スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場所の十四日目やに

2006–05–20 (Sat) 23:59
平成18年夏場所十四日目。
激しく眠い。

三重県人


なんと、今日の幕内正面解説は武蔵川親方(元・三重ノ海)で、向正面解説は楯山親方(元・巨砲)ではないか。二人とも三重県出身の三重県コンビだ。というわけで、今日のブログタイトルに使った「~やに」は三重弁だ(~だよ、という意味)。
NHKはたまにこの組み合わせを持ってくることがあって、三重県出身の自分としては何とも嬉しい。

●北桜-嘉風○


中入り最初の一番からいい相撲。北桜の突き放しを、これでもかとおっつけてまわしに手をかける嘉風。手をかけてもすぐに突き放して切り、激しい攻防が続く。最後は嘉風に上手くいなされた北桜が、くるっと1回転してから押し倒された。嘉風が上手かった。
花道を引き上げながら北桜は「あー楽しかった、最高、楽しかったよー」と叫んでいる。負けてもこれだけいい相撲を取ればお客さんも喜ぶし、気分もハイになるんだろう。
でも今日で負け越しだよ、あんた。

7勝7敗


今日の取組を終えて7勝7敗になった幕内の力士は9人。結構な人数がいる。最近の傾向として、千秋楽に7勝7敗同士を当てることが多かったように思うのだが、明日はその取組がない。明日、このうち何人が勝ち越すことができるのか。予想、7人。

barutomage.jpg

●把瑠都-雅山○


把瑠都はまわしを取りにいったほうが良かったんだろうなあ。吊り出しも波離間投げもできるのだから、位置を気にせずにまわしを取るのがいいと思うのだが、雅山相手に突っ張り合いをしてしまった。突っ張り合いが悪いとは言わないけど、相手が悪い。引いた瞬間、一気に押し出された。
ところで把瑠都、髷を掴んでるよね。相撲で負けてるので反則にはならないし、流れの中でのこととはいえ、これは注意をして相撲を取らないとだめ。見た目ではどう見ても把瑠都=ベビーフェイス、雅山=ヒールなのに、ベビーフェイスがこれではイケナイ。

●千代大海-白鵬○


白鵬の父親のムンフバトさんがまた来場。よく来ますね。しかも今日は、西の溜まりの呼出の後ろあたりの席を陣取る。あのあたりの席にいると、普通のおっさんにしか見えない。
父親の目の前を通って入場。父親の目の前で塩を取る。やりにくいだろうなあ。
白鵬、いつもの前まわしが取れない。千代大海はいつもの細かい突っ張り。まわしが取れないことでちょっと慌てていたようにも見えたけど、ちゃんと間合いを計っていたあたりはさすが。千代大海の足が流れたところをはたきこんだ。
やはりちょっとは緊張していたんだろうな、白鵬。落ち着いて取ったとはいえ、いつもの相撲じゃないからね。
問題は明日まで緊張を持ち越すかどうか。対戦相手の把瑠都には緊張感なんてないだろうから、緊張が続くようだとひょっとするとひょっとするかも。

明日は


白鵬と把瑠都が対戦する。注目は相撲よりも、把瑠都が三役揃い踏みをちゃんとこなすことができるのかどうか。でも明日仕事なのよ。生で見れないのよ orz
でもね、昨日は見たい見たいと書いた取組だけど、今日把瑠都負けちゃったし、もう今場所は大関同士でいいよと思っちゃった。
千秋楽で大関同士の取組を崩して割を組むというのは、昭和59年秋場所以来のことらしい。あのときは蔵前国技館最後の場所で、大関若嶋津、平幕小錦、平幕多賀竜が優勝争いをする中、朝潮-多賀竜、琴風-小錦が組まれて、結局多賀竜が平幕優勝したのだった。多賀竜のほうは全く記憶にないけど、琴風-小錦のほうは微かながら覚えているような気がする。
Q. 蔵前最後の場所の優勝者は?
A. 多賀竜
といった問題は、ちょっと本格的なクイズなんかにはよく出題されるので、各自覚えておくように。
そういえばあの頃は小錦が幕内に上がってきて間もない頃で、小錦旋風、黒船来襲とか言われて、大いに盛り上がっていた。今の把瑠都旋風もこれに似ている。ま、小錦のほうが遥かにインパクトは強かったけど。

把瑠都の新入幕優勝の夢は消えてしまったけど、皇牙の新十両優勝の可能性は残っている。十両ではトップが5敗で、6人が並んでいる大混戦。これだけいれば優勝決定戦になる可能性も高い。
皇牙が十両優勝して弓取りなんてことになれば、ドルジのいない今場所、いい塩梅に皇牙が締めてくれることになるんだけど。

最後にもう一つ千秋楽の注目。行司の木村城之介が、初日と中日に披露した「よーじや装束」を、また日曜日に身に着けてくるのかどうか。つっこむ準備はできている。

« 青森と長野のトライアル、だ | HOME |  夏場所の千秋楽にて候 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「2006年大相撲夏場所14日目」

さっきまでの豪雨が嘘のようなピーカン。そして十両は勝ち越し即ち優勝戦線。荒れ放題だが、17時過ぎにはさっきまでの晴天が嘘のような豪雨。そしてすぐにピーカン。……対処のしようが無い天気である。14:56に場所入りした把瑠都。子供のサインくらいすぐに書いてや  …

「平成18年度夏場所~十四日目」

もう明日は千秋楽です。最近大相撲おもしろくなったと思いますが、今場所はまだ優勝が決まらず、それも、2人も1敗がいて、なんというのかなぁ、「初体験でガチガチ」って感じで、内  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/184-328d04a7

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。