スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い奇蹟でも聴きながら相撲を見る

2006–01–15 (Sun) 20:26
待望のデーモン小暮閣下がゲスト出演する大相撲初場所八日目。
うちはBS契約していないので地上波しか見られないわけだが、聞くところによると幕下の放送が最高に面白かったそうじゃないか。相撲を実況するためにNHKに入った岩佐アナとデーモン閣下の相撲談義は、解説の錦島親方に「ついていけない」と言わせるぐらいのヲタっぷりだったらしいじゃないか。岩佐アナのほうから「ダダダダ大徹」の話題を振って、NHKでその話が出るとは、と閣下を驚かせたらしいじゃないか。
この日のためにBS契約しとくんだったか。残念だなあ。しかもこっち関西では地上波の放送が15:35開始だったんだけど、全国的には15:15開始だったらしいじゃないか。関西ではその20分、八代亜紀がなんか食べてる映像が映ってたぞ。その20分、めちゃめちゃ損した気分だ。受信料払うのやめようかと思ったぐらいだ。
それはそうと今日はいい相撲が多かった。中入の時間にデーモン閣下思い出の一番として昭和47年9月場所の輪島-貴ノ花戦のビデオが流れて、その熱戦に刺激されたのではないかと閣下や音羽山親方は指摘していたが、それも含めてデーモン効果というものがあったのかなという気はする。

今日の三番

●北桜-嘉風○
今場所なかなか星の上がらない嘉風だったけど、初日が出て以降は調子がいい。相手はここまで1敗の北桜。激しい攻防から一気に寄り切った、というよりもダイビングしながらの怒涛の寄りだ。嘉風と北桜は客席の3列目ぐらいまで吹っ飛んで、白い着物のおばあちゃん御婦人を下敷きにしてしまった。ケガは無さそうだったけど、北桜も嘉風も心配そうにしていた。
○高見盛-垣添●
ここまで1敗と好調の垣添に対するロボ。垣添が好調さをアピールかのように土俵際まで追い詰めるんだけれど、土俵際の粘りがロボの持ち味。なんとかこらえて土俵中央へ。そして若干ひねり加減の上手投げで垣添の膝を土俵に着かせた。音羽山親方によるとロボは背筋力が凄いらしい。なるほど、上体を反らせながらの逆転が多いのもうなずける。取組後、特別にインタビュールームに招かれて閣下がインタビュー。またカラオケ一緒に行きましょうとか言ってたけど、やっぱりロボはアニソンとか歌うのかな。
○栃東-白鵬●
立ち合い直前の駆け引きが面白かった。手を下ろそうとするものの呼吸が合わずに待った。それが二度。三度目にようやく立った後は栃東が巧かった。白鵬の懐の中へ中へ入って上体を起こすと、たまらず白鵬は変化。そこを冷静に見た栃東が押し倒した。白鵬は2敗に後退、栃東は全勝を守って勝ち越した。その後はやはり閣下のインタビュー。大関がインタビュールームに招かれるのって珍しい。

吉田アナ

吉田アナからは時々名言が飛び出す。一昨年の九州場所での「千代大海今年5回目の優勝!」はご愛敬だが、「出る出島 出る出る出島 出る出島」などは見事に一句詠んでいる。
今日の名言としては、このあたりを挙げておく。
「たまにょしま、たかにょなみ」
閣下の、ケガしている玉乃島には、玉乃島の名前が大きすぎる(だったかな? ちょっとうろ覚え)という話に対しての一言。
「青森の背中が泣いています」
解説の音羽山親方と同郷で体つきも似ている岩木山が負けたことに対して。
「難儀な人ですね」
明日の注目の取組を閣下に尋ねた際に、一つ前の画面(に出てた豊ノ島の名前)を見たいと閣下に言われて。
「我輩は見抜いた」
放送最初のほうで朝青龍の攻略法の話になり、デーモン閣下が「我輩は見抜いた。が、その話は後々」と言ったのを受けて、横綱戦直前にその話を閣下に振る際、閣下の声色を真似て言った言葉。


そんなこんなで今日の放送は最高に楽しかった。
いつもより「話」をしている時間がかなり多く密度が濃かったし、デーモン・音羽山・吉田のコンビネーションも抜群だった。本場所の放送では毎場所中日あたりにゲストを呼ぶけど、本当に相撲好きの人が来るとこうなるということだ。NHKの番宣のためのゲストとか、肩書きだけの横審の人を呼んでみたりとか、そんなときはゲストの人も何をしゃべっていいか困っていることがあるし、アナも話題を振れないし、見ていて歯痒くなることもよくある。相撲好きなゲストであっても、力士に敬意を持っていないと、ただ批判をするだけになったり、取組そっちのけで一人でしゃべっていたりというこということにもなる。その点でも閣下は、制限時間が近づくと「時間ですね」と言って自ら話を中断したりするし、色々な点をこと細かく親方に質問して視聴者の疑問を代弁してくれるし、ほんと相撲を愛しているんだなというのがひしひしと伝わってくる。
もうね、毎場所1回はデーモンの日を作ることにすればいいんじゃないかな。なんか、NHKとしてはずっと前からゲストに呼びたかったけど、今までは相撲協会がそれを許さなかったふうのニュアンスを最後に匂わせていたし、これからはどんどん呼んだらいいと思う。ただ、閣下のことを全く知らないお年寄りの視聴者が今日の放送を見てどう思ったのか。それはちょっと気になる。

« テレビギトギト | HOME |  ちょwwwダダダダw大徹www »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「初場所・中日。」

初場所が始まっているので、一応この辺で相撲ネタを。今日のNHKの中継のゲストはデーモン小暮閣下。なんとBSの放送から5時間ぶっ続けで喋るのだ!{/hiyob_hat/}閣下は有名な相撲オタク。芸能人で相撲が好きな人は意外と多いのだが、閣下はそこら辺の相撲ファンとは違  …

「2006年大相撲初場所8日目」

「世を忍ぶ仮の姿、それを我々は素顔と呼ぶ」この、吉田アナウンサーの一言から始まった今日の地上波の相撲中継。デーモン小暮閣下、時間いっぱいになっても立ち合いの直前まで喋り過ぎで、殆ど独壇場。錣山親方同様、取り組みの最中もしゃべります。この2人が解説席に  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/52-aef8089a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。