スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵のうちと未明

2007–03–30 (Fri) 23:23
天気予報の用語から「宵のうち」という言葉が消えるらしい。

気象庁が天気予報などに用いる予報用語から、「宵のうち」が消えることになった。午後6時から同9時を指す言葉として使われてきたが、一部ではもっと遅い時間帯を表すものとして誤って理解されているため。今年秋ごろから「夜のはじめごろ」に切り替える。
http://www.asahi.com/life/update/0329/014.html

わかりやすくするためということだけど、「宵」ってそんなに難しい言葉だろうか。
宵の明星、明けの明星という言葉を知っていれば、日が暮れて間もない頃だなとわかりそうなもんだけど。
気象庁のサイトも見てみた。

午前3時頃まで午前0時から午前3時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「未明」に変更します。
朝のうち午前6時頃から午前9時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「朝」に変更します。
宵のうち18時頃から21時頃まで。別図 参照。
注)準備期間をおいて「夜のはじめ頃」に変更します。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/toki.html

"時に関する用語"のうち、この3つの言葉を変更するようだ。
「宵のうち」は無くしておいて、「未明」という言葉を新たに使い始めるらしい。
宵よりも未明のほうが、わかりにくいんじゃないかという気がする。
ニュースなどで聞かれる「今日未明」の場合、午前1時とか2時とかそのあたりの時間を指すことが多いようだけど、自分の場合「未明」というと、午前3時とか4時とかそのあたりの時間を指しているような感覚がある。自分の語感覚がおかしいのか。おかしいんだろうなあ、きっと。

広辞苑には、

 みめい【未明】夜がまだすっかり明けきらない時。

とあって、深夜帯なのか、夜明けが近い時間帯なのか判然としない。
天気予報の用語で午前3時~6時頃を指す言葉が「明け方」なので、それと対比すれば、ああ未明のほうが深夜に近い時間だなとわかるんだけど、やっぱり紛らわしいと思う。
わかりやすい用語に改善するのなら、ちゃんとわかりやすい用語にしてほしいですよ。
いっそのこと「丑の刻」とかにしてみてはどうか。それもわかりにくいか。

« 平成19年夏場所の番付を予想してみましたよ | HOME |  ぬるぽ »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/421-eb283e84

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。