スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年名古屋場所12日目、切腹

2007–07–19 (Thu) 22:43
今日は超"ながら見"だったため、ほとんど取組内容を覚えていない。
よって今日はブログ書かなくてもいいやと思っていたのだけど、なんだあの結びの一番は!

@魁皇-白鵬(同体取り直し)
突き合いから白鵬が攻めて出て、右を差すとすかさず寄り立てる。土俵際で魁皇は体を開いて白鵬を突き落とそうとすると、魁皇の左足は俵に残し、右足は宙に浮かせた状態のまま、白鵬が腕から土俵に落ちた。直後魁皇は右足とともに体が土俵の外に出る。
庄之助の軍配は白鵬。当然物言いがつく。
普通の速度でビデオを再生すれば微妙なところだけど、スローで見れば明らかに魁皇の足は残っている。実況席も白鵬が先に落ちているという見解。
協議が終わり放駒審判長の説明。
行司軍配は白鵬に上がりましたが、同体ではないかと物言いがつき、協議の結果、魁皇の飛び出すのと白鵬の落ちるのと同時とみて取り直しといたします。
(゚д゚)ハァ?
各紙見てみる。一番わかりやすい写真はサンスポかな。
http://www.sanspo.com/sokuho/070719/sokuho044.html
読売のこの写真もわかりやすいけど、ちょっと魁傑の頭が邪魔か。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20070719i512.htm
これらの写真を見て、どこが同体なのか。たしかに魁皇の体は飛ぼうとしているところだが、左足が俵に残っている以上死に体ではないだろう。
こちらは毎日の記事。

物言いをつけた放駒審判長は「私の目の前で決まった。同体と思った。ビデオ係も同体で問題なかった」。
 で、裁きは取り直しに。この一番を誤審と決めつけるのは語弊があるが、温厚でなる魁皇が「おれ(足が)出てた? おれが勝ったんじゃ面白くねえからな」と思わず毒づいた。それだけ自信があったということだ。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20070720k0000m050045000c.html

ビデオ係の見ているビデオって独自ビデオ? それで見ると同体なの?
普段は微妙な場面でもきっちり判定していて、野球やサッカーに比べてずっとわかりやすいんだけど、今回に限ってはちょっと御粗末だよねえ。魁皇が毒づくのも仕方ない。
こんな判定をしているから、普段相撲を見ない人が八百長八百長と騒ぎ立てることにもなる。ちょっと前に金親が騒がれたばかりだから尚更だ。
魁皇の不運はこれだけで終わらない。この物言いがついた取組で足を痛めてしまったらしい。

大関魁皇(34)=本名古賀博之、福岡県出身、友綱部屋=が12日目の白鵬戦で左太ももを痛め、13日目から休場する可能性が出てきた。魁皇は「(取り直し前の一番で)左太ももからプチッて音がした。土俵際で残ったところで痛めたと思う」と話し、師匠の友綱親方(元関脇魁輝)は打ち出し後、「出場は難しいだろう」と語った。20日朝の様子を見て、休場するかどうかを決める。
http://www.asahi.com/sports/update/0719/NGY200707190016.html

そういう状況での取り直し。

●魁皇-白鵬○
苦痛に顔を歪めながら仕切りを進める魁皇。白鵬はやりにくそう。
立ち合い。白鵬が張り差しにいくと、もう魁皇は力が入らなくなる。労わるようにして向正面に寄り切った。
おそらく休場するんじゃないかな。ひょっとして症状が重かった場合は、あるいは……ということもなくはないと思う。
そんな中、

19日、大相撲の竹縄親方(元関脇・琴錦)が年寄「浅香山」を襲名した。「浅香山」は魁皇が所有する年寄名跡。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20070720k0000m050001000c.html

むっちゃタイミング悪いんですけどー。
栃乃洋(竹縄株の所有者)のほうがまだ現役長そうだし、竹縄のままでいいじゃんかー。
借株親方は大変ですね。

まあともかく、NHKの映像で見る限りは、あの一番は取り直しにしてはいけない一番だったと思うです。
今場所しょっぱい相撲の多かった魁皇がせっかく最高の相撲を取ったのに、水を差しちゃいけませんです。
疑惑の判定に魁皇のケガが重なって、もう後味悪すぎ。


ところで、西幕下筆頭の市原が勝ち越しました。
やっと十両。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« 政見放送は面白い | HOME |  平成19年名古屋場所13日目、当確 »

コメント

介錯

ビデオで見るのと土俵下で見るのとは感じが違う と水戸泉(ブログで)も言ってますが 
それにしても… やっぱり今日の結びの一番は切腹ものでしたよ  

魁皇はねぇ 明日はムリっぽい  

竹縄は栃乃洋でしたか うーん今場所は勝ち越してますし… 
もっと近しい人に貸すのかしら?  

切腹もの

ですね。
13日目も変な立ち合い成立させちゃってるし。

竹縄。
近いうちに一門の誰かが引退するのかも。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「サクラサク当落線上」

 平成19年7月場所十二日目。  日本相撲協会「本場所情報」  銀河大角力協会 もと関脇琴錦の竹縄親方が、「浅香山」に名跡変更(上記銀角参照)。これは魁皇の持ち株だが、引退はまだ先になりそう。「竹縄」は栃乃洋が持っているが、こちらはさらに先になるだろう。   …

「大人の事情……名古屋場所12日目」

○海鵬-時津海●(すくい投げ)立ち合いすぐに左前褌上手を取った海鵬が、出し投げで崩して脇の下を潜り込んですくい投げ。ちなみに美しい大銀杏対決は互いに髷がズレてドロー(´A`)海鵬 あと一番勝ちたい。前日はビンゴゲー  …

「琴光喜リーチ!/平成19年度名古屋場所十二日目」

まず、琴光喜。12日目は大関千代大海戦です。朝青龍負けた翌日です。ここが踏ん張りどころ。そこでベテラン大関の千代大海戦。千代大海は今場所あまりよく見ていないのですが、傷めているようなんで、ま、大丈夫と思っ  …

「どうも納得がいかん」

まいど~昨日 会社を休んだので、ちびっ子と相撲を見ていました。しかし 魁皇と白鳳の取り組みは納得出来ませんでした。あれは魁皇の勝ちでしょ!!解説の勝昭のおっちゃんも魁皇が勝ってるって言って  …

「名古屋場所・12日目」

白乃波は勝ったけど勝負がついた直後にしかめっ面。腰痛いのかな・・・。でも霜鳳の横に着いて攻め方はGOOです。  …

「2007年大相撲名古屋場所12日目」

潮丸VS若ノ鵬今日の若ノ鵬は両差しになられるも右四つ、真正面から寄り切った。こういう相撲を15番取るなら、幕内で大活躍出来るんでしょうが、半端な相撲やってたら怪我して露鵬・白露山の二の舞だね。白馬VS栃乃花初っ端から左差し右オッツケで相手に上手を取らせず、  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/495-a44d14c3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。