スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年名古屋場所13日目、当確

2007–07–20 (Fri) 22:12
今日は後半のほうを観戦。

○琴奨菊-出島●
早々に負け越してしまった琴奨菊。今場所は得意の大天使ガブリエルがなかなか降臨してこない模様。
しかし今日はキター! 二本差してがぶるがぶる。
岩佐アナの「波打つ腹!」という実況に爆笑しているうちに、がぶり寄り切りの勝ち。
岩佐さん……

●雅山-安馬○
仕切りの様子を見ていて思ったけど、安馬は体が大きくなったねえ。雅山と比べても遜色ない体に見える。
「ふふふ、誰も気付いてないようね。場所前にこっそりシークレット安馬を着けておいたことに」というような伝染るんです風のセリフも聞こえてこようってもんだ。
今日の相撲。安馬が雅山の前まわしをがっちり掴むと、雅山はそれを剥そうと両手で喉輪を繰り出す。強烈な喉輪を受けても安馬は離さない。逆に前まわしがぐいぐい引っぱられる形になって、私は見ていて、雅山のおちんちんが見えてしまうんじゃないかとひんやりしました。
結局、喉輪を緩めたところで安馬が出し投げを打って体勢を崩し、寄り切りの勝ち。

○琴光喜-豊真将●
時間一杯になって塩を撒いてさあ蹲踞、という場面でぱらぱらと手拍子が起こる。ちょっとタイミングが悪い。「こーとみーつき」と言っているようにも聞こえるし「ほーましょー」と言っているようにも聞こえる微妙な声援。
バッドタイミングな手拍子で動揺したというわけでもないと思うが、琴光喜が待ったを2回。これはまずいなと思ったものの、3度めで立つと、やや立ち遅れた豊真将から上手を奪い、速い攻めで一気に寄り切った。
これで12勝。大関当確。花道の奥で見守る若様も笑顔。ミツキ本人は……泣いてる? いやいや、いつもこんな顔か。
花道リポートによると、ミツキが風呂に入ると続けて若様も入っていったらしい。アッー!
ところで、大関に昇進したら琴櫻を襲名するんだろうか。横綱まで待つのかね。

先代の佐渡ケ嶽親方で元横綱・琴桜の鎌谷紀雄さん(66)は、昇進すれば琴桜のしこ名を譲る希望をあらためて口にした。
(略)
13勝を挙げて三賞を総なめした00年九州場所では、大関に昇進すれば琴桜のしこ名を譲る夢を口にした。一昨年11月に定年退職したが、この日も「琴桜を引き継いでほしい」と希望に変わりがないことを強調した。
http://news.livedoor.com/article/detail/3231574/

先代はこんなことを言ったらしいが、まだよくわからんね。

○琴欧洲-白鵬●
立ち合い、琴欧洲が左に変化して深い位置で上手を掴む。このカロヤンの左変化、相手に見切られると脆いんだけど、今日は大成功。白鵬は変化を全く考えてなかったみたい。
半身になった白鵬は左が使えず、もがくことが精一杯。カロヤンは右を差して白鵬に上手を与えない。そのままカロヤンがじっくりと料理して寄り切りの勝ち。カロヤンは慌てなかったのも良かった。
しかし白鵬、せっかく昨日白星を拾ったのに、あっさりと負けちゃったよ。新横綱の疲れかねえ。金親と魁傑の期待が重荷だったのかねえ。

○朝青龍-千代大海●
千代大海がふわっと立って、おや? 待った? と思いきや立ち合い成立。一瞬動きが止まりかけたドルジだけど力を緩めることなく、逆に力を抜いてしまった千代大海を速い動きで(行司か審判に止められてしまう前に)かつ慎重に寄り切った。
このおかしな立ち合い成立で観客は、露骨なブーイングというほどではないけど、ざわつく。

「何だと思ったけど、行司が“残った”と言ったから出るしかなかった」と横綱。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20070720034.html

まあそうだわなあ。

この一番の審判長で千代大海の師匠、九重親方(元横綱千代の富士)は「(千代大海が)待ったと言ったらしいが、下がりながら小さい声で言っても駄目。それだけ立ち合いがだらしない相撲が多いということ」と手厳しかった。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20070720034.html

まあそうだわなあ。
しかしよく見ると、立った直後の千代大海の手が待ったのポージングをしているし、止めなかった庄之助にも非があると思う。
庄之助は昨日の差し違い(結果的には同体取り直しだけど)といい、今日の立ち合いといい、全部の非を背負っているわけではないにせよ、これでは「たるんでいる」と言われても仕方ないような有様だ。もう一度与太夫からやり直せという声も、ちらほらと聞こえてくる。どうも今場所は、行司にとって鬼門な場所らしい。精進してください。
それにしても千代の富士は相変わらずツンデレだねえ。

1敗:朝青龍、琴光喜
2敗:白鵬
3敗:北勝力

豊真将の名前が消えて、いつの間にか北勝力が Σ (゚Д゚;)
7連勝中かよ、北勝力。
豊真将は後半上位と続けて当てられて、ちょっと不運だわ。

« 平成19年名古屋場所12日目、切腹 | HOME |  平成19年名古屋場所14日目、迷い »

コメント

庄之助は引退さすべきでしょう。
だーめだありゃ。

豊真将は不運つぅより、この人は上を目指す人ですから上位挑戦でどっかで勝たなきゃいかんと思います。
かなり化けたかなと思ったけれど、まだまだ、なのかも知れん、という結論になりつつありますが、逆に場所毎に確実に成長する人ですから、今場所後半で負ける事の方が重要なのかもね。
そーゆー意味で、今場所後半の豊真将の扱いは、あの審判部にしては珍しいファインプレーかなと

どうもです

庄之助を引退さすと、現伊之助がますます長期政権になって、それもヤだなあ。

豊真将は上を目指す人なので、上位挑戦を増やす。納得。でも9勝で終わってしまったとしたらあんまりだ。
半枚差の稀勢の里に上位挑戦がないのは、もう見限られたということなのか……

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「光る相撲で喜び櫻」

 高校野球選手権大会の北北海道大会は、駒澤大学付属岩見沢高校が優勝。今回から南北海道より“国替え”となり、初年度でいきなり北の代表となった。 最近の南は“双子”の苫小牧が活躍し、どうしても阻まれていた。そう考えると、南の方が実力が…とは言うまい。 さて、  …

「魁皇がいないと寂しい……名古屋場所13日目」

○北勝力-北桜●(突き落とし)相変わらずコンパスの長さが違うなァ――と思いながら見てたら、リッキーの右手に大量の塩が……もしかして、もしかして……ワクワク(*'ω'*)ドキドキ北桜の向こうを張って、ドーンと同時  …

「名古屋場所・13日目」

玉力道に遅れて立った白乃波。左を巻き替えてさぁこれからというところで足がついていかず。また白乃波の膝がカクンと落ちたぁ~。怖いよ。  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/496-a2164309

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。