スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年初場所中日を愛でる

2009–01–18 (Sun) 19:09
今日の大相撲中継は輪島とデーモンがゲストに来るというので、予定を早めに切り上げて3時半ぐらいからテレビの前へ。
ああ、お二人は幕内からの登場か。

幕内土俵入り。
土俵の上では幕内力士たちが土俵入りをしているというのに、今日に限ってゲストが放送席に入る様子をわざわざ映すNHK。NHKは閣下好きだなあ。魔優N。
実況は日本屈指の相撲ヲタ、岩佐アナ。
閣下の帽子、さかなくんの色違いみたいw

横綱輪島の紹介。
蔵前の星、黄金の左から始まって、かっこいい土俵入り、優勝14回など経歴を語る岩佐アナ。
岩佐「昭和60年に一身上のことから相撲界を離れて……」
一身上wwwww

○栃煌山-豊真将●
ふわっと立って両差し栃煌山。くるっと半回転して一気に押し出し。
中日で勝ち越し。しばらく足踏みしていたのに、また強くなってきてたのね栃煌山。

○山本山-垣添●
山本山が左上手を取ると、体を開いてぶん投げる。上手投げで山本山の勝ち。
把瑠都みたいな相撲だね。お相撲さんvs豆力士みたいな相撲というか。

○時天空-将司●
ちぐはぐな立ち合いから将司が潜る。首を時天空の腋の下につけて、そのまま反り技に持っていったら面白かったんだけど、時天空が将司の首を極めて、押し出し。
岩佐アナによると、塩撒きの伝統は、水戸泉、北桜の流れで将司が受け継いだそうです。まあねえ……。

輪島、黄金の左特集のVTRが終わったあと、ラジオの放送席に座る勝昭の様子が映る。
勝昭の格好ラフすぎwww テレビのときと全然違うwww

●普天王-鶴竜○
組んで出る出る普天王。残して逆襲、張る張る鶴竜。鶴竜押し出しの勝ち。
鶴竜は派手さはないけど着実に力をつけているという放送席の話。
輪島「閣下も注目してるの?」
閣下「大関候補だと思ってます」
輪島はデーモンのことを「閣下」と呼んでいるのか。ほぅ。

平成19年夏場所の、安美錦が朝青龍に勝ったときの映像。舞う座布団が安美錦のおでこにクリーンヒット。
岩佐「座布団を投げると危ないというのが、今わかったんですけれども……」
冷静なコメントwww 今わかった、ってwww

輪島デビュー2場所目の映像。
初土俵ではスポーツ刈りだったのが、パーマをかけて登場。
パーマwwwww
まるで貴乃花wwwww
出てくる映像がいちいち面白いw

○把瑠都-千代大海●
ここで本日のメインイベント。1敗同士のつぶしあい。
いなした千代大海。一瞬ぐらっときた把瑠都。すぐ立て直して、把瑠都が両差し。潜って下から突き上げるような寄り切り。
把瑠都うまいなあ。1敗を守ったのは把瑠都。明日は白鵬戦だぜ。優勝狙っちゃいなよ。
把瑠都は勝利インタビューがかわいい。藤井アナが「明日は白鵬戦です」と振ると、「まだ割りは見てないです」と把瑠都。「教えてしまって良かったですか?」と心配する藤井ちゃんに対して、「ありがとうございます!」と元気よく応える把瑠都。きゅんときた。

白鵬は誰に似てるか。大鵬、貴乃花という話もありますが、輪島にも似ているという声もあるよ、という話。
輪島「貴乃花にも似てるし、自分にも似てるところがあるんじゃないかな」
岩佐「貴乃花というのは息子さんのほうですね」
何? 息子? ああそうか。貴ノ花の息子という意味か。びっくりさせるなあ。

○琴欧洲-豪栄道●
よく見たらここも1敗同士じゃないか。カロヤンも元気あるんだな。
変わった豪栄道。離れて落ち着いて対応する琴欧洲。つかまえて、左上手を強烈に引き付けて、琴欧洲寄り切りの勝ち。
琴欧洲は弱気になったり、あわてたりさえしなければ、すんごい強いんだよね。今場所いいねえ。

○白鵬-稀勢の里●
キセノンがつっかけて2度の待った。
3度目。激しくつっぱるキセノンに対して徐々に前に出る白鵬。キセノンは張り手。白鵬はとったり。押し出して白鵬の勝ち。キセノンの張り手にエキサイトしたらしく、勝った白鵬は土俵下のキセノンを見つめてニヤリ。
白鵬にしては、なかなか面白い相撲だった。

●安美錦-朝青龍○
ドルジの張り差しをくぐって中に入ろうとする安美錦。しぼって入れさせない朝青龍。腕を極めてから朝青龍が出る途中、安美錦は膝が入ったようで、腰砕けぎみに倒れる。決まり手は押し倒しで朝青龍の勝ち。
昨日の豊ノ島に続いて、安美錦もケガか。難儀やのう。

今日の輪島輪島した放送は楽しかった。
そして岩佐アナがすごく楽しそうに実況しているのも良かった。
また輪島の解説聞きたいなあ。それと今度はぜひ北尾を呼んでほしい。
スポンサーサイト

平成21年初場所二日目を楽しむ

2009–01–12 (Mon) 18:08
今日は5時前ぐらいからテレビ観戦。
もうちょっと早く帰宅する予定だったのだけどなあ。まあいいか。

○阿覧-高見盛●
そろそろ館内放送の行司は、「ロシア・ウラジカフカス出身」なのか「ロシア・ウラジカフカス市出身」なのか統一してほしいけど、そんなことは、ま、どうでもいいですね。
立ち合いで手を2度ついてしまったロボが中に潜れず、離れて取ることに成功した阿覧が押し出しの勝ち。

●若の里-普天王○
普天王が左下手。両者それ以外のまわしが取れずにもがき続ける。普天王が出ると同時に若の里が右上手を取って、土俵際残す。若の里が自分の形になって出るところを、普天王が左右に揺さぶって残し、両者力のこもった投げの打ち合い。若の里の上手が切れ、体が半回転。普天王送り出しの勝ち。
熱戦に館内も湧く。敬。

○把瑠都-嘉風●
低く当たる嘉風、背中越しに右上手を取る把瑠都。嘉風が中に入り、上手を切って出る。把瑠都は肩越しに左上手を取って強引にぶん投げる。把瑠都上手投げの勝ち。
相撲は嘉風だったんだけどなあ。先場所からの確変はまだ続いているみたいだねえ。しかし今日は、把瑠都の異次元殺法の前に敗れ去った、という感じ。

●日馬富士-雅山○
出る出る日馬富士。土俵際まで攻め込んでおきながら、せっかく取った上手を離した瞬間、雅山の左からの突き落としを受けて、土俵にばったり。雅山突き落としの勝ち。
昨日の負けでさらに固くなったんじゃあるまいか。焦っちゃだめよ。

●安美錦-魁皇○
がっちり当たって、すぐに魁皇が叩き込み。安美錦は土俵にばったり。魁皇は首をかしげながら勝ち名乗り。
こういう相撲多いよね、魁皇。省エネ相撲で少しでも長く土俵に上がり続けるぞ、っと。

○白鵬-旭天鵬●
花道の奥で呼出と仲睦まじく喋ったりしている女の子が気になる。呼出のファンなのかな。
上手を取って万全白鵬。切られてもすぐ取り返して、腰を落としてじっくりと出る。白鵬寄り切りの勝ち。
万全すぎる。

●琴奨菊-朝青龍○
琴奨菊が右上手を取る。朝青龍が左を差して掬うとあっさり上手が切れ、琴奨菊が左を探りにきたところを、朝青龍が右からしぼって突き落とし。朝青龍突き落としの勝ち。
まあドルジらしい相撲になってきてるよね。このまま勝ち続けてほしいなあ。問題は15日間取り続けるスタミナかな。

二日目を終わって大関陣の星が面白い。
千代大海、魁皇、琴欧洲が2連勝。
琴光喜、日馬富士が2連敗。
新大関って、行事とか色々あって疲れるんかね。稽古量が売りの日馬富士だけに、稽古不足になったりしてるんだったら、つらい。

次は中日あたりに見れたら見る。

平成21年初場所初日を見る

2009–01–11 (Sun) 18:09
午後3時15分。地上波放送の最初から見る。
今場所はどれだけ見れるかな。日曜日ぐらいは見れるようにしたいね。

山口アナ「朝青龍は後戻りができなくなりました」
厳しいお言葉ですね。
まあ初日、二日目が肝のようですが、なんとか踏みとどまって二桁ぐらいは勝ってほしい。

協会ご挨拶。
三重ノ海になってからは見るの初めてかも。
いつもどおりの挨拶文。理事長変わってから、毎場所違うこと言ってくれるもんだと思ってたのにー、ちぇっ。
大関が5人もいると土俵が狭い。

しばらくお相撲からご無沙汰してると、情報に疎くなるなあ。
市原が清瀬海に改名したことも知らんかった。
さすがに日馬富士は知ってるけど。

幕内土俵入り。
山本山の人気がすごい。すごいっていうか、登場とともに館内が一斉にざわつく。なんか異様な光景。
でも一番歓声が大きかったのは日馬富士だね。

幕内の放送席は、藤井、勝昭、「顔じゃない」秀平のゴールデントリオ。
舞の海曰く、朝青龍本人が考えている横綱像は、周りの人とはズレている。引退を勧告されても、いや俺は引退しないよ、そんな風に考えているんじゃないか、と。
ドルジに「顔じゃない」と言われ、「よう、秀平」と声をかけられたことで、ドルジに対して何か思うところがあるような物の言い方。
ドルジが出場に踏み切ったことで、
勝昭「舞の海さんの激励が利いたかもしれない」
藤井「場所前のね」
秀平苦笑www

○豊真将-山本山●
山本山の取組に永谷園から懸賞がw そうか、海苔の山本山は懸賞つけないことにしたのか。
立ち合いの山本山の突きはなしをこらえた豊真将が、中に入って左からの上手出し投げ。
重いだけに、出し投げに弱そうな感じ。慣性の法則だね。

●時天空-千代白鵬○
あわない立ち合いを無理やり合わせて右四つ。両者ユルフン。ユルフン対ユルフン。くるくる回りながら千代白鵬がじわじわ寄って、時天空の下手投げをこらえた千代白鵬が寄り切りの勝ち。
それにしても、一年間負け越しばっかりでまだ幕内にいるという時天空もすごいな。

○武州山-高見盛●
両者青森出身。子供のころから意識しあってきた二人。にしても、ロボは「子供のころからのライバル」がたくさんいるんだなあ。青森だからねえ。
武州山が出る。ロボがいやいやをしながら前まわしを探る。武州山が出るところをロボが網打ちぎみに腕をたぐるも、武州山押し出しの勝ち。
子供のころ以来(?)だかなんだか知らないけど、久しぶりに顔を合わせた対戦は武州山に軍配。

○把瑠都-豪風●
すぐに右上手を取って左を差す把瑠都。豪風の出足を止めると、上手を離して一気に押し出し。勢い余って自分も土俵下。
把瑠都つええええええええ!!!!11
次の大関は把瑠都で決まりだね。その前に誰か2人ぐらい引退してくれないと上が詰まってるんだけど。

●日馬富士-嘉風○
安馬が大関になる日が来ようとは思わんかったなあ。
当たっていなした嘉風。日馬富士の前から嘉風が消える。勢いがついて土俵下に飛び出す日馬富士。送り出して嘉風の勝ち。
タイミングのよすぎるいなし。嘉風が上位で活躍する日が来ようとは思わんかったなあ。
日馬富士はやっぱ緊張してたのかね。

●琴光喜-安美錦○
安美錦が左から上手を取ると、右を差している琴光喜が簡単にのけぞってしまう。あとは小股をすくって悠々と寄り切り。
これぞ安美錦の相撲って感じw

●稀勢の里-朝青龍○
キセノンは初日に横綱と対戦するために小結にとどまっているのか。そう思ってしまうほど、関脇に上がれないキセノン。先場所11勝もしたのに(´・ω・`)
今場所も早速の横綱戦。それもドルジ戦。この二人の仕切りは面白いw ひと動作ごとに動きが止まる。んで睨む。
キセノンの突き放しをぎりぎりつかまえるドルジ。しかしキセノンの寄りが強い。土俵際残してからはドルジが逆襲。反対側まで一気に持っていく。逃げる伊之助。右の喉輪でのけぞらせての寄り切り。最後は左からのダメ押し。
藤井「そしていつものダメ押し」
いつものってwww
初日からこの盛り上がりもすごいし、この1勝も大きい。やっぱりドルジは人気者だなあ。

○白鵬-豊ノ島●
慎重に、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら出る白鵬。押し出しの勝ち。万全。

十両、幕内を通じて待ったが一番もなかった模様。
立ち合いを厳格化して待ったが増えるよりも、こういう流れのほうがいいよね。
よし、なんとか明日も見るぞ。

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。