スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年初場所千秋楽、かっこいいエンディング記念

2007–01–21 (Sun) 18:24
テレビをつけたら、各段優勝決定戦の途中。出遅れた。

序ノ口は巴戦を制して久之海が優勝。
序二段は体格を利して大瀬海。
三段目は小兵の加賀谷が館内を大いに沸かせる相撲。中に潜ってから豪快にすくい投げを決める。
幕下は十三日目に境澤が全勝で優勝を決めている。表彰式には初めて髷を結って登場。
十両は巴戦。三番目に豊響が栃煌山を押し出し、四番目に立ち合いの変化から豊響が霜鳥を押し出して連勝。新十両での十両優勝を決めた。

十両優勝の豊響インタビュー。
15日間取ってどうでしたか?
長かったですね。一杯一杯でした。
インタビューも一杯一杯って感じでしたね。

三段目優勝の加賀谷インタビュー。
白崎アナのほうが背が高い。
番付が落ちているけど、まだまだ終わってないぞ。まだまだ上があるぞ。と力強い受け答え。

序二段優勝の大瀬海インタビュー。
いい相撲でしたね。はぁー、ありがとうございます。はぁーそうですね。と言いながら、しきりにうなづく。
風格は十分。角界のうなづき王の称号を与えよう。

序ノ口優勝の久之海インタビュー。
ケガで番付外に落ちてから復帰してきた。
トンガから日本に来て6年ということだけど、日本語あまり上手くないね。

三賞は豊ノ島ただ一人の受賞。これは少々寂しい。
 殊勲賞:なし
 敢闘賞:豊ノ島
 技能賞:豊ノ島

中入りの特集は、朝青龍の過去20回の優勝。優勝の決まった一番を連続のVTRで。
20回の相撲の対戦相手は、千代大海8回、魁皇3回、白鵬2回、若の里2回、栃東2回、琴光喜1回、北勝力1回、琴欧洲1回。
実況アナは、吉田8回、藤井7回、刈屋4回、岩佐1回。
千代大海のすごさが際立つとともに、これからは白崎アナとか三瓶アナとかにも登場してほしい。

○玉乃島-皇司●
互いに引きあって玉乃島の勝ち。物言い。
三保ヶ関が自慢の美声で説明。髪の毛を引っぱったんではないかと物言いがつきましたが、入っておらず玉乃島の勝ちと決定いたしました。
玉乃島は10勝目。

●北勝力-栃乃花○
十両の北勝力が中入後五番目に登場。
北勝力、最初の押しで手が滑る。
勝昭「やる気が見えないね」と溜息ばかり。

○鶴竜-垣添●
つっぱりまくる垣添。回り込んで逃げる鶴竜。その二人からさらに逃げまくる木村正直。
上手く回り込めた鶴竜がまわしを掴み、吊り出しの勝ち。

○玉春日-栃乃洋●
玉春日が右からおっつけて、残すところをさらにおっつけて引き落とし。
玉春日は7連勝6連敗2連勝で9勝6敗。負けとか勝ちとかって連続するもんなんだねえ。

○春日王-豊真将●
7勝7敗同士の対戦。
差す豊真将。春日王は小手投げ、首投げ、河津掛けのコンボを見せるも豊真将が残す。しかしそこで腰が引けてしまった豊真将を、いつもとは違う左からの上手投げ。この攻防は見応えがあった。
小手投げ云々言われるけど、勝昭も勧めてたように、もう小手投げを売りにしていったらいいと思うよ。

●時天空-豪風○
豪風の強烈な左からの突きで、うしろを向いてしまった時天空。送り引き落とし。
新三役がかかる時天空だけど、負けてしまって、ブーンブーンブーンと唸って風呂に入ったという岩佐アナからの花道レポート。
ブーンブーンブーンってどんな唸り声だよw
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンってやつか?

○琴奨菊-高見盛●
万全の体勢ではなくても、とにかく出ることにした琴奨菊。それが上手く決まって寄り切りの勝ち。高見盛は負け越し。
9勝目を上げて新三役を確実にした琴奨菊。やったーよっしゃーという言葉を3回繰り返してから風呂に入ったという岩佐アナからの花道レポート。
岩佐アナは、風呂に入る前の言葉マニアだったのか。

●稀勢の里-安馬○
稀勢の里が出る。まわしが取れなかったのに急いで出たのがまずかったか、土俵際、安馬が逆転の下手投げ。勝昭が右が甘いというように、なるほど稀勢の里の右手の位置が高い。
稀勢の里は負け越し。この二人で三役入れ替わりかな。

●琴光喜-豊ノ島○
豊ノ島を中に入れないように警戒する琴光喜。頭四つから出るところを、豊ノ島が肩すかしの勝ち。
さすがに琴光喜が強いだろうと思っていたんだけど、豊ノ島もやるもんだねえ。12勝だよ。
一方琴光喜は8勝7敗。またいつもの癖が…
豊ノ島の三賞インタビュー。
来場所は上位と当たる位置まで上がります。どうですか。琴奨菊関や稀勢の里関がずっと上でやってるんで、負けてられないんで、頑張ります。
ライバルを意識し出したところが、今場所の成績につながったんだろうね。

○朝青龍-琴欧洲●
モンゴルの国家ナーダムの相撲大会で優勝1回、準優勝4回(だっけ?)を誇る、朝青龍の兄、スミヤバサルも応援に駆けつける。
低い体勢から左手一本で掬い投げ。14勝目。元旦のスピンオフで敗れた借りを返した。
出島に敗れてから12連勝で、また来場所連勝記録を伸ばしていくんだろうな。

表彰式。
下村博文は元気だな。
岩佐アナはインタビューも上手いな。20回優勝の目標を達成して、次の目標が何なのかをはっきりと横綱の口から聞き出してほしかったけど。
千代の富士のコメント。私は26歳以降で29回優勝している。そのペースでいけば朝青龍は50回近く優勝できる。このコメントにはワロタ。
ブルガリアの大使は日本語がたどたどし過ぎる。
決定戦が長引いたおかげで、しいたけまでは時間がないな。
久しぶりにかっこいいエンディング「ザ・千秋楽」が流れた。と思ったら20秒ほどで、あっという間に終了。これは寂しい。

« 平成19年初場所十四日目、優勝回数20回記念 | HOME |  平成19年春場所の番付予想をしてみました »

コメント

エンディング……

オイラも「カッコいいエンディング」に大喜びしたんですけど、
あまりの短さに拍子抜けしました……豊ノ島をもっと映そうよ……orz
まあ、巴戦がふたつもあれば仕方がないのかもしれませんが(´・ω・`)

豊ノ島と琴奨菊、来場所がもっと楽しみになりましたね☆
……ついでに是非時天空も三役に上がれるのではと、ほのかに期待∥壁∥ω'*)

今場所もありがとうございました+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

エンディング

ですよねー。
ドルジ土俵入り→○出島●朝青龍戦→玉春日のアップ→琴奨菊のアップ→○琴奨菊●魁皇戦→豊ノ島のアップ→○豊ノ島●春日王戦→○安馬●豊ノ島戦→○豊ノ島●琴光喜戦→花道を睨む朝青龍→○朝青龍●栃東戦→○朝青龍●琴欧洲戦→賜杯を抱く朝青龍→大相撲初場所、終
こんな流れで1分半ぐらいの作ってほしかったですよねー。

来場所は久しぶりに関脇が入れ替わるし、三役、平幕上位あたり面白そうです。
時天空も上がれると思うんだけど、色んな人の番付予想を見ていると、キセ残留意見と半々ぐらいですねえ。微妙。

こちらこそありがとうございましたー。
壁|-`).。oO(デジタル一眼レフ、いいなあ)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある……初場所千秋楽」

十両は栃煌山、霜鳥、豊響による巴戦。先に2連勝した力士が優勝です。まずは豊響-霜鳥。霜鳥勝利。そして霜鳥-栃煌山は栃煌山。栃煌山-豊響は豊響。豊響-霜鳥は――豊響が立ち合い変化してはたき込み。豊響新  …

「豊ノ島有終の三賞獲得(初場所千秋楽)」

 昨日朝青龍の優勝が決まり、一夜明けた今朝…こんなボケた会話が。 母「大相撲が終  …

「平幕が 4場所続けて 雷電賞」

 千秋楽。15:15より総合テレビの中継が始まったが、序ノ口優勝決定ともえ戦の初っ口から。十両もともえ戦らしい…霜鳥負けたんかい!・序ノ口 力士も行司も初々しい。滅多に行なわれないともえ戦とあってはなおさら。 まず○藤森と●舛名大。続いて○久之海・●藤森で再  …

「初場所・千秋楽」

地上波つけたらいきなり序ノ口優勝決定巴戦。舛名大、藤森、久之海の3人です。  …

「千秋楽!!」

魁皇、勝ち越し!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚アイラブりゅーじ、11敗・゚・(ノД`)・゚・。序ノ口。乾、寄り切りで5勝目(*´∀`)序二段。大魔王、なんと逆とったりで3勝目!三段目。笠洋3敗……。幕下。白石、東  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/390-31558066

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。