スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咳をしながら相撲を見る

2006–01–10 (Tue) 22:27
まだ風邪が治んない。ゴミ箱の中がティッシュで一杯。

行司・木村一童が休場

昨日の土俵で転倒したときにケガを負ったのが原因らしい。
昨日は画像を貼ったりして面白おかしく書いてしまったけど、早く良くなってほしい。3月で65歳を迎える一童は、今場所が定年前最後の土俵だ。昨日の転倒が最後の土俵になってしまったりしたらあまりに不憫だ。
休場する行司さんが出ると、他の行司が遅い時間に繰り上がって取組を裁くことになる。幕内格行司ではあるがいつもなら十両の土俵に出てくる式守錦太夫が、今日は幕内の土俵に登場した。独特の甲高い声を幕内で聞くと、なんとも新鮮だった。

元関脇・追風海の引退会見

引退昨日引退を発表して、今日はその会見があった。
TVで見ていると、目を真っ赤に腫らして涙を流しながら、実に悔しそうに語っていたのが印象的だった。まだ30歳。ケガの多いお相撲さんだった。どうやら学生時代に傷めた首の古傷が悪化して、もう限界ってことになったらしい。引退後は相撲協会には残らず治療に専念するということだ。ケガさえなければ、という思いも当然あったのだろう。
幕内の中位あたりで、それほど小兵ではないのだが、ちょこまかと動き回って相手を撹乱する相撲という印象が強い。失礼ながら関脇まで上っていたということは全く覚えていなかったけど、お客さんを喜ばせる相撲を取ってくれた力士だった。あの舞の海も真っ青の八艘飛びがもう見られないのは寂しい。
goo大相撲の星取表を見ると、まだちょっぴり引退を躊躇しているような印象を受けて、笑ってしまうのだが。

今日の一番

●琴光喜-露鵬○
露鵬ってこんなに強かったっけ? そう思ってしまうぐらいの圧勝。琴光喜も昨日まで連勝していて調子は上々のはずなのに、豪快な上手投げをあっさり決めてしまう露鵬。そりゃ行司の勝ち名乗りも「ホッホー!」って言ってしまうよ。そりゃラジオ解説の北の富士勝昭も「近くで見たら顔が恐い」って言ってしまうよ。明日の栃東戦が楽しみだ。
昨日の黒海といい、今東欧勢が調子付いてる。いいことだ。

« 鼻水すすりながら相撲を見る | HOME |  世紀の一番を放送 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「初場所・3日目」

海鵬勝ったぁ~♪豊真将負けたぁ~。里山と猛虎浪の新十両対決は里山の勝ち。  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/38-7b9c8cb5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。