天。勇んでカメラを持って行ったのに、もう全然まともな写真が撮れないのです。
白バイ隊員がんばれー、とシャッターを押したら前のおじさんの帽子が入っちゃうし、
がんばれ白バイ隊員

湯田さんキタ━━(゚∀゚)━━!! とシャッターを押したら小っちゃくなっちゃうし、
湯田さん

小林さんキタ━━(゚∀゚)━━!! とシャッターを押したら通りすぎた後だし、小林さん

我らが三重県の尾西さんキタ━━(゚∀゚)━━!! でもまたタイミングを逃がすし、
我らが三重の尾西さん

今度こそいいタイミング、と思ったらぼけるし、
2008jekiden5.jpg

もういっちょ、でもやっぱりぼけるし、
2008jekiden6.jpg

今度こそ、で更にぼけがヒドくなるし、
2008jekiden7.jpg

やっとまともに撮れたと思ったら、救護車。
2008jekiden8.jpg

天候のせいじゃなくて、単純にウデが悪いということですね。

こっそり高校駅伝観戦

2007–12–23 (Sun) 17:36
年末の風物詩、高校駅伝。
12月に入ったあたりから、早朝の都大路をランニングする高校生をちらほら見かけるようになり、ここ1週間ぐらいは昼間でもカラフルな各代表校のジャージを着た選手たちの姿を見かけるようになり、ああ年末だなあと実感するのが京都の年の瀬。
今日が本番。今年も少しだけ沿道まで行って応援してきました。

とりあえず今年思ったこと。
埼玉栄のオレンジジャージ埼玉栄の応援団、人大杉!
この人数は陸上部だけじゃなく、全校生徒動員してんじゃなかろうか。実際、体操部と銘が入ったジャージの人も見掛けたし。
あっち行っても埼玉栄、こっち行っても埼玉栄。オレンジ色の嵐。
かわいい娘多いね。

残念だったのはあれだな。
仙台育英の絹川選手が腰痛で欠場だったこと。骨端症(こったんしょう)なんて症状の名前初めて聞いた。
お大事に(´・ω・`)

沿道で見ていたら、近くにいた老夫婦の様子が気になった。
三脚にビデオカメラをセットして、なにやら横断幕まで用意して気合い十分。
会話を盗み聞きしていたら、どうやらお孫さんが選手として走っているらしい。
というわけで、私も一緒に(といっても隣でこっそりと)応援。
目の前をトップの選手が通過。2位、3位、4位と続々と選手が通過していく。
しばらくしてようやくお孫さんがやって来た。
「○○ちゃーん! がんばれー!」
声を張り上げるお爺さん。お婆さんのほうは必死に旗を振っている。
自分も横でこっそり、がんばれーと手を叩く。
お孫さんのほうは、さすがに反応する余裕はないみたいだったけど、いいね、こういうの。

女子は立命館宇治が優勝。あの監督を胴上げできるんだろうかw

女子のほうは沿道で観戦して、男子はテレビで。

さすがNHKの中継だけあって、画面に映るのは大体選手を正面から捉えた映像ばかり。横から映すと沿道の商店の看板が映っちゃうからね。
ランナーが御所の横まで来ると、今度は執拗に横からばかり映す。映るのは石垣ばかりだからね。
御所を過ぎてもまだ横からばかり映る。京大のキャンパスがあるから、やはりお店が映らないんだね。
京大を過ぎて今出川通りの東のほうに来ると、また正面からの映像ばかりになっちゃう。
さすがNHK。
でも今年の男子はアンカー勝負になって、トップと2位が最後まで1秒を争う展開になった。さすがに最後の7区ではその攻防を見せるためか、横からの映像が多かった。

面白かったのは折り返し地点。
岩手の一関学院の応援団が横断幕を掲げて応援している。
見ていると、手動でぱたぱたと文字を入れ替えることができるみたいで、いつの間にか横断幕に書かれている言葉が変わっている。
「がんばれ岩手代表」「あわてずあせらず」「あきらめず」「不撓不屈の学院魂」とか、8種類ぐらい文字のパターンがあったと思う。キャプチャしとくんだったー。
折り返し点だから、全部の選手が通過するまでずーっと映っている。これはいい宣伝になりますね。

男子は仙台育英が優勝。最後のデッドヒートは鳥肌立ったよ。3区の留学生クイラくん、日本語うまいね。

京都では、年明けにも都道府県対抗女子駅伝があります。
またこっそり見に行こうっと。

 | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。