スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川さんやったわ~

2006–02–24 (Fri) 21:08
トリノ五輪2月23日。
選手よりも、アナウンサーと解説者に目が(耳が)行ってしまったオリンピック終盤戦。
日本人選手メダル第1号は荒川静香選手の金メダル。やったわ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

スノーボード女子・パラレル大回転
なんといっても解説の請川博一さんだ。このトリノ五輪、今までもスノーボード競技の解説を担当してきたが、解説者ならちゃんと解説をしてほしい。喋りが拙くて思うような言葉が出てこないとかならまだいいのだけど、この人のように解説者が実況をする必要はない。さあこの後どうなるでしょうだとか、追いついてきましたよだとか、実況アナウンサーの仕事を取って邪魔をしているとしか思えない。もうちょっと落ち着いてください。それが気になって気になって、競技のほうに全く集中できなかったんです><

カーリング女子・3位決定戦
昨日の準決勝以降の実況は、フジテレビの森昭一郎アナだ。これが実にいい。マイナー競技であるカーリングの(にわかに人気が上がってきてはいるけど)魅力がしっかり伝わってくるし、解説の小林さんとの息もぴったりだし、しっかり勉強して取材もしているというのが見ていてよくわかる。初心者にも優しい、トリノですっかりカーリングを見慣れてしまった人にも優しい、いい実況。大●アナに爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい。
フジテレビのトリノブログの中で、私は実況で「マリリン」と言えなかったのが残念と書いてますが、森アナの「マリリンショット!」を聞きたかったなあ。
試合のほうは、ノルウェーの生きる伝説が不調で、カナダの圧勝に終わった。スキップが2投続けてミスをすれば簡単に4点を取られる。恐いゲームだ。思えば日本チームは、このカナダに勝ったんだよなあ。改めて凄いなあと思う。
その後の決勝戦は……地上波での放送はないのか。公式サイトの試合結果を見ると、大熱戦だったみたいなんだけどなあ。男子のほうは……これも地上波では放送しなさそうだ。ちぇっ。

フィギュアスケート女子
トリノでやっとフィギュア見ることができたわ。途中からだけど。

荒川さんカッコイイ! 最初は、無理せず手堅くまとめようとしてるのかなと思ったんだけど、力をためて後半に大技を持ってこようとしていたのかな。見ているうちにグイグイと引き込まれていってしまった。ミスらしいミスもなく、演技終了後は観客のスタンディングオベーションで向かえられる。すげーよ。鳥肌が立ったよ。実況の刈屋アナも一瞬声を詰まらせて、泣いているのか?と思わせるような間があった。終わってみて点数だけを見ると圧勝じゃないか。もちろん、点数なんか見なくても圧勝だよこれは。いやホント、金メダルおめでとうございます。感動した。

その荒川さんの演技順はラストから4番目。これでラストに滑るスルツカヤには相当なプレッシャーがかかったんだろうなと思われる。自分にはよくわからなかったけど、解説の佐藤有香さんも、実況の刈屋アナも固いですねと言っていた。案の定後半に入って、ジャンプで着地ミス。スルツカヤ姐さんにも金を取らせてあげたかったよ。
一方コーエンは、最終演技直前の練習中にコケる姿が何回も画面に映し出されて、おいおいそんなんで大丈夫なのかと思わせたのだが、やはり、演技開始早々序盤で2回転倒。あちゃー、これでメダルはなくなったなとそのときは思った。しかし、中盤以降の演技は見事だった。ミスしても盛り返してくるところは凄い。終わったときには、途中でミスをしていたことを忘れるぐらいの迫力があった。

最初でミスをしたら、それをズルズル引きずってミスの連鎖反応を起こしてしまうのが安藤だ。この癖はどうにか治したほうがいいよ、ホント。4回転に挑戦した勇気は買うけど、できないんだったらやめる勇気も必要だ。ミスを引きずる癖があるから尚更だ。マスコミやスポンサーが期待するから、それに応えなきゃという気持ちから演技に盛り込んだんだろう。そのへんは安藤本人よりコーチの判断なのかな。あと安藤といえば、どうにも選曲が地味すぎる。上位の選手を見ていると、もっとメリハリのある曲を使って動と静を演じ分けているように思うのだけど、安藤の曲はなんか単調で訴えかけてこないのだ。このへんもコーチの趣味なんだろうか。まあ本人はよくやったね、で締めようと思っていたら、

骨折完治せぬまま、安藤「次こそ4回転」

 昨年末に骨折したという右足小指は完治しておらず、痛み止めを飲んでの出場だったという。緊張もあり、本来の演技はできなかった。しかし、「降りられると思っていたけど、甘かった」という言葉と裏腹に表情は明るい。「すっきりしました」と笑った。
http://www.yomiuri.co.jp/torino/news/20060224ie05.htm


だということらしい。そんな状態で何故出てくるのかねえ。アメリカのミシェル・クワンはケガの状態が思わしくなく、直前になって回避。代役で出たエミリー・ヒューズは7位に入った。そもそも日本選手権で6位だった安藤だが、恩田か中野が出ていれば…とどうしても思っちゃうよね。

村主さんは4位。ミスなく滑ったのはいいんだけど、なんか小さくまとまってしまった感じ。解説の話を聞いていると、予定していたジャンプができずに、技術点が下がっていたらしい。SP次第ではメダルに手が届いていたかもしれないね。

それにしても刈屋さんはフィギュアのことになると熱いな。表彰式が終わってからインタビューまでの時間、インタビューから番組終了までの時間、日本のフィギュアについて熱く語っていた。見ているこっちは荒川さんの金メダルでポーッとなっていたので、その熱い語りで何を訴えているのか全く耳に入ってこなかった。冷静に聞いとくんだったか。5位に入ったロシェットの演技中、解説の佐藤有香さんが「この曲(愛の賛歌)は刈屋さんの好きな曲です」と言ってるのに、何も反応を返さないところもおかしかった。演技に見入っていたみたいだ。そういや刈屋さんはロシェットのことを、「立ってるだけでエレガント」と評していた。お気に入りなんだろうなあ。
金メダルを取った荒川の演技。「ここからの2分15秒間。荒川静香、長野から8年の想い」と言ったあと、演技終了後の「パラヴェーラ、初めてのスタンディングオベーション」まで一言も発しなかった。村主章枝の演技終了直後、ぼそっと一言「……最高」。どれを取っても熱いなあ。「トリノのオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました」ってまた名言を作っちゃったね。

フィギュアの会場では日本人の応援団がよく目立っていた。その中でもよく目立っていたのが「シムソンズ」の旗だ。こんなところでまで映画の宣伝をするのは、ちょっとどうかな。

« 地図サービス「ALPSLAB base & clip!」 | HOME |  テーブルカーリング »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「冬季オリンピックは金メダル1個で終了か?」

荒川静香、日本初の金メダル。おめでとうございます。期待されていた選手も全て敗退、メダルが1個もとれないまま終了かと思っていたら、うれしいテレビを見た。  …

「荒川静香」

荒川静香の話題です  …

「フィギュアスケート(女子)」

 6時ちょっと過ぎに起きたから、ミキティの演技は観れなかった{/hiyo_cry1/}でも観ていたお母さん曰く、4回転どころか壁にぶつかるし尻もち何度もつくし終わった後の態度もふてぶてしかったらしい{/hiyoko_cloud/} エレン選手 スイス・・・ちょっと失敗してたけど、この  …

「金メダル☆女子フィギュアスケート」

トリノの初の金メダル☆ 女子フィギュアスケートで荒川選手が金メダルを取った。 8年前の長野五輪の頃よりも荒川選手はきれいになっていると思う。 フィギュアスケートは技も重要だが人間が判定することもあり、 印象が大きく左右する。 食事などで体重や体系の管理を  …

「加速成功 USP あなただけの強み」

突然のTB失礼致します。複数の仕事をうまく動かし、成功をすばやく手に入れることにご興味のある方は私のサイトをご覧いただければさいわいです。  …

「長野五輪 ラージヒル個人 船木20点満点の金&原田最長不倒の銅」

なつかしいです。あの頃のジャンプ、最高です。...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/104-89e94c00

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。