スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大西洋を泳いで渡ろうとしているのは誰だ

2007–04–04 (Wed) 21:11
ここ1週間ばかり、何かと世間を賑わせている「大西洋を泳いで渡る」について。
google map の経路検索で、アメリカとヨーロッパの間の経路を検索すると、出てくる経路の途中に「大西洋を泳いで渡る」という項目が入っています。

例:ボストンからリスボンまでの経路
http://maps.google.com/maps?hl=ja&rls=ja&q=from:+boston+to:+lisbon
gm_swim2.png
左側の経路順を見ると確かに、「大西洋を泳いで渡る 3462Mi(マイル)」と書かれています。
しかも、ポルトガルまで行くのに、わざわざ遠回りしてフランスに上陸してから南下しています。かっこいいですね。
少しでも長い距離を泳いでやろうという、健康志向あるいは、自虐のようなものでしょうか。

大西洋以外も泳いで渡れるのだろうかと調べてみましたが、ニューファンドランド島とか、ミシガン湖の中の島とか、地中海のバレアレス諸島とか、ドーバー海峡とか、ことごとくフェリーを利用しているようです。太平洋に至っては経路さえ存在しません。残念。

なぜ大西洋だけ泳いで渡るのか。
それはやはり先人がいたからでしょう。
2年前、4日間でOperaが100万ダウンロードに達したら大西洋を泳いで渡ると宣言した、ノルウェーopera社のCEO、Jon S. von Tetzchner氏。結局失敗(というか冗談企画でしたが)に終わりましたが、そのときの顛末(http://www.opera.com/swim/)を見ていると結構面白いです。
これを見て、googleの中の人が刺激されて、こんな経路表示を作ったのかなあなんて想像したりしています。

近いうちに、アメリカかどこかのおバカさんが、実際に泳いで渡る姿をネットに流して、また話題になったりするのでしょうかね。
google mapの表示が、飛行機とかフェリーとかに直されるほうが先かな。

ちなみに、どこが泳いで渡れるのか調べていて気付いたんですが、google mapの経路検索では、出発地点をアメリカかイギリスにするとマイル表示になって、それ以外の国を出発地点にするとキロメートル表示になるんですね。ナイスですね。
まだ日本の経路検索はサポートされてないですけど、使えるようになったら流さの単位はぜひとも「里」とか「町」とかでお願いします。

« なんとか | HOME |  さくらさくら »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/425-a95b0745

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。