スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年夏場所の番付を予想してみましたよ

2007–03–29 (Thu) 02:57
春場所の千秋楽は実家で見ました。
結びの一番、優勝決定戦と、手に汗握る熱戦でしたね!
と、白々しく書くのも馬鹿らしいですが、あの変化の応酬はどうかと。
大相撲というのはスポーツである以前に興行なのですから、お客さんをがっかりさせるような相撲は取ってほしくないです。
あとかわいそうなのは、春場所限りで停年退職する行司の33代木村庄之助。最後の二番、続けて変化相撲を裁くことになってしまいました。ニンともカンとも。

では、夏場所の予想番付です。
十両昇進が発表されたあとなので、後出しじゃんけんのような恰好になってしまいましたが、時間がなかったので勘弁。

今回は(今回も)小結の予想が難しいです。
(東小結、西小結、東前頭筆頭)の組み合わせとしては、(豊真将、琴奨菊、豊ノ島)(豊ノ島、琴奨菊、豊真将)(豊真将、豊ノ島、琴奨菊)の3パターンが考えられます。悩ましいですが、近年関脇の7-8で平幕に落ちた例が少ないことと、勝ち越し点数の単純計算からは豊真将が安馬よりも上になってしまうことから、下のような予想にしました。悩ましいです。

幕内と十両の入れ換えも悩ましいです。
把瑠都、白露山、十文字が落ちる他に、春日錦、嘉風、土佐ノ海と、落ちるか落ちないか微妙な力士が3人もいます。一方上がるほうは4人でほぼ確定。
3人のうち誰を落とすか。半枚有利な春日錦と、直接対決で勝っている土佐ノ海を残すことにしました。
土佐ノ海を落として、北勝力を上げてしまうという手もあるにはあるんですけどね。

夏場所の正式な番付発表は4月25日(水)。
初日は5月13日(日)です。

予想番付
   東      西   
朝青龍横綱
白鵬大関琴欧洲
魁皇大関栃東
大関千代大海
琴光喜関脇安馬
豊真将小結琴奨菊×
豊ノ島前頭時天空×
黒海前2玉乃島
稀勢の里前3垣添
安美錦前4栃煌山
豪風前5春日王
鶴竜前6高見盛
旭天鵬前7若の里
露鵬前8出島
朝赤龍前9時津海
雅山前10栃乃洋
霜鳥前11玉春日
普天王前12皇司
里山前13栃乃花
潮丸前14岩木山
春日錦前15龍皇
寶智山前16土佐ノ海
×嘉風十両北勝力
×白露山十2豪栄道
北桜十3栃栄
海鵬十4将司
琉鵬十5駿傑
豊桜十6十文字×
豊響十7片山
白馬十8隆乃若
安壮富士十9光龍
大真鶴十10玉力道
×把瑠都十11光法
白乃波十12武州山
若ノ鵬十13旭南海
猛虎浪十14千代白鵬

« 平成19年春場所13日目、あの野郎 | HOME |  宵のうちと未明 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「平成19年5月場所番付予想……栃東は如何なるの?」

さて5月は白鵬の綱獲り場所になるわけですが、春場所の優勝があんな形(変化→引き落とし)だったので、「優勝しない限り」あたしとしてはナシです。「大海の敵討ち」―と思ったら爽快だけどそれは一時的なもので、あんな  …

「緩急と間の名立行司」

威厳と品格が溢れる第33代木村庄之助さん。…というわけで行司名鑑作成プロジェクトスタートです。まずは、今場所を最後に52年間の土俵人生に幕を下ろす私の好きな第33代木村庄之助さんです。§1.行司名第33代木村  …

「番付予想@07年夏場所」

ようやく眠れるようになってきましたが まだぼ~んやりしてます       東       西 横綱 朝青龍   - 大関 白鵬    琴欧洲     魁皇    栃東      -     千代大海 関脇 琴光喜  安馬 小結 豊真将  豊ノ島 01  琴奨菊    …

「○と●の間に」

 3月場所が終わったばかりで気が早いが、平成19年5月場所の番附を“希望”してみた。 毎場所おなじみ“原則”に沿って“希望”したものの、今場所と同様に小結が難しい。豊真将の新昇進は、まあ、確実だろう。問題は、西関脇で7番の琴奨菊と西前頭筆頭で8番の豊ノ島を入れ  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/420-ed3dba2c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。