スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車が遅れた

2006–06–19 (Mon) 22:40
JRの山陰線に乗り、京都駅で奈良線に乗り換える。京都駅を朝の8:08に出発する奈良行き区間快速がいつも利用する列車だ。
京都駅の奈良線ホームに辿り着く時刻は、いつもだと大体8:02前後。今日はたまたま山陰線で1本早い列車に乗れたので、7:52ぐらいに奈良線のある10番ホームへとやってこれた。
乗り換えのための連絡通路を歩いているときから、何か様子が変なのは気付いていたんだけど、10番ホームまで来たとき、構内アナウンスを聞いてようやく事態が理解できた。
「奈良線は、桃山と六地蔵の間で人身事故が発生したため、運転を一時見合わせております」
まいった。これは困った。すぐ動くようになるんだろうかとアナウンスに耳を傾けていると、
「8:30過ぎには運転を再開する予定です」
と言われ、なんとか遅刻の量を最小限に抑えることができそうだと(それでも遅刻することには変わりないけど)、そのまま待つことにした。
しばらく動くことのない車内に入り、ガランとした座席に座って本を読みながら待つ。待つ。待つ。
本もだいぶ読み進んでしまって、まだかなあと時計を見ると8:40。半過ぎてるやん。ちょうどその頃から動かない車内にも人が増えてきて、いつもの倍ぐらいの乗車率になった。この人の増え様は、ひょっとして運転再開のお知らせでもあったのかなと思い安堵したものの、列車は一向に出発する気配がない。
結局、9:02になってようやく運転が再開した。完全に遅刻やん。しかも、区間快速の列車だったはずが各停に変更され、その上、駅に停まるたびに対向列車を待ち合わせますとかいってたっぷりと停車時間をとるため、いつも20分で行く宇治までの道のりが35分ぐらいかかってしまった。
まったく迷惑な人身事故だ。

 19日午前7時40分ごろ、京都市伏見区桃山町大津町のJR奈良線で、京都行き普通電車の運転士が、線路上にうずくまっていた女性を発見、急ブレーキをかけたが間に合わず、女性は電車にはねられて間もなく死亡した。この事故で、この電車が約1時間、現場で停車したほか、上下線18本が運休、10本が最大約1時間20分遅れ、乗客の通勤、通学客ら約1万3000人に影響が出た。伏見署が女性の身元確認を急いでいる。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006061900089&genre=C2&area=K10


亡くなった人には悪いけど、こんな傍迷惑な死に方は最低だと思う。未だに身元が判明していないのかどうか詳しいことはわからないけど、事故だとしたらあまりにも不注意が過ぎるし、自殺だとしたら未来永劫浮かばれなくなっても仕方ないだろう。
にしてもだ。気になるのは「桃山町大津町」という事故現場の住所だ。
地図を見る限り、そこは踏切などない、ただの傾斜地(崖下?)なのだ。
なぜそんなところに人がうずくまっていたのか。自殺か、酔って寝てたか、ぐらいしか思い付かないんだけど実際はどうなんだろうか。

結局今日は50分ほどの遅刻をしてしまったわけだが、京都駅で運転再開を待たずに、さっと駅を出て京阪七条駅を目指して行ったらどうなっていたのだろうか(京阪東福寺を目指すという手もあるが、そっちのほうはあまり道を知らないので却下)。
JR京都から京阪七条までは歩いて約20分。早足で歩いて15分といったところだろうか。
7:52に奈良線が動いてないことに気付いてすぐ京阪に向かったとすると、うまくいけば七条駅を8:14に出る特急に乗れる。中書島で乗り換えて京阪宇治に着くのが8:43。JRと京阪の宇治駅が全然違う場所にあることを考慮に入れても、10分弱の遅刻で済むではないか。
8:14に乗れなかっても、8:27の特急に乗れば、京阪宇治には8:52に着くので、やはりJRの運転再開を待っていたよりも圧倒的に早く着くことになる。
うーん、これは今後の教訓ですな。
追記:2006-06-28
今頃になってこの続報に気付いたのですが、

京都・伏見区のJR事故:死亡女性の身元判明 /京都

 伏見区桃山町大津町のJR奈良線で19日朝、電車と接触し死亡した女性は、同区東奉行町の無職の女性(79)と判明した。伏見署の調べでは、女性は認知症を患っており、一緒に暮らしていた長男(55)に「死にたい」などと漏らしていたという。【石川勝義】

6月20日朝刊(毎日新聞) - 6月20日17時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060620-00000288-mailo-l26


ふーむ。認知症患者によるぼんやりとした自殺ですか。
いつもここを通ってるんですが、花束一つ供えられていないのはどういうことでしょう。電車の中からは見えないところに、ひっそりと供えてあるのでしょうか。
ともかく、家族の人にもっとしっかり看ていてほしかった。死にたいと言ってたとしても、そんなに簡単に死なせちゃいかんですよ。本人も家族も、そりゃ大変だとは思うけどさ。

« たまにはサッカーも見る | HOME |  キラーホーネット »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/207-e53ff92c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。