スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコwww

2006–06–30 (Fri) 23:15
先程コンビニに行ったらレジに行列ができていた。金曜の夜だし客が多くても驚くことはないのだけど、ほんの4人くらいの列なのになかなか進んでいかないその行列の周囲が異様な空気に包まれていて、少々圧倒されそうになった。
何のことはない、タバコをまとめ買いする客たちの行列だったのだ。箱単位の商品ならレジの後ろに並んでいるので客さばきも軽やかに進むはずなんだけど、みんなカートン単位で買い、しかもカートンはコンビニの奥の部屋に置いてあるとみえて、店員が取りに行ったりなんやかやでなかなか列が解消されていかないのだ。
そこまで様子を観察してやっと思い出した。明日からタバコは増税されるのだった。増税前の買い溜めか。さすが、世界で最も蔓延している麻薬だ。ほんとスモーカーのみなさん、ご苦労なこって。

そういえば今朝、道を歩いていると、すぐ前を歩いていたおっさんが突然タバコを喫い始めた。当然、煙がすぐ後ろを歩いている自分のところに来るわけだ。この煙がとにかく鬱陶しい。狭い歩道だったので横に避けるわけにもいかず、そのおっさんを追い抜くことにした。
そうして前に出てしまえばもう煙は来ない。安心安心と思っていたら、そのおっさんが急に早足になり、自分を再び追い抜いたところでまた歩調を緩めた。結果、また煙の害が自分に及んでくることになった。何考えてんだ、このおっさん。
信号のある交差点まで来たところで方向が分かれたので、延々と煙を吸わされることはなかったけど、ほんとこういう迷惑な喫い方をするような輩は、ブタバコに入ってくたばってほしい。他人に迷惑をかけないように喫ってください、ほんと。
スポンサーサイト

その後の若いツバメ(*´Д`*)ハァハァ

2006–06–29 (Thu) 19:23
tsubame12.jpg高いところに巣があるからなかなか雛の姿が見えなかったんだけど、姿が見えるようになったと思ったら、あっという間にすくすく成長していきました。
しっかり眼も見えていて、近寄っていくと「何だこいつ」て感じでチラ見されます。
おそらく全部で4羽(よく見たら5羽でした)いて、もう巣の中はぎゅうぎゅう。
巣立ちが近いのかな(´・ω・`)

古墳 ~ 莵道稚郎子墓

2006–06–28 (Wed) 21:20
そうだ古墳、行こう。
なんとなく、ほんとになんとなく、古墳に行ってみようと思い立って、手近なところで宇治の古墳に行ってみました。
莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)という人のお墓。応神天皇の皇子で、兄である仁徳天皇と皇位を譲り合った末に自害して果てたという人物です。しかし宮内庁の比定ほど信用できないものはないので、本当にこの人のお墓かどうかは怪しいです。この古墳は怪しいとはいえ、莵道稚郎子さんのお墓が宇治のどこかにあることは確かなようで、宇治という地名は、この人の名前に由来しているという説が有力らしいです ( ・∀・)つ〃∩ へーへーへー
この古墳、宮内庁が管理しているので、近くまで寄れません。立ち入り禁止の鎖を乗り越えて行くか、民家の庭にお邪魔するかしないと近付けません。
近くに行けないとつまんなーい。できれば墳丘を歩けたりするといいんですけどね。
todou1.jpgtodou2.jpg
南から西から

いろいろなでざいんのちず ~ ALPSLAB design

2006–06–28 (Wed) 21:03
地図の実験場としていろいろやっているALPSLABで、今度はユーザーと共に次世代の地図デザインを考えるプロジェクトALPSLAB designなんてものが始まりました。

簡単に言えば、ユーザーがそれぞれ好きなようなデザインの地図を作れますよ。ついでにダウンロード、印刷もできますよ、というサービスです。
デザインは「標準」「白地図」「お江戸」「午後10時」「きっず」「エコ」「ベネチア風」「えんぴつ」の8種類から選べ、さらに「道路」「鉄道」「県・支庁名」「市郡・区町村名」「町大字名・地番等」「自然地名」「施設形状」「施設名称」「信号・バス」のそれぞれで表示する/しないを選ぶことができます。細かく分類すれば8×29=4096通りのデザインで地図を表示させることができるわけです。水際のライン、自治体や町の境界線は常に表示されています。

http://design.alpslab.jp/

しかしこのプロジェクトでALPSLABさんが何をやろうとしているのかがイマイチよくわかりません。「いろんな地図がありますよ~。ダウンロードして印刷してみてね~」てなふうに考えれば簡単でわかりやすいんですが、恐らくそんな単純なことではないでしょう。「いろんな地図を提示するから、おまいら、面白い利用法を考えてみてくれ」といったところなんでしょうか。どうなんでしょう。
それぞれのデザインに対して人気投票のようなことをやっていますが、それが具体的にどうフィードバックされてくるのかもよくわかりません。このへんは、追々何かしらの動きがあるとは思いますが。
今はデザインの種類が8種類ですが、ユーザーがそのあたりも自由に作れて増やしていけるようになったらいいですね。

で、自分としては、こんな感じ(きっず×施設名のみ表示)でクイズにしてしまうわけです。
これはどこでしょう?
mapdesign1.png
「うつぼこうえん」があるので、ああ大阪だなと、わかる人にはわかりますね。
ところでこの"きっずデザイン"ですが、各種名称がみんなカナで書かれているはずなのに、「はな乃いちゅう」って漢字が混ざってますよ。

もうちょっと難しく、今度は道路のみを表示させてみます。
これはどこでしょう?
mapdesign2.png
道路のみなんてわかりにくい条件でも、特徴のある道路なら(マニアの人には)簡単ですね。そう神戸の垂水JCTです。形がちょっとエロいということでも有名です。

最後に超難問。全ての表示を切って、町境のみです。
これはどこでしょう?
mapdesign4.png
札幌だと思った人は鋭いけど残念。正解は旭川でした。

※今は勝手に(無許可で)画像を利用させてもらってますが、自分で選んだデザインの地図に対してリンクが張れたらいいのに、と思います。

平成18年名古屋場所番付発表(と予想の答え合わせ)

2006–06–26 (Mon) 20:42
名古屋場所の番付が発表されました。
http://sumo.goo.ne.jp/hon_basho/banzuke/index.html

この前書いた予想(http://gito2.blog39.fc2.com/blog-entry-186.html)と比べて答え合わせをしてみます。
中央の四股名が正解。両端の四股名が、この前自分がした予想。数字は正解に比べてどれだけズレて予想してしまったかの値。

なんというかもう、外しまくり。今回は難しかったっす。
しかしまあナンですねえ。東7枚目で9勝6敗だった普天王が東5枚目(3つ勝ち越しているのに2枚しか上がらない)とか、西小結で4勝11敗だった安馬が東4枚目(7つ負け越しているのに3枚半しか落ちていない)とかがあるかと思えば、逆に西16枚目で8勝7敗だった十文字が東13枚目(1つ勝ち越しなのに3枚半上がっている)なんていうのもあったり、編成の思想が一貫していないというのは、ちょっとどうかなと思います。まあ今回は編成が難しかったというのは事実ですが、ちょっと負け惜しみですかね。
ズレ枚数の分散は0.69、標準偏差は0.83でした。

あと先場所、幕下15枚目格付け出しで全勝優勝した下田ですが、なんと西の幕下筆頭です。西ですよ、西。東の筆頭が影山なんですが、ということは十両昇進候補に上がっていた4人のうち、下田は4番手評価だったということですよ。下田。・゚・(ノД`)・゚・。
で、下田がこんな扱いだったということは、今後15枚目格付け出しでデビューする力士にも影響してくるでしょう。全勝しても上がれないんじゃ…と士気が落ちるのは必至。て考えすぎですかね。

名古屋場所初日は7月9日です。

予想ズレ   東      西   ズレ予想
朝青龍0朝青龍横綱
白鵬0白鵬大関千代大海0千代大海
魁皇0魁皇大関琴欧州0琴欧州
大関栃東0栃東
雅山0雅山関脇琴光喜0琴光喜
朝赤龍0朝赤龍小結稀勢の里0稀勢の里
琴奨菊0琴奨菊前頭旭鷲山0旭鷲山
白露山0白露山前2旭天鵬2.5普天王
把瑠都1.5露鵬前3垣添-0.5露鵬
垣添-0.5安馬前4把瑠都-2旭天鵬
若の里1普天王前5黒海0黒海
出島0.5若の里前6出島-2.5安馬
北勝力0北勝力前7安美錦0安美錦
時天空0時天空前8高見盛1.5玉乃島
高見盛-0.5嘉風前9土佐ノ海0土佐ノ海
岩木山0.5玉乃島前10岩木山1春日王
嘉風-2豊ノ島前11春日王0.5栃乃洋
豊ノ島-1栃乃洋前12玉春日0玉春日
豪風0.5十文字前13豪風0.5豊真将
豊桜0.5豊真将前14豊桜0.5栃乃花
十文字-2栃乃花前15武雄山1大真鶴
武雄山-0.5北桜前16大真鶴-0.5北桜
琉鵬0琉鵬十両片山0片山
栃栄0栃栄十2春日錦0春日錦
鶴竜1潮丸十3安壮富士0安壮富士
潮丸-1鶴竜十4里山0里山
霜鳥0霜鳥十5猛虎浪0.5寶智山
光法0.5寶智山十6光法-1猛虎浪
若兎馬0若兎馬十7皇牙0皇牙
海鵬0.5皇司十8海鵬-0.5皇司
旭南海0.5時津海十9旭南海0.5大雷童
時津海-1大雷童十10出羽鳳0出羽鳳
北勝岩0北勝岩十11玉力道2駿傑
上林0上林十12将司-1玉力道
将司-0.5春ノ山十13駿傑-0.5春ノ山
隆乃若0隆乃若十14龍皇1下田

2006–06–24 (Sat) 15:31
bikkuri1.jpg
bikkuri.jpg
宇治市内で「その他の危険」の道路標識を見つけました。
補助標識には「頭上注意」とあり、おそらく後ろにある松の木に対して注意を促しているものと思われます。
この標識をじかに見るのって、初めてなんじゃないかな。たぶん。
この「その他の危険」という道路標識は、「並進可」や「軌道敷内通行可」ほどではないにせよ、全国的に見てかなり数の少ない道路標識です。道路交通標識写真図鑑さんのサイトとか、道路標識と信号機の森さんのサイトとかで、「その他の危険」標識の収集をしていますが、そういう企画が成り立つぐらいにはレアな標識だといえるでしょう。何年か前「ザ!鉄腕!DASH!!」の番組の中で、日没までにこの標識をいくつ見つけることができるか、なんていう企画をやってたこともありました。昔はかなり見かけた標識のようですが、道路が改良されるにつれ段々数を減らしてきているそうです。
ですがなぜか石川県に多いという話も聞きます(鉄腕DASHでも石川県でロケをしていました)。そのあたりは役場の標識設置担当者の考え方次第なのでしょう。他の標識で十分事足りすはずなところを、「その他の危険」+「補助標識の文字」による表示で注意を喚起するというような場所があるらしいですから。

北海の白熊逝く

2006–06–23 (Fri) 22:49
二十山親方。・゚・(ノД`)・゚・。

二十山親方(大相撲の元大関北天佑、本名・千葉勝彦=ちば・かつひこ、北海道室蘭市出身)23日、腎臓がんで死去。45歳。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060623i415.htm


昔、まだ婆ちゃんが健在だった頃、婆ちゃんはよく相撲を見ていた。自分が婆ちゃんと一緒によく相撲を見るようになった時期が、ちょうど北天佑が大関になろうかという頃だった。大関といえば、琴風、朝潮、若嶋津、北天佑という時代だった。今でも「大関」と言われると真っ先にその4人が思い浮かぶ。ちなみに婆ちゃんは若嶋津のファンだった。
南海の黒豹と言われた若嶋津に対して、北海の白熊の異名を取った北天佑。その北天佑が亡くなったそうだ。まだ若いのに。
北天佑が入院するのと同時期にやはり病に倒れた貴ノ浪は、すぐに復活して元気になっている。北天佑もすぐに復帰してくると思っていたのに。
御冥福をお祈りします。合掌。

キラーホーネット

2006–06–22 (Thu) 20:21
寝ているときに見た夢の記録。
まだ幼いぼくは、その日一人でお風呂に入っていました。

気持ちいいな、いい湯だな、は~ビバノンノ。そんなことを考えながら湯船に浸かっていると、目の前に一匹のスズメバチが現れました。細く開けた窓の隙間から入り込んできたのです。
刺されたらヤバい。そういうことは分かっていましたが、そのときのぼくにはまだ恐怖という感情はありませんでした。ただスズメバチを刺激しないように、息を潜めて湯船にじっと座っていればいい。そういうふうに、ぼくは考えました。
もう一つ、スズメバチと目を合わせてはいけないとぼくは考えました。そしてしばらく、ぼくは胸の前に広がる水面に視線を落として、スズメバチが去っていくのを待っていました。

何分か経って、そろそろ飛んで行ってくれたかなと顔を上げると、まだスズメバチは天井の近くを飛んでいました。天井の中央付近のある一点を中心に、ぐるぐると円を描くように飛んでいました。ぼくは再び水面に視線を落として、スズメバチが去るのを待たなければなりませんでした。
また何分か経って、今度はどうだろうと天井を見上げると、スズメバチが二匹に増えていました。そして二匹が輪になって飛ぶ真ん中あたりの天井に、小さなシミができていました。おかしなこともあるもんだと思い、ぼくはまた水面に視線を落とすのでした。

またまた何分か経って天井を見上げると、さっきはただのシミだったものが、小さなお皿を天井に貼り付けたかのように立体感を持って見えるようになりました。そしてその回りを、二匹のスズメバチがやはり円を描いて飛んでいるのでした。ぼくはまた水面に視線を落としました。
今度は一分もしないうちに視線を天井に向けました。天井のシミは野球ボールぐらいの大きさになり、明らかに天井からぶら下がっているように見えました。そしてそのボール状の物体の表面を、スズメバチが這って動いているのが見えました。

巣だ。これは蜂の巣だ。ぼくはそのように悟り、初めて怖くなりました。
どうしよう、早く風呂から出たほうがいいのかな。そう思い、蜂の巣のほうを見つめたまま、ぼくは音を立てないようにゆっくりと立ち上がりました。浴槽から足を出すために、ぼくはほんの数秒、蜂の巣から視線を外しました。そして再び蜂の巣に目をやったとき、ぼくは驚いて声を上げてしまいました。ほんの数秒の間に、蜂の巣はバレーボールぐらいの大きさになっていたのです。そしてその表面を這いまわる数十匹のスズメバチ。ぼくの上げた声に蜂たちは一斉に反応しました。巣の表面から浮かび上がり、ぼくのほうを見てホバリングを始めました。
ぼくはあわててドアを開け体を浴室の外に滑り出させると、バタンを勢いをつけてドアを閉めました。その直後、中でドスンという大きな音がしました。ドアを閉めた振動で蜂の巣が落下したのです。ドアについているくもりガラスが、あっという間に黒い影で覆われていきました。何十匹、何百匹というスズメバチの羽音が、さながら地獄から来た竜巻のように唸りを上げて聞こえてきました。
お父さん、お父さん。ぼくは助けを呼びましたが返事する声は聞こえませんでした。目の前にあるくもりガラスは、チューニングの合っていないテレビ画面のように、ざわざわと動く黒いノイズを映し出していました。

ふと、こうやってドアを閉めていればスズメバチは外に出て来られないんだと気付き、ぼくの心から次第に恐怖の感情は薄れていきました。次にぼくの心に芽生えてきたのは好奇心でした。スズメバチが通れないぐらいの細い幅だけドアを開けて、中の様子を見てやろう。ぼくはそんなことを考え始めていました。
思ったら早速実行に移しました。そうっと1cmにも満たない細い細い隙間を作りました。その隙間からでも、何十何百という黄色と黒の物体が上下にわさわさと動いているのが見えました。下のほうから舐めるように見上げていくと、ドアの上のほうで一匹のスズメバチが外に出ようともがいているのが見えました。既に体の半分を外に出し、あとは下半身を捻り出そうと必死に体を動かしていました。
やばい、この蜂が外に出てきたら、ぼくもお父さんも殺されてしまう。ぼくはすぐにドアを閉めました。ドアに挟まれ体を真っ二つに切断されたスズメバチの上半身が、目の前にぽとりと落ちてきました。
夢はここで終わりでした。
この物語(といっていいのか)のオチが非常に気になる。妄想を加えて書いてしまってもいいんだけど、そういう創作ネタを書くところではないので、とりあえずここまで。

電車が遅れた

2006–06–19 (Mon) 22:40
JRの山陰線に乗り、京都駅で奈良線に乗り換える。京都駅を朝の8:08に出発する奈良行き区間快速がいつも利用する列車だ。
京都駅の奈良線ホームに辿り着く時刻は、いつもだと大体8:02前後。今日はたまたま山陰線で1本早い列車に乗れたので、7:52ぐらいに奈良線のある10番ホームへとやってこれた。
乗り換えのための連絡通路を歩いているときから、何か様子が変なのは気付いていたんだけど、10番ホームまで来たとき、構内アナウンスを聞いてようやく事態が理解できた。
「奈良線は、桃山と六地蔵の間で人身事故が発生したため、運転を一時見合わせております」
まいった。これは困った。すぐ動くようになるんだろうかとアナウンスに耳を傾けていると、
「8:30過ぎには運転を再開する予定です」
と言われ、なんとか遅刻の量を最小限に抑えることができそうだと(それでも遅刻することには変わりないけど)、そのまま待つことにした。
しばらく動くことのない車内に入り、ガランとした座席に座って本を読みながら待つ。待つ。待つ。
本もだいぶ読み進んでしまって、まだかなあと時計を見ると8:40。半過ぎてるやん。ちょうどその頃から動かない車内にも人が増えてきて、いつもの倍ぐらいの乗車率になった。この人の増え様は、ひょっとして運転再開のお知らせでもあったのかなと思い安堵したものの、列車は一向に出発する気配がない。
結局、9:02になってようやく運転が再開した。完全に遅刻やん。しかも、区間快速の列車だったはずが各停に変更され、その上、駅に停まるたびに対向列車を待ち合わせますとかいってたっぷりと停車時間をとるため、いつも20分で行く宇治までの道のりが35分ぐらいかかってしまった。
まったく迷惑な人身事故だ。

 19日午前7時40分ごろ、京都市伏見区桃山町大津町のJR奈良線で、京都行き普通電車の運転士が、線路上にうずくまっていた女性を発見、急ブレーキをかけたが間に合わず、女性は電車にはねられて間もなく死亡した。この事故で、この電車が約1時間、現場で停車したほか、上下線18本が運休、10本が最大約1時間20分遅れ、乗客の通勤、通学客ら約1万3000人に影響が出た。伏見署が女性の身元確認を急いでいる。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006061900089&genre=C2&area=K10


亡くなった人には悪いけど、こんな傍迷惑な死に方は最低だと思う。未だに身元が判明していないのかどうか詳しいことはわからないけど、事故だとしたらあまりにも不注意が過ぎるし、自殺だとしたら未来永劫浮かばれなくなっても仕方ないだろう。
にしてもだ。気になるのは「桃山町大津町」という事故現場の住所だ。
地図を見る限り、そこは踏切などない、ただの傾斜地(崖下?)なのだ。
なぜそんなところに人がうずくまっていたのか。自殺か、酔って寝てたか、ぐらいしか思い付かないんだけど実際はどうなんだろうか。

結局今日は50分ほどの遅刻をしてしまったわけだが、京都駅で運転再開を待たずに、さっと駅を出て京阪七条駅を目指して行ったらどうなっていたのだろうか(京阪東福寺を目指すという手もあるが、そっちのほうはあまり道を知らないので却下)。
JR京都から京阪七条までは歩いて約20分。早足で歩いて15分といったところだろうか。
7:52に奈良線が動いてないことに気付いてすぐ京阪に向かったとすると、うまくいけば七条駅を8:14に出る特急に乗れる。中書島で乗り換えて京阪宇治に着くのが8:43。JRと京阪の宇治駅が全然違う場所にあることを考慮に入れても、10分弱の遅刻で済むではないか。
8:14に乗れなかっても、8:27の特急に乗れば、京阪宇治には8:52に着くので、やはりJRの運転再開を待っていたよりも圧倒的に早く着くことになる。
うーん、これは今後の教訓ですな。
追記:2006-06-28
今頃になってこの続報に気付いたのですが、

京都・伏見区のJR事故:死亡女性の身元判明 /京都

 伏見区桃山町大津町のJR奈良線で19日朝、電車と接触し死亡した女性は、同区東奉行町の無職の女性(79)と判明した。伏見署の調べでは、女性は認知症を患っており、一緒に暮らしていた長男(55)に「死にたい」などと漏らしていたという。【石川勝義】

6月20日朝刊(毎日新聞) - 6月20日17時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060620-00000288-mailo-l26


ふーむ。認知症患者によるぼんやりとした自殺ですか。
いつもここを通ってるんですが、花束一つ供えられていないのはどういうことでしょう。電車の中からは見えないところに、ひっそりと供えてあるのでしょうか。
ともかく、家族の人にもっとしっかり看ていてほしかった。死にたいと言ってたとしても、そんなに簡単に死なせちゃいかんですよ。本人も家族も、そりゃ大変だとは思うけどさ。

たまにはサッカーも見る

2006–06–19 (Mon) 00:38
普段ほとんどサッカーは見ないんだけど、W杯なので見る。そんな超ニワカのわたくし。今日は半分愚痴モード。

林さんスレへの「きゅうはん」の書き込みで、6回目の挑戦にして初めて9時半ジャストが取れたので、今日こそは日本勝ってくれるものと思っていたのだ。勝手ながら。

803 [2006/06/18(日) 21:30:00 ID:nE/voMli] 雪と氷の名無しさん <sage>

   ノノハヽ    きゅうはーん
  从*゚ー゚从
  と 9.5ノ        ガンバレニッポン
  人_,二フ  -=三○
  し'


結果は0対0。ブラジルとオーストラリアが勝ち抜けそうな感じになってきましたね。

それにしても、日本とクロアチア(というか、諸外国)とでは全然スピード感が違うね。チャンスになったときに間を置かずにすぐシュートが打てる相手国と、なぜか一呼吸置いてしまう日本。
中でも柳沢とかいうFWの選手は何? それこそ絶好のチャンスっぽい場面でパスを出したり、たまにシュートを打ったと思ったら大きく外すし、なんでこんな選手が代表チームの先発メンバーに選ばれているんだろう。ジーコのお気に入りなの? 後半の早いうちに交代で出ていったけれども。
残り5分ぐらいで大黒が入ってきたけど、ジーコの選手起用っていつも後手後手だよね。全くの素人以下の自分がそう思うんだから、サッカーファンの人から見たらもう気が気でないだろうなあ。

そんな状態でも引き分けたのは運が良かったんだろう、きっと。川口の神懸り的なPKセーブは凄かった。後半の最初のほうで、マラドーナの神の手を真似しそうになった俊輔はおもろかった。
クロアチア戦が引き分けに終わって、首の皮一枚どころか、毛細血管一本ぐらいしか望みは繋がってないわけだけど、その引き分けを喜んでいたサポーターが何人かテレビに映っていた。それだけ楽観的に生きられたら人生楽しいだろうなあ。

あと角沢だ、角沢。なんでこんなアナウンサーをW杯という大舞台の実況に使うんだろう。圧倒的に語彙が少ないし、選手の名前はしょっちゅう間違える。実況するにあたっての取材とか勉強とか全くしてそうにないよね。もう、
 実況:松木
 相槌:角沢
でいいんじゃないか? テレ朝ってまともなスポーツ実況できるアナウンサーいないのかな。そう思ってたらYouTubeにこんなのがあるんだね。おもろい。

日本、いよいよ次はブラジル戦。やっと本物の世界レベルのサッカーが見れる。日本にとっては、ブラジルには早々に決勝トーナメント進出を決めてもらって、攻撃の手を緩めてもらうしかなかったりするのかも。

 | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。