スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリリンが漫画に登場

2006–11–01 (Wed) 21:05
このニュースを目にしたとき、すげーと思うよりも前に思わず笑ってしまったのは何故でしょう。マリリンのキャラクターのせいなんでしょうか。
これは読みたいっす。

 トリノ五輪カーリング女子日本代表の本橋麻里(20=青森明の星短大)が漫画の主人公になる。「マリリン」の成長を描いた「本橋麻里物語」が、月刊少年ジャンプ1月号(集英社・12月6日発売)に70ページの読み切りで掲載されることが10月31日、分かった。
 同誌が現在掲載中のアスリート特集第4作。フリースタイルスキー・モーグルの上村愛子、トリノ五輪フィギュア女子金メダルの荒川静香、サッカーの中村俊輔という豪華な顔ぶれに続いての登場だ。本橋は依頼を受けると「ぜひ協力したい」と即答したという。
http://www.nikkansports.com/sports/p-sp-tp0-20061101-111234.html


上村愛子、荒川静香、中村俊輔に肩と並べることになる本橋さんですが、彼女に前3人のようなドラマ性ってあるんでしょうか。詳しいことは知りませんが、カーリング界のエリート街道を走ってきたような選手ですからねえ。
まあ苦労や挫折があっても、それを表に出さずに笑顔を振り撒くようなタイプにも見えるので、きっと人知れないドラマがあるんでしょう。

ていうかね、現在も活躍している人の苦労話って、あまり読みたいとか聞きたいとか思わないんですよね。そういうのを読んで、その人を見る目が変わっちゃうのが嫌なんで。
だから「上村愛子物語」とかあっても絶対読みたくない。引退してからしばらく経って、それからこっそり読んで一人でさめざめ泣く。そういうのだったら読んでもいい。
マリリンの物語がどういう展開なんだかわかりませんが、変に浮き沈みの激しいドラマがあるより、エリート街道をずんずん進む話のほうが、読んで楽しいものになるのかもしれません。

掲載雑誌、月刊少年ジャンプねえ。20年近く前に何回か買ったことがあるような気もしますが、覚えてませんねえ。
この歳になって買うのは勇気が要るなあw

« 100万人のFC2 | HOME |  ポケモン、三十五日目 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「 カー娘マリリンが漫画になる」

トリノ五輪カーリング女子日本代表の本橋麻里(20=青森明の星短大)が漫画の主人公になる。「マリリン」の成長を描いた「本橋麻里物語」が、月刊少年ジャンプ1月号(集英社・12月6日発売)に70ページの読み切りで掲載されることが10月31日、分かった。 同誌が  …

「中田英寿の恋人?白雪が出ている映像」

荒川静香さんに似ている記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問ください。尚、トラックバックは大歓迎です!  …

「西洋占星術でマリリンこと本橋麻里さんを占いました」

西洋 占星術 でみるポスト井川遥? ポストガッツ石松? ボケトークに期待?  …

「ジャンプの感想って面白い 週刊少年ジャンプ感想覗き隊」

2006年末、アタイは週刊少年ジャンプを買いました。ジャンプの感想を綴るサイト。  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/323-15ce6a01

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。