スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星降格クル━━(゚∀゚)━━!! かも

2006–08–23 (Wed) 20:30
国際天文学連合(IAU)が、この前発表した惑星を増やす案を受けて、今度は惑星の数を減らして8つとするという修正案を出してきました。

22日の総会では小惑星「セレス(ケレス)」、冥王星の衛星「カロン」を惑星に昇格させるとした当初の案への反対が続出。ほかの惑星に比べて大きさや軌道面の点で異質である冥王星を惑星としてきたことに反発する声も出された。

こうした意見を受け、定義案を作成する同連合評議委員会は「12個」案を撤回。新たに〈1〉自分の重力で球形になったもの〈2〉その軌道領域で主要な天体であること――などを惑星とする新定義案で最終調整に乗り出した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060823it04.htm


冥王星の軌道周辺には似たような大きさの天体がいくつもあり、また冥王星の軌道が海王星の軌道と一部重なっていることもあり、〈2〉の定義によって冥王星は惑星ではなくなります。
これもまだ案の段階であり確定ではありませんが、やっとまともな定義が出てきたなという感じですね。
前回の定義案のままだと惑星の数は12個に留まらず、あっという間に20個30個、今後の発見次第では数年で100個ぐらいになることも予想され、「まるで惑星のバーゲンセールや」といった状況になりかねませんでした。
よく言われていたことですが、どうしても冥王星を惑星に留まらせておきたいという政治的思惑が絡んだ定義案だったわけです。さすがに今回の案では、科学者としての理性が勝ったんだと言ってもいいでしょう(いいのか?)。

そうは言っても、今回の定義案には曖昧な部分がまだ残っています。
〈2〉その軌道領域で主要な天体であることだそうですが、"主要な天体"というのがよく分かりません。二重惑星は認められないの? だとか、セドナのような特異な軌道を持ってそこそこ大きい天体は"その軌道領域で主要"と言ってもいいの? だとか、はっきりしません。
このあたり、きっぱりと定義を決めてほしいところです。

1930年の発見以来76年間惑星の地位を守ってきた冥王星ですが、とうとう小惑星に格下げされてしまいそうです。
小惑星のセレス(ケレス)も、発見当初(1801年1月1日=19世紀最初の日に発見)は惑星と分類されていたそうです。しかし後に、同じように小さくて似た軌道の天体がいくつも発見され、小惑星として再分類されたということだそうですから、それと似たような経緯を辿るということになりますね。
そもそもなぜ、たいして大きくもない冥王星が惑星とされてきたかというと、発見当初は地球ぐらいの大きさがあるとされていたからです。その後観測技術が向上するにつれ段々と小さくなっていき、遂に月の3分の2ほどの大きさになったところでほぼ確定しました。確かに自分が小さい頃は、火星よりちょっと小さいぐらいの大きさと習ったような記憶があります。

さてこうなると、かわいそうなのはニューホライズンズです。未探査の惑星を探査するため、7ヶ月前に打ち上げられたばかりです。
"惑星探査機"の冠号が消えてしまうと少々印象が弱くなってしまいます。それでもエッジワースカイパーベルト天体を(冥王星だけではなくて、他にもいくつか)探査するという意義は十分あるわけですが。
逆に喜んでいるのはホルストでしょうか。組曲「惑星」は海王星までしかありませんからね。

ともかく、これで惑星の定義に関する議論もかなり落ち着くのではないでしょうか。
しかし大胆なことを言えば、惑星は木星、土星、天王星、海王星の4つだけとしてしまえば、もっとすっきりとして分かりやすいんですよね。恒星の周りを周回する天体を、(1)主にガスからなる天体、(2)主に岩石からなる天体、(3)主に氷からなる天体に分けて、(1)だけを惑星にしてしまうわけです。
大きさとか軌道要素は関係なく、ガス天体(褐色矮星なんかも含めて)だけが惑星。それ以外は小惑星。太陽系外のことを考えても分かりやすいと思うんですが、どうでしょう。

なんか、しょこたんも喜んでるしw
http://yaplog.jp/strawberry2/archive/9379

追記:2006-08-25
そして決まりました。
http://gito2.blog39.fc2.com/blog-entry-263.html

« 誰かが引退 | HOME |  惑星は8つだけキタ━━(゚∀゚)━━!! »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「どうなる?冥王星」

世の中に無神経ほど強いものはない。ブログランキング大変動中↑TOP10入りしました。ありがとうございます。 継続こそ力なり・・・まだ小学校に行く前、ベランダから父と兄と3人で星を見ていました。あの星は見えるか?流れ星かと思ったら飛行機だった....  …

「惑星占い」

惑星占いは太陽系の惑星にたとえて占います。  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/262-2a60626c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。