スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府と神奈川県

2006–06–01 (Thu) 18:44

 5月1日現在の推計人口で、神奈川県が初めて大阪府を上回り、東京都に次いで全国2位になった。大阪府が1日に公表した推計人口は882万1085人。神奈川県が5月31日に発表した推計人口は882万3227人だった。東京都は1261万9522人。
 いずれも05年国勢調査速報値(05年10月1日現在)に基づく推計人口のため、4年後の次回国勢調査で逆転が確定する見通しだ。
 大阪、神奈川両府県は推計人口を毎月1日現在で公表している。05年国勢調査速報値では大阪府が神奈川県より2万6110人上回っていたが、4月1日現在の推計人口で約8千人差に縮まっていた。
http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY200606010145.html


簡潔に述べると、人口順位が
 2006-4-1 東京>大阪>神奈川
   ↓
 2006-5-1 東京>神奈川>大阪
のように変わったというわけです。
横浜市が大阪市の人口を抜いたのが1978年。そして今年遂に、府県レベルでも大阪はナンバー2の座を明け渡してしまったということになる。とはいえ、人口だけで街の規模を語るのはナンセンス。あくまで東京のベッドタウンである神奈川/横浜に対して、経済、文化の中心地でもある大阪のほうが、街としての格では上を行っているのは間違いないです。

ところで、確か先週だったと思うのだけど、「クイズ$ミリオネア」の中で「東京に次いで2番目に人口の多い都道府県は?」という問題が出題されていた。記憶があやふやではあるけど、確か正解は大阪府だったように思う。
これってどうなの?
番組の収録時、および放送時に判明していた人口で比べれば確かに大阪府のほうが多いのだけど、実際には、放送があった日には神奈川県のほうが既に、人口が多くなっていたことになる。
「国勢調査の時点で」といった限定が効いていれば問題ないんだけど、どうだったっけか、漠然とした記憶しか残ってないのが困る。
どっちにしろ、時間とともに事実関係が変化するような問題を出題するのは、十分に注意したほうがいいですよ。

« 新メンバー来たわぁ! | HOME |  訪問者は1時台にやって来る&検索語等 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/192-cc932162

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。