スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年名古屋場所5日目、くるくる

2007–07–12 (Thu) 21:32
今日も終盤だけ。
話によると、前半は解説の舞の海と智乃花の掛け合いが面白かったらしいね。その二人に割って入るのが吉田アナだけになおさらだったでしょうね。

○琴光喜-時天空●
あっという間に琴光喜が時天空のバックを取って、送り出し。土俵際で時天空が一瞬粘ったせいなのか、送り出した勢いで、琴光喜が俵に足をかけたままくるりと1回転したのが面白かった。

○魁皇-安馬●
一瞬魁皇が遅れて立つも、当たったら土俵際まで電車道で安馬を持っていき、慎重に寄り倒し。
どうやら安馬は、魁皇が遅れたことで待ったと思い、一瞬力を抜いてしまったらしい。待ったかどうかは行司が判断することであって、力士側が勝手に決めてはいけないという教訓のような相撲でした。
そのへんの事情が最初のうち伝わってなかった放送席では、魁皇は「後の先」を取ったと難しい用語を使って説明していたけど、単純な理由でしたね。
そういや「後の先」という言葉、私は去年の初場所の中日にゲストで来たデーモン閣下の発言で知った言葉なんだけど、あの日も今日と同じ吉田アナだったなあ。
魁皇は幕内通算701勝。同期の横綱貴乃花に並ぶ歴代5位タイ。

●若の里-千代大海○
千代大海が寄り切りで勝った!
まわしを取っていたのは土俵際の一瞬だけだったけど、千代大海が寄り切りで勝った!

●朝赤龍-白鵬○
朝赤龍にとっては初の横綱戦。秘策を考えていたみたい。
立ち合ってすぐ、ぐっとしゃがんで白鵬の懐に入り、下から突き上げるような格好になる。しかし白鵬が落ち着いて処理して、万事休す。
取組後の談話では、足取りを狙っていたということ。しかし足を取りにいくにしては、踏み込みが中途半端だったような。
春場所千秋楽から続く白鵬の連勝は21。

ところで今、モンゴルでは国家ナーダムが行われているらしいんだけど、ブフの中継してくれないかなあ、NHK。

明日からしばらく相撲は見れないので、また。

« はてなスターを貼り付けてみた | HOME |  智之、智之 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「平成19年大相撲名古屋場所五日目というか何というか」

今日は仕事をお休みしたので、本放送を見ることができました。初めて本場所で白鵬の横綱土俵入りを見ました。二次口で腰を下ろすときの足の開く角度が美しいです。そんで、そのときに露払いと太刀持ちよりちょう  …

「対横綱初体験……名古屋場所5日目」

隆乃若が木村山に負けちゃった_| ̄|○悲しくて涙で目がかすみ(嘘です)、名古屋場所50年の舞ちゃん特集VTRのテロップが「技のアパート」に見えちゃったくらい(これは本当です)。いやァ、恥ずかしかった。だってテレビ  …

「名古屋場所・5日目」

わわわ若麒麟がぁ~。カチアゲ失敗して万歳の格好になってしまいました。あんなの見たこと無い・・・・。  …

「平成19年名古屋場所 5日目」

やったぜぃ~3連勝~~ 4-1 豊 真 将 寄り倒し 鶴  竜 2-3 豊真将 ...  …

「五日目!!」

魁皇、4勝+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚アイラブりゅーじ、2勝+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚本日も休憩室でリアルタイム観戦。いそいそと向かうと、副会長がスタンバイ済み。その傍らには後輩記者のN本氏と、新人のK藤(弟)  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/490-a360a6a9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。