スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てもいない相撲について語る

2006–01–13 (Fri) 21:01
相撲の見れない一日のなんと味気ないことか。
一部だけはラジオで聞いたんだけど、やっぱり映像がないと寂しい。ラジオの放送席が吉田アナと北の富士氏の、通称「居酒屋コンビ」だったことがわずかな救いかな。
今日は初場所六日目だ。

ここまで全勝は3人

栃東
力強さはないけど巧さで魅せる大関。連勝を続けていても安定感があるようには見えない大関。それが栃東。
突然ケガをしたり、突然取りこぼしたりすることが多いのでなかなか優勝争いに絡めない。しかし今場所はチャンスなのではないだろうか。ドルジが1敗をしていて、それでも優勝争いではドルジ有利と見るべきだろうけど、このままリードを保って直接対決に持ち込めば久しぶりの優勝も十分ある。優勝もだけど、今年はぜひとも年間皆勤をしてほしい。去年は惜しいところで逃がしちゃったからね。
白鵬
次、大関に昇進するのはこの人で間違いない。初日初優勝は琴欧州よりも先に実現しそうと書いたけど、そのチャンスが早くも巡ってきた。そう言うのはちょっと早すぎるか。しかし安定感も出てきたし、今場所は取りこぼしをしそうな気がしない。上位対戦までこのまま突っ走ってほしい。
ところでこの人の四股名は白鵬翔だが、昔いた競走馬のハクホオショウとは関係あるのだろうか。記録の玉手箱さんのサイトの関取名鑑によると、色白と大鵬に似ていることからの命名とあるけど、下の名前は馬から採ってるんじゃないの?どうなの?
北勝力
一昨年の夏場所、ドルジの連勝を35で止めたとき以来の初日からの6連勝。ハマればトコトン強いけど、逆向きにハマればトコトン弱いお相撲さんだ。腰を割らずに手をちょんと付くだけ、しかもよくつっかける立ち合いが批判されて久しいけど、ここ数場所、かなり改善されてきているみたいだ。とはいえ、つっかけ癖は相変わらず。先場所大負けして番付が下がっているので、上位との対戦も(このまま勝ち続けない限りは)ない。本人は全勝が目標と言っている。それを達成するのがほとんど無理なのは百も承知だが、「一番一番」と決まりきった言葉しか言えないお相撲さんよりはずっと清々しい。

さて、深夜のダイジェストをじっくり見ますかね。

« ナショナル | HOME |  ギザカワイソス »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「初場所大相撲~吉凶~」

 1月13日の金曜日である。縁起が悪そうだが、13日目はいつも金曜日だから、まあ良しとしておこう。 それはともかく、6日目。 幕下。北海道出身の若天狼は初黒星、琴冠佑と錦風は初白星。上位の武蔵龍は休場。霧の若が全勝を守る。 十両。旭南海が1敗を守る。新十両の里  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/48-1d0a69ac

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。