スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ終わっちゃう五輪を見る

2006–02–26 (Sun) 18:50
トリノ五輪2月25日。
もうオリンピックが終わっちゃう。普段は見ないスポーツでもオリンピックでなら見るという人は多いと思う。自分もそんな一人だ。寂しくなるなあ。

アルペン男子・回転
眠い目をこすりながら見たよ。1本目は他事やりながら見てたんであまり覚えていないんだけど、2本目でようやくちゃんと見れた。最初からちゃんと見とけよ>自分。
皆川賢太郎が4位、湯浅直樹が7位。すげーよすげーよ。なんでも、日本人選手のオリンピックにおけるアルペン競技の成績は、あの50年前の猪谷千春の銀メダルが最高で、その次が11位だったんだそうだ。それが一気に2人も入賞だなんて、ちょっと前までは考えられなかったことだもんなあ。2本目でポールをまたいでしまって途中棄権することになった佐々木明の存在も大きいよなあ。佐々木自身は残念だったけど、彼の存在が日本選手の躍進を後押ししたと言ってもいいんだし。
皆川さんの4位がほぼ確定したとき、解説の木村公宣さんが涙声になっていたことに、見ているこっちも泣きそうになった。でも木村さんは必死に泣くのをこらえていたような感じだった。4年後か8年後か、近いうちにきっとメダルを取るだろうから、号泣するのはその時まで取っておきましょう。
トリノオリンピックで日本人選手はいくつも4位を取った。それぞれの4位に価値の違いをつけることなんてできないんだけど、自分としては、この皆川さんの4位が一番感動したな。3位との差は0.03秒差。惜しかったといえば惜しかったんだけど、ほんとにすごい4位。次のオリンピックでは自分も泣くぞ、というか泣かしてくれ。

●flickrにて
http://www.flickr.com/photos/ecormany/102339692/
flickrで見かけたホントに何でもない、トリノでカーリングの応援をする日本人の写真。撮ったのはアメリカ人の学生。
何故だかわからないけど、これ見てたらぼろぼろ泣けてきた。変だよなあ…。

さて、閉会式に備えて早めに寝ますか。

« テーブルカーリング | HOME |  トリノ五輪閉会式 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/106-2ffc5686

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。