スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年初場所十二日目、しょうまりゅう優勝記念

2007–01–18 (Thu) 20:38
早くも優勝が決まりました。

美濃加茂市加茂野町の加茂野保育園(酒向真奈美園長)で17日、園児約170人が参加して相撲大会「加茂野場所」が開かれた。
(略)
年長組は、自分でしこ名も付けて関取になりきっていたが、優勝したのは「しょうまりゅう」。各組の優勝者は、やはり手製のトロフィーを受け取り、ガッツポーズを見せていた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/gifu/news/20070118ddlk21040147000c.html


閑話休題。
いつものように平日はラジオ聴戦。
武隈親方の解説がとても解りやすい、と判明。今まで全然気付いてなかった。声自体があまり通る声じゃないので、それでだいぶ損をしているような。

●魁皇-安馬○
魁皇は気力がないらしい。ラジオ解説の武隈親方によると、万全ではない栃東でさえちゃんと勝つ気で土俵に上がっているのに、魁皇はまるでやる気がない、と。
やっぱ、もう歳なんだろうね。15日間戦う体力が持たないから、後半になって気力も萎えてしまう、と。
がんばれと言うのは簡単だけど、そういう応援がプレッシャーになってしまう人だからねえ。難しい。
銀星の安馬は勝ち越し。インタビュールーム担当は藤井アナ。
藤井!
「触れてほしくないと思いますが」とわざわざ前置きしてから、場所前に亡くなった安馬のお父さんの話題を出す。安馬、言葉に詰まってるじゃないか。最初の一言だけでやめておけばまだいいのに、続けて「この勝ち越しは特別な思いがあるのでは」などと、ずけずけと質問をぶつける。何が「ごめんなさいね」だ。なら始めっから訊くな。ラジオだから表情は見えないけど、安馬泣いたりしてないだろうね。
いつだったか実況の日にも、触れてほしくないということですがと言いながら話題にしてたような…。
藤井アナの毒舌実況は好きだけど、今日のインタビューはさすがに無神経が過ぎる。
インタビューの最後に言った「今日はおめでとうございました」の「今日は」を強調して言っていたのも、取って付けたようで気になった。

1敗:朝青龍
2敗:豊ノ島
3敗:玉乃島

3敗が一気に3人消えちゃいましたか。
十両の優勝争いのほうは4敗で栃煌山、霜鳥、海鵬、光法の4人が並んでいる。優勝争いという意味では、こっちのほうが面白いね。

« DS | HOME |  毒を喰らわば佐川で »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「大一番に勝つ者・負ける者(初場所12日目)」

 優勝争いの行方は朝青龍と豊ノ島にほぼ絞られた。この場合豊ノ島に優勝の可能性があ  …

「大一番に勝つ者・負ける者(初場所12日目)」

 優勝争いの行方は朝青龍と豊ノ島にほぼ絞られた。この場合豊ノ島に優勝の可能性があ  …

「平成19年初場所 12日目」

ビデオデッキの巻き戻しのボタンを押す手が震えたーーーー 信じてたけど見るの怖かっ...  …

「十両の優勝争いがスゴイことになってる……初場所12日目」

○豊ノ島-高見盛●豊ノ島が踏み込み右を差し、左を巻き替え両差しになると一気に前に出る。すると高見盛の右足はもう土俵の外ッ!(゚∀゚)なのに審判がすぐに手を挙げないものだから、豊ノ島は更に寄ってトンッと押し出し。(こ  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/386-c54bd4ea

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。