スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の大関を予想する・2

2007–11–30 (Fri) 22:58
ドルジが帰国(というか再来日)しましたね。
会見の模様はニュースで見ました。
迷惑をかけたことをお詫びします。悪かったのは自分です。と言って謝罪しているのはいいんですけど、謝罪なんだから言葉だけじゃなくてちゃんと頭ぐらい下げなさいよね。ニュースで流れてない部分で下げてたのかしらね。
コメンテーターとしてやくみつるが出てきて、謝罪したのはいいが、今後横綱としてどうするのかという言葉がなかったのが残念と言ってました。
それは同感ですが、ドルジの言葉の中に、横綱の責任がこんなに大きいのかと実感した、というのがありました。その責任というのをちゃんと認識していれば大丈夫なんじゃないでしょうか。
久しぶりの土俵で初場所は厳しくなるでしょう。けど、わたしゃ色々と期待してますよ。ま、じっくり見守っていきます。

***

mimurastepさんによる相撲参加企画、「大関予報」に参加してみましょう。
今回で3回目になるこの企画、前回は事情でお休みしてしまったので、私としては2回目の参加です。
詳しいルールはリンク先で。
http://mimurastep.blog32.fc2.com/blog-entry-165.html

この前(名古屋場所後)、自分はどう予想していたかというと、
http://gito2.blog39.fc2.com/blog-entry-501.html
あーなるほど、稀勢の里と安馬と豪栄道を挙げていたわけですか。
2場所経過した今でもこの3人は有力ですが、ちょっと稀勢の里が鳴門クオリティを発揮しつつあって、ポイントを落とさざるを得ないなあといったところですね。

今回の予想を挙げる前に、旭秀鵬について考えてみます。
この九州場所で序二段優勝をして、来年(平成20年)初場所は三段目に上がります。
ここから先は想像です。
三段目を1場所で通過して、幕下を3場所で通過。十両を2場所で通過すれば、再来年(平成21年)の初場所が新入幕です。その年の秋場所に新三役になり、一度陥落したあと、平成22年の初場所から三役を4場所ほど経験したのち、平成22年の秋場所あたりで大関昇進。
ほぼ3年後に大関と期待します。
ところで、平成になってからの19年間で大関に昇進した力士は、霧島から琴光喜までの16人。1年ちょっとの間に1人の割合で大関が誕生している計算です。
ということは、旭秀鵬が大関になる(と勝手に期待する)3年後までに、2人ぐらいは大関が増えていてもおかしくはないわけです。つまり「次の大関」として旭秀鵬の名前を挙げるのは、さすがに無謀かな、と。

では今回の予想。

豪栄道5点
安馬2点
稀勢の里2点
豊響1点

前回の3人に加えて、豊響を入れてみましたー。ポスト千代大海枠でw
こわいのは把瑠都ですけど、ケガが心配なんですよね。
琴奨菊もあり得るんですが、同部屋大関が3人になるのはちょっとヤダなあ、という理由で外します。

というわけで、今回はこんな予想でした。
あまり変わり映えしませんね。
スポンサーサイト

あるバス停

2007–11–29 (Thu) 22:46
あるバス停。
北海道の原野にありそうな「誰々宅前」ってのじゃなくて、周りは普通の住宅地なんですけど。
こんな特別扱いをされている住宅。誰の住宅なのよ。



平成20年初場所の番付予想

2007–11–27 (Tue) 22:00
というわけで、平成20年初場所の番付を予想してみます。
前回の答え合わせをしてませんが、もう今さらだし、ほっときます。

今回も考えどころはいくつかあるのですが、いつものみたいにあまり悩んだりせず、今回は感覚優先で予想してみました。
今回の目玉はズバリ、市原の十両1場所通過でしょう。春日錦との比較になるのですが、春日錦を据置くよりは市原を上げちゃったほうが話題性も上がっていいでしょう。
十両昇進は5人で、全員新十両と見ましたが、はたしてどうなるでしょうか。

正しい番付発表は12月20日(木)。
初場所初日は1月13日(日)です。

予想番付
   東      西   
白鵬横綱朝青龍
千代大海大関琴光喜
魁皇大関琴欧洲
安美錦関脇安馬
琴奨菊小結出島
稀勢の里前頭時天空
豊ノ島前2雅山
豪栄道前3栃乃洋
若の里前4露鵬
玉春日前5朝赤龍×
把瑠都前6北勝力
豪風前7豊響
豊真将前8鶴竜
黒海前9若ノ鵬
若麒麟前10岩木山
垣添前11旭天鵬
土佐ノ海前12春日王
普天王前13玉乃島
高見盛前14霜鳳
嘉風前15海鵬
栃煌山前16市原
×春日錦十両境澤
光龍十2千代白鵬
龍皇十3琴春日
皇司十4寶智山
×白露山十5豊桜
保志光十6潮丸
猛虎浪十7駿傑
北桜十8白馬
片山十9白乃波
将司十10北太樹
木村山十11安壮富士
里山十12栃ノ心
栃乃花十13玉鷲
霧の若十14八木ヶ谷

ただいま

2007–11–27 (Tue) 21:55
ただいま。
というわけで、やっと帰ってきました。

ちょっと見ない間にFC2ブログが、なんだか色々と変わってますねえ。
何この「友達申請フォーム」って?www
クチコミ広告機能とか、わけわかんない。
ぼちぼち見直していきます。

(以下、色々だらだら文)

2ヶ月半という期間出掛けていたのですが、ちょうど相撲の時期から相撲の時期までだったため、2場所続けて観戦日記が書けなかったばかりか、お相撲自体ほとんど見られませんでした。
でも千代大海の活躍はちゃんと知ってますよ。いやあ、千秋楽に休場してしまったのはもったいなかったですね。白鵬、破壊するなよ!
吉田アナの活躍もちゃんと見てましたよ。出島はここから「二段ロケット」って、吉田アナにしか言えない実況ですよね。
旭秀鵬の相撲を取っている場面を映像で見たのは初めてだったのですが、これは(・∀・)イイ! ですね。来年の今頃は十両から幕内を狙うぐらいの番付まで上がってきてそうな感じです。
本場所の観戦記は書けませんでしたが、来場所の番付予想だけこの後でちゃちゃっとやっておきます。

長期出張の間、従量制パケット料金のi-mode以外ネットが使えないもんだから、手持ち無沙汰でやることがなくって、ゲームの時間と読書の量ばかりが増えてしまいました。
ゲームは最初のうち「燃えろ!熱血リズム魂」ばかりやってて、そのうち「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」を買ってやりまくって、そのうちリズム魂の前作にあたる「押忍!闘え!応援団」を買ってそれもやりまくって、ポケダンをやったせいで久しぶりに他のローグ系RPGもやりたくなって「変愚蛮怒」なんかをやり始めてしまって、結構時間を取られてしまいました。
リズム魂は1億6000万点まで行きました。てことは、ヒドゥンモードなしでも最終格付まで行けるということです。なるほどねえ。
読書のほうは、読書とはいっても読んでいたのは軽めのミステリーが多くて、いかにも読書といったような本は読んでません。
でも、筒井康隆はやっぱり最高だなと再認識したし、東野圭吾のサクサク読める感は異常ということも改めてわかったし、福井晴敏はキャラ萌えだということに気付いたし、今まで読んだことのない作家の本もいくつか読んで、法月綸太郎は本格以外にも冒険ものとかハードボイルドとか書けばいいのになんて思ったりもしたのでした。

読書量が増えたというのには、この2ヶ月間、寝泊まりしていたところから仕事場までは結構距離があって、電車通勤だったという理由もあります。
田舎のJRのローカル線での電車通勤でした。田舎の電車とはいっても一応本線で、しかも線路は単線、その上主要駅以外は無人駅という路線でした。
毎日同じ列車に乗っていると、周りに乗っている他の乗客たちも見知った顔になってきて、挨拶こそしないものの、ときどき相手を観察したりして様子を伺うようになります。
なんでこんな周囲に何もない駅で降りていくんだろうという、びしっとスーツを着込なしたサラリーマンとか、いつも必ず寝ている太った女性工員だとか。
田舎の路線といえば、高校生が多いのが特徴です。私の利用していた列車でも、途中の駅で大量の高校生が乗ってきました。どうやらその駅の近くには団地があって、そこから大量の高校生が排出されているみたいです。
いつも同じドアから乗ってくるのは男子4人ほどと、女子8人ほどが固定メンバー。それ以外にも日替わりで数人が乗り込んできます。
その固定メンバーの女子の中に、かわいい娘がいるんですよ、これが。客観的に見ればフツーなのかもしれないけれど、むっちゃタイプだったので、わたしゃいつもドキドキでしたよ。
とはいえ、もう三十路のおっさんである自分が高校生に声をかけるわけにもいきませんからね。結局何事もなく、もう二度と会うこともないんだろうと思うと、ちょっと寂しいなあ(´・ω・`)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。