スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化財を返してください

2005–12–26 (Mon) 01:28
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051225-00000059-kyodo-int

百年前の米発掘に返還要求 マチュピチュ遺跡でペルー


 【リマ25日共同】ペルー政府は25日までに、同国南部にあるインカ帝国時代(15-16世紀)の代表的な都市遺跡マチュピチュから、100年近く前に米国の考古学者が発掘して持ち帰ったミイラや人骨、陶器類など約5000点の文化財を返還するよう、米エール大学に文書で通告した。受け入れられなければ提訴するとしている。
 マチュピチュ遺跡はスペイン人の侵略でインカ帝国が滅びた1532年以降、存在が忘れられていたが、同大のビンガム氏が1911年に発見した。
 ペルー外務省によると、当時の政府は11-14年にビンガム氏に対し、マチュピチュで見つかった文化財を一時的に国外へ持ち出す許可を与えた。文化財はエール大に運ばれたが、返還されなかった。AP通信によると、同大の広報担当者は「双方が満足できる解決策を話し合っている」としている。
(共同通信) - 12月25日17時25分更新


こういうことがあると今度は、エジプトあたりが同じことを言い始めるんじゃないだろうかと思う。ヨーロッパ諸国の研究者が色々持って帰っているのは事実で、許可なく勝手に持って行ったのも中にはあるだろう。文化財はその国の財産であり、政治力が強いからといって、お前の物は俺の物的なジャイアニズムはあってはいけない。自分の研究さえできれば周囲のことは気にしないという偏執的な研究者もいるだろうが、ちゃんとモラルを持って研究してもらいたいものだね。
それとは少し違うが、あるところに土師器や須恵器のかけらがゴロゴロ落ちていて拾い放題な場所がある。そこから少々遺物を拝借してきたことがあるけど、個人でそんなもの持っていても何になるでもなく、部屋に片隅に追いやられて今はどこに行ったのやら…

« フィギュアスケートのこと | HOME |  夢を見た »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/20-36c986c4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。