スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン

2007–07–28 (Sat) 11:10
寝ているときに見た夢の記録。


物置小屋の高いところに予備のトイレットペーパーが置いてあって、便意をもよおしてきた藤本くんはそのトイレットペーパーを必要としていたのだけれど、高いところが苦手な藤本くんは自分一人ではとても取りに行けなくて、ボクのところに助けを求めに来た。そのときボクは家の外にいて、スーパーファミコンの入った埃まみれの箱とか黒ずんだピカチュウのぬいぐるみとか部屋の床に敷いたカーペットの余った切れ端だとかを車の荷台から別の車の荷台へ移す作業をしていて、単調な作業に飽きていたこともあって藤本くんの求めに応じてほいほいと物置小屋まで着いていくことにした。

物置小屋に来たところで藤本くんが「あそこ」と指差した先には、確かに、封の開けられていない12ロール入りのトイレットペーパーが置いてあった。床から3メートルぐらいの高さにある棚に乗せられていて、見たところこの物置小屋には他にもいくつか棚があるのだけれど、置いてあるものといえばそのトイレットペーパーだけだった。天井から吊るされている小さな傘のついた電球に照らされて、小屋の中全体が黄色くセピアに彩られ、棚から棚へ、また柱から梁へと足場を求めてトイレットペーパーを取りに行くと間違いなく途中で足場が崩れて落ちてケガをすると想像させるのに十分な古臭さを帯びていた。

そういえば梯子があったはずだよなと思い出したボクは藤本くんに「梯子どこにあんの?」と尋ねてみると、藤本くんは小屋の隅に寝かせてあった木製の梯子を持ってきて「これなんやけど、ほれ、3段目が折れとって使えやんのやわ」と、その八の字眉毛をさらに急角度に垂れさせて悲しい表情を見せた。「1ヶ所ぐらい折れとっても、そこ飛ばして登ってったらええやん」「あかんよ。4段目にもひびが入っとる」「ああ、2段飛ばしは無理やな」「そやろ」「そやな」そうやって二人で唸り合っていたら、またボクはアルミ製の脚立があったことを思い出した。「そうや、脚立なかった? 脚立伸ばしたら届くんとちゃう?」「あれもあかんよ。蝶番のとこがバカんなっとって危なすぎる」「そうかあ」

そうして二人で悩んでいる間にも、藤本くんを襲う便意はだんだんと大きくなってくる。ボクは棚とか柱とかの配置をしばらくの間眺めていて、どうにかトイレットペーパーの元まで通じるルートが見えてきたので「ちょっと待っとって。靴履き変えてくるわ」と言って物置小屋を出る。さすがにつっかけでは3メートルの高さまで登れない。一旦家に帰って靴を履き替えるときに、念のため家の中にいた妹に「梯子なかった?」と訊いてみるものの、「3段目が折れとるやつしかないに」という返事しか返ってこなくて、がっくり肩を落としながら再び物置小屋に戻ってきた。

小屋に入って驚いた。トイレットペーパーの置いてある棚の端に、藤本くんがぶるぶる顫えながら立っていたのだ。自力で柱から棚へと足場を見つけながら、3メートルの高さまで登っていったらしい。「大丈夫か?」と声をかけてみると、「うああおおう」と力ない返事が返ってきた。藤本くんはしがみついていた柱から手を離し、2歩蟹歩きしてとうとうトイレットペーパーを捕まえ、捕まえたその手でそっとトイレットペーパーを床に落とした。床に落ちたトイレットペーパーは大きくバウンドして、床にたまっていた埃が舞い上がった。

顫えが止まらない藤本くんは、突然「俺、ラーメン嫌いなんや」と言いだした。藤本くんの立っている棚の一段下の棚に、とんこつスープの入ったラーメン丼が4つ並んで出現した。「ラーメンに触ったら溶ける」と言って藤本くんは泣きだした。藤本くんにとってラーメンスープは濃硫酸と一緒で、そういう体質は遺伝によるものだと過去に聞いたことがあったのを思い出した。

ピンチの藤本くんを救うため、ボクも足場を探しながらどうにかラーメン丼の並ぶ棚まで辿り着き「ちょっと待っとって。今からラーメン食べるわな」と言って、向って右端にあるラーメンから食べることにした。ラーメンといっても、なみなみと注がれたとんこつスープの中に申し訳程度に麺が5本ぐらい入っているだけで、とても美味しいと言えるものではなかったし、スープの量が多かったので食べる速度もなかなか上がらなかった。こんなときにギャル曽根がいてくれたらなあと思いながらも頑張ってスープを飲んでいると、さっきまで顫えていたはずの藤本くんが平気な顔をしてラーメン丼の並ぶ棚まで一人で降りてきて、「ラーメン食べたい」と言い出した。そしてラーメン丼を手にとり、スープを飲もうとした。

「あかーん!」とボクは叫んだ。スープなんか飲んだら藤本くんは溶けてなくなってしまう。「やめときってー、死ぬやんかー」とボクは藤本くんを諭そうとするものの、藤本くんは首を左右に振って、八の字眉毛をもっともっと急角度に垂れさせて、「でも食べたいんやわ」とひとこと言ってからスープに口をつけた。

泣きそうになっていたボクは呆けたように口を開けて藤本くんの様子を見ていたけれど、藤本くんは溶けてなくなったりすることもなく、やがて1杯のラーメンを食べ終えた。

おわり。

« 次の大関を予想する | HOME |  選挙は智之 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/502-c1836a47

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。