スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリスたん(*´Д`*)ハァハァ

2006–09–15 (Fri) 21:18
今までは主に仮符号で呼ばれていた矮惑星、2003 UB313に名前が付きました。
皇室の悠仁親王殿下といい、名付けラッシュですね(?)

太陽系10番惑星かと注目され、その後、矮惑星に分類された「2003 UB313」とその衛星に正式な名前が与えられた。発表された名前は、それぞれ「エリス」と「ディスノミア」。名前の由来は、ギリシャ神話に出てくる不和と争い、混沌の女神だ。
http://www.astroarts.co.jp/news/2006/09/15eris_dysnomia/index-j.shtml


「エリス」という名前の響きはかわいいもんですが、混沌と争いの女神だそうです。
惑星の定義論争を巻き起こし、天文学会だけでなく市井の人までも混沌の渦に引き込んだ天体に相応しい名前といえます。
「ディスノミア」はその娘で、無法の女神だそうです。とんでもないですね。

テオポリス――ギリシア神話データベース&西洋絵画紹介」さんによる、女神エリスのかなり詳しい解説。
http://www.h6.dion.ne.jp/~em-em/page137.html

名前が決まったことで、「美少女戦士セーラームーン」に登場してくる(かもしれない)セーラーエリスの性格も見えてきそうです。
同じセーラー戦士として遠くから見守ってくれる仲間かと思いきや、飼い猫のディスノミアをうまく利用して内惑星戦士たちの和を掻き乱し、仲間割れを起こさせようと企みます。彼女は果たして何者なのか。
その実体は、悪の組織ダームキングダムが作り出したアンドロイド戦士「セーラー2003UB313」だったのです。
なんちゃって。

« 秋場所六日目、実況白崎義彦 | HOME |  秋場所七日目、はやーい »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「悠仁親王」

悠仁親王情報満載です!  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/286-6090007f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。