スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋場所十四日目、決まる

2006–07–22 (Sat) 23:56
いよいよ大詰め。まだ梅雨明けは来ない。

オープニング

午後3時5分、NHK総合の放送が始まる。
先場所から導入された小洒落たオープニング。続いて賜杯の映像、朝青龍場所入りの様子と映像が続く。
その間、土俵の上では上林-若兎馬戦が行われていた。画面が切り替わったときには既に取組は終了。VTRで振り返るという形になってしまった。
こういうときはさ、用意したオープニングは後回しにして、土俵上の取組を優先して映すべきだと思うんですけどね。しかも1時台からずっと見ているBSの視聴者も、同じように地上波のオープニングを見せられたらしいし。たまんないよね。

寶智山

駿傑を押し出して(ちょっと同体くさかったけど、物言いは無し)2敗を守り、十両優勝を決める。
ちょっと前まで幕下上位でうろうろしてなかなか十両に上がれず、放置山なんて言われていた力士とは思えない。来場所の新入幕は間違いない。今場所新入幕だった大真鶴は散々な成績になってしまったけど、一気に地力を増してきての十両優勝だとすると、今後が楽しみなのですがどうなるでしょうか。

連勝連敗

そういやちょっと前まで隆乃若が十両優勝争いのトップを走っていたよなあ、と思い出した。
今日は負けて8勝6敗。えっ、そんなに負けが込んでるってどうしたのよと思ったら、
 隆乃若○○○○○○○○●●●●●●
8連勝後6連敗だって。幕下陥落さえ避けることができたら、あとはどうでもいいってことなのか。
そういや皇牙も最初連勝していたのに、
 皇牙○○○○○○●●●●●●●●
と負け越し決定。こっちは取り口を覚えられてきたってことだろうか。そうなると小さい体では辛いものがある。
ちなみに栃東は、今日も負けてこうなった。
 栃東○○○○○○○□●●●●●●

マイクと映像

今日はマイクが観客の声をやたらと拾っていたような気がする。今場所ずっとこうだったっけ。
「ビールいかがっすか~」という売子の声が聞こえてきたのは驚いたし、玉乃島に対して「た~まちゃ~ん」という声援が聞こえてきたのも可笑しかった。
もひとつ、今日はやたらとお客さんを映す場面も多かった気がする。それも若い女性の映像が多かった気がする。
カメラマン(というかスイッチャー?)の趣味なのかな。

映像といえば、今日の幕内土俵入りは何だ!
引きの映像と上半身だけの映像。天井カメラから誰もいない土俵の中央を映してみたり、珍しいアングルばっかり。いつものような、紹介に合わせて一人一人が土俵に上がるシーンは、ほとんど映してくれない。
せっかくの化粧回しを見せてくれないとはどういうことだ。
今日のカメラマン(というかディレクター?)の趣味はようわからん。

dorujiyusyotable.jpg

朝青龍の優勝を振り返る

過去に16回ある朝青龍の優勝。初優勝以来、2場所続けて優勝を逃したことがないということを、表を使って画面で説明していたんだけど、これがわかりづらい。
最初画面に現れたとき、何を意味している表なのか訳がわからなかった。藤井アナの説明を聞いて、あっそういうことかとようやく理解できた。
ここでは敢えて説明しないけど、じっくり見ればわかりますw

●豊真将-豊ノ島○

とにかく低い低い。立ち合いから低い体勢でぶつかり、頭四つから手四つ。動きが止まったまま時間が経過する。
最後は豊真将が動いた瞬間に、豊ノ島が下から押し上げてまわしを掴むとそのまま寄り切った。
豊真将はこないだも長い相撲を取っていたし、力は付いてるはずなのに、このじれったさは何なのだろう。
解説の尾車さんと千田川さんの話を聞いてわかった。守りの力はあるのに、攻めの力がないのだ。静止摩擦係数は高いのに運動摩擦係数は低いのだ。攻め手のバリエーションが少ないと言ってもいい。これからの課題だね。
このままでは、琴ノ若のいない今、ミスター1分を継ぐことになってしまうよ。

○北桜-嘉風●

嘉風応援団が凄い。黄色い声援から野太い声援まで、たくさんの声がマイクに拾われる。
画面には「大分県佐伯市出身 頑張れ!嘉風 身内一同」という横断幕が映る。どうやら従兄弟が来ているようだ。
その横断幕、後ろのお客さんの邪魔だよと思ったけど、最後列だったので別に構わないのか。
相撲は、いかにもこの二人らしい激しい相撲。突き合いになったかと思えば嘉風がまわしを掴んで振り回し、途中北桜が足も飛ばしつつ、また突き合いから北桜がまわしを掴むと、赤房下に寄り倒した。
北桜は勝ったあとに嘉風のお尻と肩をポーンと2度叩いて、健闘を讃えるか激励をするかのような仕草を見せる。面白かった。
しかしあれだ。嘉風は突っ張りが軽すぎるんだな。スピードがあるのはいいとして、相手に当たっていても全然効いてない。師匠である尾車さんは解説席で、まわしを取って振り回すのが良くないと言っている。どちらも体が小さいことがネックになっている模様。

●栃乃花-時天空○

右四つから突き合いになり、最後は時天空がうまく引き落として勝つのだが、引いたときに時天空が相手の髷を掴んでいるように見えた。
おい、物言い! と思ったけど、物言いは無し。あれー?
天井カメラからの映像で取組を振り返る。うーむ、掴んでいるように見えたけど、頭のあたりを押さえているだけか。チェッ(←おい)。
これで時天空は10勝目。いつの間にかたくさん勝ってた。

正直クオリティ

高見盛vs十文字、人気力士同士の対決。仕切りのときから声援が凄い。
立ち合い。木村正直の大きな声が響く。
「手を付いてぇ。なーかっ! あーまだまだまだ」
明らかに高見盛が突っかけてるのに、「なーかったー」と言いかけてしまうところが正直クオリティ。
そういや正直って「はっけよい」を言わないんだね。光之助も言わなかったけど、言わないのって少数派だよねえ多分。まあでも個性があってよろしい。
相撲は、右四つ得意なはずの高見盛が自ら左四つに組みに行って、寄り切りの勝ち。高見盛の右四つ得意はみんなに見破られていて、なかなかその体勢に組ませてもらえないので、最近はわざと左四つに組むのだそうだ。ちゃんと考えているんだー。

悪いのはどっち

出島vs玉乃島。わずかながら優勝の可能性も残す(限りなくゼロに近いけど)玉乃島の登場に、笑いを誘う「た~まちゃ~ん」という声援はあったものの館内は比較的静か。
相撲はそれを象徴するかのように、出島が変化一閃。一瞬の叩き込みで勝利する。出る出るならぬ「変わる変わる出島」だ。
ばったりと前に落ちた玉乃島は、恨めしそうな表情で出島を睨む。そりゃないだろ~とでも言いたそうだ。花道を引き上げるときにも振り返って見て、憤懣やる方ないといったところ。今場所絶好調だっただけに余計に悔やしいのだろう。一方出島は涼しい顔で勝ち名乗りを受ける。
一歩間違えれば、この前の千代大海-露鵬のようなことになりかねないところだったけど、どうにか堪えた。とはいえやはり、土俵上で睨んだりするのは良くない。
しかし出島も、安易な叩きは褒められたもんじゃない。それでも元大関か? プライドはないんか? という感じだ。それにそういう相撲はお客さんに失礼だ。
でもでも、その安易な叩きを簡単に喰ってしまう玉乃島もダメだ。立ち合いで相手を全く見ていない。冷静な立ち合いをすれば、ばったり落ちるのは防げるのだ。
放送席では玉乃島(・A・)イクナイ!! という論調に終始し、睨むのは美しくないなんて言っていたけど、それを言ったら変化こそ美しくないよなとも思ってしまうのだ。
ま、どっちも美しくない。ということで。

○把瑠都-玉春日●

把瑠都にしては珍しい取り口。小股掬い。
立ち合いから把瑠都の出足を組み止めた時点で、玉春日のほうが有利なんじゃないかなと一瞬思ったんだけど、把瑠都が頭を付けると、上手を引きながら器用にも足を取って、小股掬いで勝った。
こんな器用な取り方もできるんだねえ。怪力だけじゃないんだ。
把瑠都は小股掬いという決まり手を知らなかったらしい。でも尾上親方からこういった取り口だけは教えられてたみたいで、まあ器用なんだね。

●白露山-琴奨菊○

ここまで2勝11敗同士の両者とは思えない熱戦。
がっぷり四つから琴奨菊ががぶって寄り立てると、土俵際白露山は反り身になって残す。再び土俵中央から琴奨菊が寄ると、今度はたまらず、上手を切られた白露山が土俵を割った。
これで琴奨菊は3勝目。もっと勝ってたような気がするんだけど、3勝しかしてなかったんだねえ。来場所出直しだわね。

○稀勢の里-露鵬●

キセノン勝ち越しキタ━━(゚∀゚)━━!!
一度は土俵際まで詰め寄られるものの、残して土俵中央でがっぷり四つ。下手投げで揺さぶってからその流れで寄り切って稀勢の里の勝ち。
これまた力の入った熱戦だった。露鵬も例の一件があってから益々いい相撲を取るようになったねえ。このまま引かない相撲を取り続けていってほしい。
キセノンは2勝6敗からの6連勝で勝ち越し。6敗とはいっても、番付が下の力士には負けてないんだから大したもんだ。もうこのまま三役定着だろう。と言ってしまうのは早すぎ?

●魁皇-白鵬○

白鵬が左上手からの上手投げ。上手投げの際、魁皇の首を右手で押さえつけて、時計回りにくるっと半回転しながらの投げ。ウルフスペシャルみたいだ。
左上手取るには取ったんだけど、取り方に今までのような切れがない。危っかしいというわけではないんだけど、ちょっともたもたしながら突っ張ってみたり、やっぱりプレッシャーかかってるのかなあ。
まあしかし、勝って12勝。明日のドルジ戦に勝てば綱張ってもいいんじゃないかな。理事長もこう言ってるし。

北の湖理事長(元横綱)は「千秋楽で勝てば13勝だ。ここ4場所で13勝を切ったことがない。最近ではないことだ。この安定感は評価すべき」と言った。
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/f-sp-tp3-20060722-64490.html


朝青龍は優勝決めたあとでも手を抜くようなそんな腑抜けた横綱ではないし、優勝は無くなったけど、明日もっとプレッシャーのかかる真剣勝負の一番で決めてほしいもんだ。

脅迫

 大相撲の大関琴欧州を脅迫する電話が名古屋場所14日目(22日)に日本相撲協会にかかってきたことが分かった。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は「今日の昼くらいに脅迫電話があったみたい。部屋にはかかってきてません」と話した。
 琴欧州がいる西の支度部屋では2人の警察官が警備に当たった。琴欧州は「びっくりした。(相撲に)集中できるわけないよ」と困惑していた。
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/f-sp-tp3-20060722-64531.html


工エエェェ(´д`)ェェエエ工 なんだよそれ!
琴欧州を脅迫して何を企んでるんだ? というか何の得があるんだ?
6勝7敗で負け越しの危機にはあるけど、今日が普天王で明日が栃東。ある意味楽な相手で、勝ち越しは見えている。その琴欧州に何を脅迫するのか。ケガが良くならずに勝ち越すのが精一杯の大関を困らすんじゃないよ。
今日の相撲、普天王がバタバタだったのに助けられたような感じだけど、勝てて良かった。
普天王はといえば、今日で負け越し。ここまで横綱大関戦がなかったにも関わらず、この成績。ちょっと前まで大関を期待される力士だったんだけどなあ。勝った日にはブログに写真をアップしますという約束を守らなくなってから、調子は下降線。だからやっぱり勝った日には面白画像を載せるように。

朝青龍優勝

千代大海が何もできないまま、あっさりとまわしを取る。そうなったら番狂わせなどあり得るはずもなく、万全の相撲で朝青龍が寄り切り。
なんともあっけない幕切れだけど、ただでさえ分が悪い千代大海が膝を痛めているんだからどうしようもない。
14連勝で優勝を決めて何故か座布団が舞う愛知県体育館。番狂わせでも何でもないのに、こういうのって恥ずかしい。しかもテレビ画面でははっきりと投げた人が獲らえられていた。情けないねえ。

優勝インタビューがイイ!
朝青龍も嬉しそうだけど、インタビュアーの岩佐アナも嬉しそうだ。
ケガがあって毎日辛かったと素直に述べる。それがあったから頑張れた。途中から横綱がだんだんと涙目になっていって、見ているこっちも目が潤んでくる。
ナーダムの相撲大会で優勝した兄のスミヤバサルさんにモンゴル語で何やら声をかける。そのときだけ笑顔に戻り、インタビューの最後では汗を拭くふりをして涙をぬぐう。ドルジってかわいい。
明日は全勝なるか、それとも白鵬が綱を引き寄せるか。
優勝が決まった後でも興味を持たせてくれる。

« 何かを発掘中 | HOME |  衝動買い »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「平成18年度名古屋場所~十四日目」

朝青龍が17回目の優勝。○朝青龍×千代大海●大海では相撲になりません。○白鵬×魁皇●魁皇との力の差がを感じますね。白鵬は今場所逃すかも知れませんが、なんとか明日朝青龍を下して13勝2敗でいきたいです。  …

「終わる前から朝青龍」

 14日目ともなると、いよいよ日誌のタイトルも苦しくなってくる(笑)。毎日変える必要はないのだが、一度付けると毎日付けたくなるのが人情と言うもの。 ただし、タイトルを毎日変えると、何日目の記事だか分からないのが困りもの。その時の思いつきで決めているので、「  …

「朝青龍、復活のV」

愛知県体育館で行われている大相撲名古屋場所は14日目の22日、東横綱朝青龍25=  …

「名古屋場所十四日目」

幕内では朝青龍関が、十両では寶智山関がそれぞれ優勝を決めました。しかし、白鵬関、雅山関、7勝の力士たちと、千秋楽は千秋楽で勝敗の行方が気になる一番が結構あります。○豊ノ島 - ●豊真将(7/22 NHK「大相撲中継」より)両者頭をつけて動きが止まった後、先に上手  …

「客席に小林旭似のマイトガイが……名古屋場所14日目」

<十両>隆乃若-鶴竜今日はちゃんと先に手をついて立った隆乃若が踏み込んで出るが、鶴竜がいなして後ろにまわり込む。隆乃若は土俵際で向き直すがその次の一歩が出ずに押し出されました。ろ…6連敗_| ̄|○……でも  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/236-3dd8a5a5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。