スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵のうちと未明

2007–03–30 (Fri) 23:23
天気予報の用語から「宵のうち」という言葉が消えるらしい。

気象庁が天気予報などに用いる予報用語から、「宵のうち」が消えることになった。午後6時から同9時を指す言葉として使われてきたが、一部ではもっと遅い時間帯を表すものとして誤って理解されているため。今年秋ごろから「夜のはじめごろ」に切り替える。
http://www.asahi.com/life/update/0329/014.html

わかりやすくするためということだけど、「宵」ってそんなに難しい言葉だろうか。
宵の明星、明けの明星という言葉を知っていれば、日が暮れて間もない頃だなとわかりそうなもんだけど。
気象庁のサイトも見てみた。

午前3時頃まで午前0時から午前3時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「未明」に変更します。
朝のうち午前6時頃から午前9時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「朝」に変更します。
宵のうち18時頃から21時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「夜のはじめ頃」に変更します。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/toki.html

"時に関する用語"のうち、この3つの言葉を変更するようだ。
「宵のうち」は無くしておいて、「未明」という言葉を新たに使い始めるらしい。
宵よりも未明のほうが、わかりにくいんじゃないかという気がする。
ニュースなどで聞かれる「今日未明」の場合、午前1時とか2時とかそのあたりの時間を指すことが多いようだけど、自分の場合「未明」というと、午前3時とか4時とかそのあたりの時間を指しているような感覚がある。自分の語感覚がおかしいのか。おかしいんだろうなあ、きっと。

広辞苑には、

 みめい【未明】夜がまだすっかり明けきらない時。

とあって、深夜帯なのか、夜明けが近い時間帯なのか判然としない。
天気予報の用語で午前3時~6時頃を指す言葉が「明け方」なので、それと対比すれば、ああ未明のほうが深夜に近い時間だなとわかるんだけど、やっぱり紛らわしいと思う。
わかりやすい用語に改善するのなら、ちゃんとわかりやすい用語にしてほしいですよ。
いっそのこと「丑の刻」とかにしてみてはどうか。それもわかりにくいか。
スポンサーサイト

平成19年夏場所の番付を予想してみましたよ

2007–03–29 (Thu) 02:57
春場所の千秋楽は実家で見ました。
結びの一番、優勝決定戦と、手に汗握る熱戦でしたね!
と、白々しく書くのも馬鹿らしいですが、あの変化の応酬はどうかと。
大相撲というのはスポーツである以前に興行なのですから、お客さんをがっかりさせるような相撲は取ってほしくないです。
あとかわいそうなのは、春場所限りで停年退職する行司の33代木村庄之助。最後の二番、続けて変化相撲を裁くことになってしまいました。ニンともカンとも。

では、夏場所の予想番付です。
十両昇進が発表されたあとなので、後出しじゃんけんのような恰好になってしまいましたが、時間がなかったので勘弁。

今回は(今回も)小結の予想が難しいです。
(東小結、西小結、東前頭筆頭)の組み合わせとしては、(豊真将、琴奨菊、豊ノ島)(豊ノ島、琴奨菊、豊真将)(豊真将、豊ノ島、琴奨菊)の3パターンが考えられます。悩ましいですが、近年関脇の7-8で平幕に落ちた例が少ないことと、勝ち越し点数の単純計算からは豊真将が安馬よりも上になってしまうことから、下のような予想にしました。悩ましいです。

幕内と十両の入れ換えも悩ましいです。
把瑠都、白露山、十文字が落ちる他に、春日錦、嘉風、土佐ノ海と、落ちるか落ちないか微妙な力士が3人もいます。一方上がるほうは4人でほぼ確定。
3人のうち誰を落とすか。半枚有利な春日錦と、直接対決で勝っている土佐ノ海を残すことにしました。
土佐ノ海を落として、北勝力を上げてしまうという手もあるにはあるんですけどね。

夏場所の正式な番付発表は4月25日(水)。
初日は5月13日(日)です。

予想番付
   東      西   
朝青龍横綱
白鵬大関琴欧洲
魁皇大関栃東
大関千代大海
琴光喜関脇安馬
豊真将小結琴奨菊×
豊ノ島前頭時天空×
黒海前2玉乃島
稀勢の里前3垣添
安美錦前4栃煌山
豪風前5春日王
鶴竜前6高見盛
旭天鵬前7若の里
露鵬前8出島
朝赤龍前9時津海
雅山前10栃乃洋
霜鳥前11玉春日
普天王前12皇司
里山前13栃乃花
潮丸前14岩木山
春日錦前15龍皇
寶智山前16土佐ノ海
×嘉風十両北勝力
×白露山十2豪栄道
北桜十3栃栄
海鵬十4将司
琉鵬十5駿傑
豊桜十6十文字×
豊響十7片山
白馬十8隆乃若
安壮富士十9光龍
大真鶴十10玉力道
×把瑠都十11光法
白乃波十12武州山
若ノ鵬十13旭南海
猛虎浪十14千代白鵬

平成19年春場所13日目、あの野郎

2007–03–23 (Fri) 20:57
今日も5時すぎからTV観戦。
最初に見た取組でロボ大興奮。こっちも興奮し・て・き・た!

●高見盛-時天空○
時天空のこれでもかという張り手。片手でロボを押さえつけての張り手。ロボは顔を張られまくるキャラなんだよなあ。それでも粘っていたロボだけど、ばたばたとなった足を掬われて、時天空の切り返しが決まる。
花道を引き上げていくとき、ロボから漏れた一言。
「あーあの野郎」
この一言を聞けただけで今日は満足。

●琴光喜-豊真将○
一気に寄られて琴光喜5敗目。一時は優勝争いに絡んでくるかとも思われていたのに、このまま8勝7敗に向けてまっしぐらとなるのかな。

●千代大海-白鵬○
千代大海も千代大海だが、白鵬も白鵬だ。どっちも立ち合いを合わせようという気がないのか。
やっと立ったと思ったら、千代大海のお株を奪う引き落とし。日に日に緊張の度合いが増してきているということなんだろうか。
ところで白鵬は、いつの間にやら結婚していたようだ。

 大相撲の西大関白鵬(22)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が、徳島市出身の和田紗代子さん(22)=東京都在住、大学生=と二月下旬に結婚したことが二十二日、明らかになった。現在、大阪府立体育館で開催中の春場所千秋楽翌日の二十六日に正式発表する予定。
(以下略)
http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2&m2=&NB=CORENEWS&GI=Kennai
&G=&ns=news_117461469702&v=&vm=1

22歳で結婚かあ。ドルジも早かったけど、モンゴルでは適齢期なんだろうか。
お相手の方は、徳島の和田さんかあ。徳島の和田さん……

●稀勢の里-魁皇○
魁皇といえば、いつもまわしをギチギチに締めている印象があるんだけど、今日はユルフン。前まわしを一枚だけ掴まれたのでは仕方ないか。
深く取れなかった稀勢の里、残念でした。


 1敗:白鵬
 2敗:朝青龍

栃煌山は露鵬の当たりに屈してしまったらしい。残念。
明日はいよいよ、朝青龍と白鵬の一戦。
どうせなら割りを崩して千秋楽に持ってきたほうが面白いのに。

十両では、豪栄道が北勝力に敗れて3敗目。
 2敗:里山
 3敗:豪栄道

幕下以下各段では、
 幕下:保志光
 序ノ口:阿覧
の優勝が決まり、
 三段目:光風、箕應山
 序二段:栃飛龍、克の富士
は決定戦となった。
阿覧キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

さて気になるのは栃東。休場理由は高血圧だったけど、脳梗塞の疑いもあるらしい。

大関・栃東(30)=玉ノ井=が春場所12日目の22日、軽い脳梗塞(こうそく)の疑いで大阪市内の病院に緊急入院し休場した。協会に提出した診断書は「高血圧による5日間の安静、治療が必要」だが、23日に精密検査を受ける。診断の結果次第では引退を余儀なくされる可能性もある。
(以下略)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20070323-OHT1T00090.htm

こないだまで元気に相撲を取っていて、急に悪化→入院という流れはどうもおかしい。勝ち越すまではと我慢して相撲を取って、悪化を早めたのかもしれない。
力士生命に関わってくるかもしれない入院ということだけど、脳梗塞は怖いよ。それでは済まない危険性もある。これはかなり心配だなあ。

平成19年春場所12日目、高血圧で休場

2007–03–22 (Thu) 23:41
まさか雨に降られるとは思わず、びしょぬれ覚悟で帰宅しようとしたらすぐにやんで、二度驚いた今日の午後。
ラスト1時間ぐらいをテレビ観戦。

●豊真将-栃煌山○
ちょうど注目の取組から。
低い立ち合いから相手をずんずん押し上げ、上体を浮かして最後は突き落とし。と書くと豊真将の相撲のようだけど、勝ったのは栃煌山。どっちが豊真将かわからないような相撲でした。
そういやこの2人、体型が似てるんだよね。

5時のニュースの担当は塚原愛アナ。
愛ちゃん、目付きが怖いよ(*´Д`*)ハァハァ

○旭天鵬-出島●
立ち合い変化(というほど変化はしてないけど)で、旭天鵬がはたき込みでやっと2勝目。
相手が出島だから決まった、というような美しいはたき込みでした。
出島も正直すぎるんだよねえ。

●春日王-朝赤龍○
春日王のお株を奪う、朝赤龍による小手投げ。投げを打ちながらも相手がこらえるので、土俵中央でくるくると1回転。くるくるダシニャムの完成。

□千代大海-栃東■
栃東、高血圧のため本日より休場。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ざわつく大阪府立体育会館。
高血圧って、そんな理由で休場するのも珍しいなあ。勝昭の「不眠症で休場」並みに珍しいんじゃないだろうか?
そう思って、「高血圧」で大相撲 記録の玉手箱サイト内検索をしてみたら10件(そのうち休場理由にあたるものが5件)ヒットした。「不眠症」で検索すると1件だった。不眠症ほど珍しくはないということか。
ちなみに高血圧の5件は、若羽黒、佐田の山、大鵬、北の富士、琴龍の5人。勝昭、ここでも名前が登場www

●琴光喜-白鵬○
過去の両者の対戦を振り返るVTRが流れたときの藤井アナ。
「ここのところ琴光喜がなんと2連勝しています」
なんと、というのはちょっと失礼なんじゃないか?
今日の相撲は、なぜか左四つに両者が組み合い、冷静に期をうかがっていた白鵬が、琴光喜が巻き替える瞬間に乗じて寄り切った。
冷静さを失っていないときの白鵬は磐石です。

1敗:白鵬
2敗:朝青龍、栃煌山

明日は、
 栃煌山-露鵬
 千代大海-白鵬
 朝青龍-琴欧洲
が組まれている。
「明日は、波乱はないでしょう」と勝昭は言い切った。
その通りだと思う。

今夜が山田祭

2007–03–21 (Wed) 23:06
何かと大袈裟な演出で見る人を恐れさせるテレビ局、TBS。
その体質がプラスに働いていると思われる数少ない番組、SASUKE。

前回大会で完全制覇者が出たためリニューアルとなった今回。
難しすぎwww
それでも漁師の長野さんとトランポリンの長崎くんとトラック運ちゃんの高橋さんは3rdステージまで進んで、ただただ凄いとしか言いようがない。

ミスターSASUKEの山田さんは、健闘したものの1stステージのラスト近くでタイムアップ。
しかし、山田さん、大人気だwww
20070321yamada.png

平成19年春場所11日目、ついでに将棋も

2007–03–21 (Wed) 18:56
今日は十両の取組から見れるぞと意気込んでいたものの、将棋の渡辺明竜王とコンピューターソフトのボナンザの対局が面白そうで、そっちに見入ってしまいました。

将棋なんて全然わかんないんだけど、ストリーミング見ながら実況スレを追ってたら結構楽しい。中盤ボナンザが押してる場面があった(らしい)ものの、結局は竜王の貫禄勝ち。トッププロがコンピューターに負けるまでには、まだ何年もかかるでしょう。
対局後の会見で、米長会長が「大和證券(今回の対局のスポンサー)で扱う株のうち、IT関連が80%を超えるぐらいになったら、コンピューターが勝つでしょう」と、よくわからないコメントをして失笑を買っていたのが印象的でした。
それと印象的だったのは、ボナンザの開発者の保木さん。くしゃっと顔を歪めての笑顔がむちゃくちゃかわいい。ボナンザという名前の由来を訊かれて「かっこよさそうだったから。かっこよさそうな言葉なら何でもよかった」なんて答えるあたりもかわいい。これからは、かわいい力士といえば潮丸よりも保木さんです。あ、力士じゃないか。
ちなみに、ボナンザという言葉はスペイン語で大発見という意味らしいですが、私の手持ちの辞書には「穏やかな天候、繁昌」としか書いてないです。よくわかりません。それにスペイン語だと発音はボナンサと濁らないはずです。よくわかりません。

そんなわけで、相撲中継は垂れ流していただけでちゃんと見てないのです><

中入りの時間。
特集は、歴史をつくった小兵力士たち。
最初に登場したのは、ヒゲの伊之助こと19代式守伊之助。
いいなあ、この人見ると癒やされる+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
鷲羽山と舞の海と、あと誰が出てきたのか忘れちゃったよ。

●黒海-栃煌山○
2敗どうし、注目の一番。
時間一杯の仕切りで黒海は、じりじりと足の位置を修正します。ちょっと力んでいるような…と思ったら案の定、当たってすぐ足が滑ったようになって自滅。
うーん、もうちょっと熱戦を期待していたんだけど、仕方ない。栃煌山が2敗を守りました。

○安馬-時天空●
水入りとか足取りの応酬とか見たかったんだけど、さすがにそれは期待が大きすぎた。
でも安馬の寄りは迫力があって良かったっす。

○琴欧洲-稀勢の里●
一気の寄りでカロヤン圧勝。カロヤンには滅法強いはずのキセノンが何もできなかった。どっちが大関だかわかんないような相撲。いや、琴欧洲が大関だからこれでいいのか。
キセノンは負けが先行。やばいよ。

●豊真将-白鵬○
土俵際ちょっとひやっとしたけど、白鵬の相撲でした。上手取るのが遅れたけど、最近はそれで勝ち続けているみたいだからねえ。
白鵬は1敗を守り、豊真将は3敗に後退。

○朝青龍-栃東●
ちょっと前まで互角の対戦成績だったのに、ここ1年ぐらい、あずまんはドルジに全く敵わなくなってしまいました。今日もねえ、組んだのはいいけどドルジの組み勝ちだもんねえ。もう頭半分ぐらい上体を低く組めれば勝機はあったと思うんだけど、そう組ませてもらえないんだもんねえ。
2敗を守ったのは横綱のほうでした。

1敗:白鵬
2敗:朝青龍、栃煌山

十両では豪栄道が1敗を守り、単独トップ。

今場所も幕下から十両への昇進争いが面白い。
今のところ北勝岩と皇牙の陥落が確定。あと可能性のあるのが7、8人いるけど、そのうち落ちるのは2人ぐらいのもんだろう。
上がるほうは、東筆頭の猛虎浪(4勝2敗)だけは確定。西筆頭の千代白鵬(4勝2敗)もだいたい確定。残り2つ前後の椅子を東2枚目の若ノ鵬(4勝2敗)、西2枚目の境澤(5勝1敗)、東4枚目の市原(5勝1敗)で争う。枠が増えれば東3枚目の武雄山(3勝3敗)にも可能性あり。
毎場所のことだけど、十両昇進争いの壁は熱くて厚い。

ファビコン

2007–03–20 (Tue) 21:24
先日、このブログ用にfaviconを作ってみました。

favicon【ファビコン】
favorite icon=お気に入りアイコンのこと。
ブックマーク、アドレスバー、タブブラウザのタブなどに表示される、そのサイトを象徴するアイコン。


きっかけは、相撲関係でいつもお世話になっているびすたりさんのfaviconを見たことでした。
ピンク地に白抜きで「び」の一文字。
so cute! so cool! kawaii!

それを真似して、オレンジ地に茶色で「ど」の一文字。ほぼ丸ぱくり。
しかもたったこれだけのアイコン作るのに、2時間ぐらいかけてるし。
作ったアイコンをupすれば、あとはHTMLを編集して、
<head>~</head>
の中に、
<link rel="shortcut icon" href="http://blog-imgs-26.fc2.com/g/i/t/gito2/favicon.ico">
を入れるだけ。

operaでのfavicon表示はこんな感じ↓
dobi.png
「び」「ど」と並んでるのがちょっとシュールですね。
でも、いい感じのができましたわ。と自己満足。

平成19年春場所10日目、歴代3位の記録達成

2007–03–20 (Tue) 20:57
今日も幕内後半戦をTV観戦。

●稀勢の里-豊ノ島○
立ち合い張り差しにいって墓穴を掘ったキセノン。空いた懐にあっさり入られて、逆に両差しを許してしまう。こうなったら豊ノ島の相撲。あとはまっすぐ出ていって、豊ノ島が寄り倒しの勝ち。
豊ノ島の話。稀勢の里や普天王が先に上位に進出して、自分も奮起した、と。稀勢の里はともかく、普天王ねえ。完全に逆転してしまいましたなあ。

●琴欧洲-豊真将○
一方的でしたね。どっちが大関かわからない。正直、今まで豊真将のことをみくびってましたよ。ごめんなさい。
豊真将にはぜひとも横綱になったもらいたい。横綱が無理だったら、関脇止まりで名関脇と呼ばれるようになってほしい。そんなことを、ふと思いました。

●春日王-栃東○
立ち合いの直前に栃東コールがおこって、影響あるかなと思ったけれど、全く影響はなかった。出し投げ一つで溜まり席の3列目ぐらいまで吹っ飛ばしてしまうんだから、栃東の勝負勘の良さ、タイミングの上手さには脱帽してしまう。
角番を脱出して、これから星を伸ばしていけるのかどうか見物ですね。

○朝青龍-琴光喜●
いやあ、琴光喜惜しかった。
後ろ向きになったのを堪えて残し、右を覗かせて組み止めて、ドルジが無双を切りにきて隙を見せた瞬間、一気に出ていく。そこまでは良かったんだけど、勝ちを焦ったのか、体が泳いでしまって突き落としに敗れた。
2、3年前はドルジに完敗してばかりだったけど、ここ1年ぐらいはいい勝負をしてるんだよねえ。
しかし25連敗ですか。「大相撲 記録の玉手箱」を参照すると、歴代単独3位の記録ということになります。いっそのこと30連敗してみる?

1敗:白鵬
2敗:朝青龍、栃東、豊真将、黒海、栃煌山

明日の注目は、優勝争いには関係ないけど安馬-時天空戦でしょう。去年の5月以来の対戦ですかね。なぜここ4場所も対戦がなかったのか不思議ですね。
2敗どうしの黒海-栃煌山戦、2敗と1敗の対戦となる豊真将-白鵬戦も面白そうです。

青森に思いを馳せる

2007–03–19 (Mon) 23:48
久しぶりにカーリングの試合を見ましたよ。
まともに映像で見るのって、去年の世界選手権以来になるのかな。
今年の大会は青森開催ということで、NHKでは連日、日本戦を中心にBSで録画中継をしてくれています。青森ローカルの地デジでは、生中継らしいです。嬉しい時代になりました。

でもBSが見られない自分は、やはり寂しい。
今日見た中継だって、海外からのネットストリーミング放送なわけですよ。
だから日本戦じゃなくて、ドイツ対スウェーデン戦。
でも面白かったあ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

特に最終11エンド(そう、延長戦になったのです)のラストストーン。
ドイツのスキップ、オリバー・カーンSchöppさんが放った一投。ハード、ハード。懸命にスイープする掃き手の2人。ホッグラインを越えてガードストーンを1つ交わしたところで、なんと掃き手の1人が転倒。
転びながらも石に触れないようにブラシを宙に浮かせつつ、体も強引によじります。ハウスの中にあるスウェーデンの石に足が触れたかどうだか微妙なところで、体がピタリと止まります。放たれた石は、スイープの甲斐あってNo.1ストーンとなり、体が石に触れていなければドイツの勝利が確定する場面。画面で見た感じ、石は動いてません。
さわった? ノー、ノー! というやり取りがあったのかどうかは分かりませんが、数秒の間があってから、スウェーデンのスキップ、Norbergさんが負けを認めて握手。
なんかいい場面でした。
こけたドイツのセカンド、Harteltさん。かわいい(*´Д`*)ハァハァ

その後、日本対カナダ戦もストリーミングで見ました。
前半リードされた時点で、もうダメ空気が漂ってましたね。その時点ではまだ4-1だったので、十分逆転が可能な点差なのに、なんか空気が重かったような気がします。
結局8-3で完敗。
これで日本は3勝3敗。まあ健闘してるんじゃないでしょうか。
残り、楽な相手なんていないわけですが、次のデンマーク戦に勝てるようだったら決勝トーナメントに行けるような気がしますね。デュポン姉妹を敗ってオリンピックの借りを返しちゃいましょう。

日本の、というかチーム青森のキャッチフレーズは「Go tough」だそうです。
おやつタイム明けのときなんかに、円陣を組んで「ゴー、タフ!」と声を合わせて言ってますよね。今までずっと、「オー!ター!」ってただ叫んでるだけかと思ってました。
Go tough!

平成19年春場所9日目、国会中継

2007–03–19 (Mon) 22:55
土日に相撲を見られないのがツラい。
ようやく今場所3回目のTV観戦となったのだけど、地上波は5時まで黒海中継国会中継。幕内前半戦は全て飛ばされた。なんてこっかい。
まだ今場所一度も土俵入りを見てないぞ。
カーリングも見ながら同時に相撲も見る。これもツラい。
実況しようと2ちゃんねるに行ったら、先週の金曜からずーっとDIONはアクセス規制中。これまたツラい。

33代木村庄之助(昭和17年3月28日生まれ)が春場所後に停年退職するのに伴なって、現在三役格の木村城之介が立行司に昇格することが決まった。

 日本相撲協会は18日、大阪府立体育会館で理事会を開き、立行司の木村庄之助(64=本名野沢要一、高砂)が今場所限りで定年退職するのに伴い、立行司の式守伊之助(63=本名伊藤勝治、伊勢ノ海)が庄之助に昇格することを発表した。

 伊之助には木村城之介(60=本名内田順一、立浪)が昇格。夏場所(5月13日初日=両国国技館)の新番付が発表される4月25日からとなる。
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/f-sp-tp3-20070318-171554.html

これによって城之介は、停年まで4年半にわたって立行司を務めることになる。
あの城之介が4年半という長い期間もねえ…。
よーじや装束を纏った異端な立行司の姿は見たくないんだけどねえ。封印してくれると信じよう。
序列で城之介の次にくる式守勘太夫。「だがーったがった!」という掛け声の勘太夫は、今年の8月に停年を迎えることになるので立行司にはなれない。
よく転ぶ立行司なんていう姿が見られなくて、ほっとすると同時に、ある意味残念でもある。

●千代大海-豊ノ島○
千代大海は、いつもの細かいつっぱりをすればいいのに、雅山のようなドーンと押すつっぱりをしようとして墓穴を掘ったような気がする。重さが足りなくて突き放せず、豊ノ島は千代大海の動きに着いていけてしまった。
まわしも掴んでないのに、左差しだけで離されなかった豊ノ島もいい。あとは慌てる千代大海を押し出して勝ち。うまいね。

●栃東-白鵬○
立ち合ってすぐつかまえて、3秒ぐらいで上手も取って、もう完全に白鵬の形。そうなったらあとは慎重に出るだけ。
1敗を守ったのは白鵬のほうでした。調子いいみたいだし、ドルジと当たるまで双方負けなしで行けば面白い。
栃東は、なんか膝が動いてない? 昨日の取組で膝を痛めたとかなんとか。大丈夫かね。

○朝青龍-琴奨菊●
琴奨菊は元気がないね。上位挑戦場所が続いて疲れているんだろうか。自分が差さなきゃいけないのに、ドルジに両差しを許してしまう。そのへんが横綱のうまさ、速さなんだろうけど。
ドルジは完全復調で、星1つ差で白鵬を追う。射程圏内。

1敗:白鵬
2敗:朝青龍、栃東、琴光喜、豊真将、黒海、栃煌山

豊真将と栃煌山、いいねえ。ていうか黒海、いつの間に…。

 | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。