スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野寺さん、林さん(つД`)

2006–05–18 (Thu) 07:00

T青森の小野寺、林が卒業会見
 両選手は「トリノのために四年間、すべてを懸けてきた。今の段階で次の目標を見つけられない。ここで一区切りつけようと思った」と、トリノ五輪で一定の達成感を味わったことを強調した。今後の活動について、結婚が決まっている小野寺選手は「初心に返って、“楽しむカーリング”を続け、競技の普及に努めたい。その中で、もう一回頑張りたいという気持ちになるかもしれない。カーリングは結婚・出産しても戻れるスポーツ。機会があればアイスに立つことも」と話し、林選手は「競技の普及など、別な角度でカーリングとかかわっていきたい」と語った。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0517/nto0517_18.asp


以前から何度も休養宣言は出されていましたが、遂に正式表明となりました。選手生活15年、一線で活躍しての10年あまり。お疲れさまでした。

寂しいですが、あくまで引退ではなく休養ということで、また目標が見つかれば戻ってくるということだし、そもそも競技としては退くけど趣味としては続けるようだし、いつの日かまた二人の姿を見られることがあるかもしれません。カーリング教室や講演なんかには呼べば来てくれそうな感じなので、誰か呼んでください。おいら行きます。

会見の様子を見ると、二人の笑顔が爽やかです。一線に立って競技を続ける苦しさからやっと逃れられる~という開放感なんでしょうか。競技選手の顔から女性の顔になってます。対照的に阿部ちゃんの寂しげな表情ったらないですね。お前はウサギかっていうぐらい、寂しさで今にも死んじゃいそうです。

チーム青森から二人が抜けることで、秋のパシフィック選手権の代表がどうなるのかは、20日の協会理事会で決まるそうです。長野とプレーオフをするのか、他のチームも交じえて色々あるのか、傍観者としては楽しみですが本人たちは気が気でないでしょうね。青森に誰が新しく入ってくるのか、内々では当然もう決まってることと思いますが、できれば、今までの5人みたいに北海道からヘッドハンティングしてくるんじゃなくて、地元の若手を起用してやってほしいです。せっかくチーム名に青森の名を冠しているんですから。

この二人が抜けると、HISのCMはどうなるんでしょうか。1年契約だったそうですが、次は新メンバーを入れてCMを撮るんでしょうか。一般的な人からすると、カーリング=小野寺さんぐらいの認識しかないと思うので、小野寺さんが抜けるとCMとしてはかなり影響が大きいんじゃないかと心配してしまいます。

そういえば会見のあった昨日は、さっちゃんの誕生日でした。会見場に突然現われて「あっしの誕生日を祝ってくれて、むしろこっちがおめでとうだよ」なんてことはありませんでした。

« 夏場所の十日目じゃけ | HOME |  夏場所の十二日目だぴょーん »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/179-8ec210f9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。