スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギザカワイソス

2006–01–14 (Sat) 05:27
http://gito2.blog39.fc2.com/blog-entry-46.htmlを書いていて、ギザの3大ピラミッドはオリオン座の三つ星を表しているとかいう説を思い出したので、無理無理に荒っぽい検証。

まず、プラネタリウムソフトのCartes du Cielで、ギザの地における紀元前10500年6月初旬(≒たぶん春分あたり。「荒っぽい」検証なので細かいところは勘弁)午前6時の南天低空の空を描き出す。
その画像をjpgで保存する。
Google Earthで、ギザの地の航空写真の上に画像を重ね合わせる。角度と縮尺を調整。
そうしてできたのが、この画像。
ギザギザ
重ね合わせ画像上部の緑色の部分は、南の空を見たとき地平線の下になっている部分。
三つ星の横をタテに貫いている直線は、真南と天頂を結ぶ子午線。
画像右側の斜線の部分は天の川。
当時はオリオン座が、えらく地平線近くに見えていたんだなあと驚く。歳差運動の影響だ。
Google Earth上で画像を拡大するとわかるが、三つ星とピラミッドの位置関係は大体一致している。大体というのは、きっちり正確に一致しているわけではない、ということだ。
天の川の端と、ナイル川の洪水時の川岸はあまり一致しているようには見えない。洪水時の川岸ライン=砂漠と居住区域の境界線、と思っていたけど違うのかもしれない。それに、今と昔では地形も変わっている可能性もあるので、これは何とも言えない。
三つ星がピラミッドだとして、リゲルやベテルギウスやベラトリクスやサイフは何にも意味を持っていなかったのだろうか? この2つの1等星と2つの2等星の位置に何か重要な施設なり何なりがあるようには見えない。ピラミッドを三つ星に見立てたのなら、その周囲にある四辺形も何らかの形で残しておくのが普通の考え方ではないだろうか。三つ星のすぐそばにありながら、三つ星よりも明るい星が無視される理由がわからない。
ピラミッドは何もこのギザの3大ピラミッドだけではない。エジプト中に、他に何十基も存在する。ギザのピラミッドが三つ星なら、他のピラミッドは何なのだろう。例の説を言いだした人はそのあたりもちゃんと言及しているのだろうか。

荒っぽい検証のまとめ。
ギザのピラミッドとオリオン座の三つ星の配置は結構似ている。よく見つけた。
でもそれを見つけただけというのでは、ちょっと難がありすぎ。
(´・ω・)ギザカワイソス

Google Earth用 kmzファイル
kmzファイル入りフォルダ

« 見てもいない相撲について語る | HOME |  のど飴なめながら相撲を見る »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/49-7eaf8573

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。