スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役死

2007–06–29 (Fri) 01:09
これはどうにも切ない。まだ番付に載ったばかりらしいじゃないか。
新潟出身といったら、同部屋の霜鳳と同郷ですね。やるせないっす。

大相撲の東序ノ口39枚目、時太山(17)=本名斉藤俊、新潟県出身、時津風部屋=が26日に愛知県犬山市の同部屋でけいこ中に体調不良を起こし急死した問題で、行政解剖が28日、新潟市の新潟大医学部法医学教室で行われた。
 愛知県警犬山署によると、全身に皮下出血やすり傷などがあり、肋骨(ろっこつ)の軟骨部分も一部骨折。外傷によるショックが原因で急性心不全を起こしたとみられるという。同署は関係者から、時太山が倒れた際の状況などを聴いている。
 遺族は同日夕「解剖結果に納得しました。これ以上、話を大きくしたくないので取材は控えてほしい。今後については、愛知県警の捜査に任せたい」とするコメントを新潟県警を通じて発表。通夜、告別式などの日程も明らかにしたくないとしている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2007062801000

 斉藤さんは相撲経験がなく、4月に入門したばかり。6月中に部屋を3度脱走し、25日に3度目の脱走から連れ戻したばかりだったという。けいこが厳しかったのでは、との問いに同親方は「普通通りのけいこで、無理はさせていない。亡くなるとは思わなかった。立派にしてやりたいと思っていたのに…」と困惑の表情を受かべ、悔やんだ。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2007062801191

当初親御さんは、行政解剖の結果次第では法的措置も検討するなどと言っていたけど、納得したのなら良かった。
どんなしごきがあったのか、どんないじめがあったのかと世間では言うだろうけど、しごきに近い稽古ってのは普通に行われていることなんで。多少のケガは当たり前です。あーでも、肋骨が折れてたってのはちょっとヒドいな。でもそれも含めて稽古中のケガです。
若い衆が脱走するというのも普通の出来事だし、そのへんを原因とした事件に仕立てようとしている某新聞は、ちょっと先走りしすぎなんじゃないだろうか。
外傷によるショックが原因で急性心不全を起こしたということなら、元々心臓あたりが弱かったのかもしれない。脱走帰りの若い衆にいつも以上に厳しい稽古をつけるということもあるみたいだから、体が耐えられなかったのかも。

相撲とは関係ないけど、自分も以前、梅雨明け間近の頃の炎天下で1日力仕事をしたときに、心臓がバクバクいって手足がビリビリ痙攣を起こし、口も利けなくなって倒れたということがあった。しばらく運動をしてなかったのに急に体を動かした、しかも暑かったということで、体がショックを受けたんだと思う。あのときはどうやって復活したんだったかな。日陰で小一時間寝かされたあと、糖分を摂れとあんぱんを無理やり喰わされたんだったかな。自分の場合は復活できて良かったけど、時太山は、なんとも無念。
想像でしかないけど、時太山の場合も、脱走しててしばらく稽古をしてなかったところに、いつも以上の激しい稽古をした、しかも暑かった、ということなんじゃないかなと思う。まだ入門したてで体も出来てないうちはあまり稽古をさせないという部屋も多いらしいけど、時津風部屋はどうだったんでしょうか。番付に応じた稽古、相撲経験に応じた稽古というのは考えて然るべきだと思います。
ともかく、親御さんもショックだろうけど、親方始め部屋の関係者もショックだろう。
親御さんや親方のコメントや様子など、テレビのニュースでも放映されてたらしいけどそれは見てないです。

ところで先日私が見た夢の中では、本場所の土俵の上で若兎馬が意識を失ってしまうんだけど、その対戦相手が時天空なんだよなあ。
時天空……時津風部屋……。
半分、いや4分の1ぐらい正夢?

« Twitter japanの怪しい日本語 | HOME |  ななぁ、はち、きゅっ »

コメント

昼のワイドショーでちらっと見たのですが 父親が 顔は隠してましたけど 泣きながら話をされてました  「あざだらけだった」「ボロボロの体になって帰ってきた」というような事でしたから たぶん昨日の行政解剖の結果が出る前のものではないかな  
相撲取りなんて 生傷が絶えない商売って気がしますし 骨折することもあるでしょう  痛みがなくて気づかなかったなんて話もたまに聞きますし 骨折をわかってて放置したわけではないでしょう  
通常の稽古がものすごーーーーく厳しいのだろうとも思います  

このニュースを読んだ瞬間 夢の話がよぎりましたよ  
不謹慎とは思いつつも ちょっとだけ(-_,- )ニヤッってしちゃいました  
ギトギトさんの体験は 熱中症だったかもしれません  ご無事で何よりでした  

そうです!

そうです。熱中症です。
昨日書いたときはこの言葉が全く思い出せなかった。
ということは、時太山が倒れたのとは原因が全然違うということじゃないですか。そもそも「外傷によるショック」というのが分かるような分からないような…。あざだらけ傷だらけだったことで、心臓に負担がかかったということなんでしょうかね。

せっかく東西に横綱が揃ったというのに、角界に暗いニュースが多いのは何とかならないものでしょうかねえ。

どうなんでしょうね

真ん中辺りに「多発外傷」について書かれてます  
http://health.goo.ne.jp/medical/read/desease/0502.html

あざなどが同時に負傷したものならば ではないですかね  
時事通信の記事では原因として絞り込んで書いてるけど 他では 可能性があるとか 直接の死因は特定できなかったとか 書かれていて 結局のところ(記者もご遺体を見てるわけではないだろうし) どれがどこまで本当かわからんですよ  

最初にこのニュースを読んだ時には 熱中症か?と思いました  

> 脱走しててしばらく稽古をしてなかったところに、いつも以上の激しい稽古をした、しかも暑かった、ということなんじゃないかなと思う。

まさに同じこと  熱中症の場合も死因としては心不全と出ることもあるし 新潟出身でこの春に入門ってことは 名古屋の暑さは初体験だろうし と  

伊勢ノ海親方が事情を聞きに行ったようで...  
また不謹慎とは思いつつ(-_,- )ニヤッ  

ありがとございます

なるほど。多発外傷とは、複数の大きなケガをしてそれが互いに悪影響を及ぼしあう、と。
それだけの外傷があったのなら、解剖したところでどれが直接の要因かなんてわからないんでしょう。ましてや、救急車が来た時点で既に心停止だったということなので、急性心不全以上のことは、確実には言えないでしょうね。死因が不明なときは心不全と発表されることが多いみたいだし。
その後いくつか記事を読んで、時津風親方の対応がちょっとヒドいなと思いました。双津龍時代のこととか全然知らないですけど、こんな人だったんだ…とがっかりです。

伊勢ノ海親方の登場には私もニヤリと。
あとはいつ大受が出てくるのかと、もう頭の中はそればっかり。

> 複数の大きなケガをしてそれが互いに悪影響を及ぼしあう

そうらしいですね  大きな怪我を(交通事故などのように)同時に負った場合のようです  
新潟大の行政解剖結果として (肋骨の軟骨骨折も含めて)単独で死亡につながる傷はなかった と書かれてるところもありましたし ほんとは大きな外傷が複数あったのか 軽傷の怪我でも複数あれば多発外傷になるのか 軽傷は同時に負ったものなのか  諸々のことがマスコミの記事からはわかりません  

> 急性心不全以上のことは、確実には言えないでしょうね。

最初の発表では 虚血性心不全と出てました  
それもあって熱中症(の脱水症状がひどくて心不全になったの)だろうと考えたのです  


ご遺族が納得したので取材は控えてくれるようにとコメントを出してるのに ワイドショーが行政解剖の結果が出る前のものらしきインタビューを流したのも ちょっと失礼じゃないかなって思ったし 
マスコミは いじめありきで記事を書いたほうがおもしろいと 心不全の原因としてショックを前面に出している気がしてなりません  

> その後いくつか記事を読んで、時津風親方の対応がちょっとヒドいなと思いました。双津龍時代のこととか全然知らないですけど、こんな人だったんだ…とがっかりです。

あらら(^^;)  私も全くお人柄は存じ上げませんけど それもかわいそうな気が...  

>マスコミは いじめありきで記事を書いたほうがおもしろいと

テレビにとっては視聴率が神様だし、週刊誌は目先の売り上げを追いかけるし、とにかく面白い方向に持ってこうとして軽くなるんですよね。
新聞は新聞で、こうあってほしいと決めた方針に沿って色をつけるし、報道を読む側がそれらのフィルターを外して読まなけらばいけないんですから、要らん努力を強いられてるような気がしますです。
親方の対応がおかしかったのも脚色だったのかな…

罪にさばきを

いろいろ書いてらっしゃいますが、「多発性外傷」でなくなったということはすなわち「リンチ」でなくなったということじゃないんですか?
死人に口なしといいますが、遺体の状況だけが全てを物語っているのであって、関係者は自分の都合のいいようにしか話しませんから、あてにはならないってことくらい分からないんですか?

>正義の味方さん

コメントありがとうございます。
多発性外傷=リンチという図式はその通りだと思います。ただそのリンチが、殺意を持つようなリンチだったのか、通常のしごきの範囲だったのか、私にはわかりません。それこそ関係者の話はあてにならないですから。そういうリンチの中身については、警察の捜査に任せるのが最善だと思います。
リンチであれば当然ですが、通常のしごきの範囲で倒れたものだとしても、部屋の管理体制は厳しく問われることになります。部屋を擁護するつもりはないです。

このエントリーについては、確実な情報があまりない中で、人の死に関して軽々しく書いてしまい、不謹慎でした。反省してます。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/477-15e8e6ce

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。