スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温計

2009–02–03 (Tue) 19:26
体温計がないので、熱が計れない。
自宅に帰ればあるんだけど、今長期にわたる出張による宿舎住まいで、そういった細々としたものは持ってきていない。
だから自分の手でおでことかお腹とかを触ってみた感じと、体のふらふら具合から判断するしかない。
今現在、37℃台の半ばぐらいかなあといった感じ。昨日よりは少し下がったけど、まだまだ平熱に比べると高い感じ。

で思ったんだけど、携帯電話に体温計機能があったら便利じゃないかなあ。
カメラのレンズをおでこに向けると、赤外線センサーが働いて一瞬で体温を計ってくれる、そんな機能。
余計な機能をこれでもかと詰め込んでいるんだから、もう一つぐらい余分な機能があってもいいよね。
歩数計つきの携帯もあったぐらいなんだから、それと合わせて、毎日の体温測定で健康チェック!みたいなノリで。
さらには、自分と体温とあの娘の体温を計って相性チェック! とか。彼女の体温が普段より0.3℃ほど高いようですね。この微熱、ちょっぴりあなたにほの字? なんて。
スポンサーサイト

インフルエンザ

2009–02–02 (Mon) 22:16
昨日の昼頃から喉が痛くて、だんだん熱も出てきて足がふらふらになって、こりゃいけないと思いながらも日曜日だし、休日診療所なんてどこにあるのか知らないし、病院探すよりも寝ていたいと思って、一日寝てた。
今日になって朝起きて、やっぱりふらふらなので、近くの診療所に行くことにした。

「熱があるということですが、何度ありました?」
と言われて、体温計ないんで分からないですと応えると、
「じゃあ計りましょう」
と、なんか変な機械をおでこに向けて計ってくれた。ほんの2秒ぐらいでピピッと。最新科学すげえ。
「38.0℃ですね。朝からこの熱だと昨日はもっとすごかったでしょうねえ」
そうですね、ふらふらでした。

とにかく、インフルエンザの検査をしてみましょうと言われて、鼻水を採られた。鼻水にウイルスが溜まっているらしい。へえ。
点滴を受けながら検査の結果を待っていると、インフルエンザA型だとの結果が出た。タミフルが効かないのでリレンザを処方しますと言われた。粉末状で直接肺に吸入するとのことで、
hanakarakyuuinn.png
こんな感じで鼻から吸入するのかと想像していたら、違った。専用の吸入器を使って口から吸い込むのだった。咽せたりしないだろうかとの心配も杞憂だった。こりゃ楽でいいわ。

とりあえず昼寝して、たっぷり汗をかいた。
たっぷり水分補給→寝て汗をかく、を1、2回繰り返すことで、熱が下がるのがいつも発熱したときの常なんだけれど、昨日の段階ではその簡易療法がうまく機能しなくて、今日になってようやく熱が少し下がった。感覚としてはまだ37℃以上あると思うけど、昨日や今朝に比べればずいぶんマシになった。
もうしばらくゆっくりしてようっと。

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。