スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らくがき寺

2006–09–03 (Sun) 00:47
落書きといえば普通は、「けしからん!」と言われるような行為なわけですが、その落書きを推奨というか、落書きできることを売り物にしているお寺があるというので行ってきました。

rakugakidera1.jpg京阪八幡市駅から徒歩10分ほどの、昔ながらの住宅地の中にある単伝庵がそのお寺。
細い路地を通っていくと、突然立派な山門が見えてきます。
拝観可能な時間は、土・日・月曜の9時~15時だけだそうで、時間の都合でちょっと駆け足の拝観になってしまいました。

rakugakidera3.jpg境内に入って正面奥に見える大黒堂が、その落書きのできるお堂です。
苔むした境内を飛び石伝いに歩き、寺務所の案内に従って中に入って拝観料(100円+らくがき料300円)を賽銭箱に納めます。
落書きとはいっても大黒様に聞いてもらう願い事が中心で、便所の落書きのような「右を見よ→左を見よ→後ろを見よ→アホが見~る~」などといったものはありません。いわば、壁に直接書く絵馬のようなものです。
あと落書きは、堂内の壁にのみ書くことができ、柱とか本尊の大黒様とかには書くことができません。

rakugakidera2.jpgんなわけで、私も書いてきました。もう腰痛はこりごりだ、と。
他人様の絵馬を眺めていると面白いのと同じように、ここでも他の人の落書きを見ているとかなり面白いです。中でも、「世界一になりたい」という落書きの隣に、「↓この人が世界一になりますように」と書かれた落書きは、なかなかセンスがあるなと感心しました。
落書きを見ていると、日本語だけではなく英語やドイツ語もあったりして、外国の人にも知られているらくがき寺、只者じゃないなと思いました。
なおこの落書きのされた壁は、毎年大晦日に塗り替えられるそうです。

« 笑う紫式部 | HOME |  FF3、九日目 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/271-aa16de32

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。