スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年初場所中日

2008–01–20 (Sun) 18:17
今日はちょうど中入りの時間からテレビ観戦。
なつかしの映像。平成14年初場所、栃東新大関の場所を振り返る。
栃東対関脇朝青龍とか、栃東対大関千代大海とか、大熱戦だなあ。張り手の応酬とか激しすぎる。大型力士時代からスピード力士時代に変わってきたのが、ちょうどこの頃だったわけだなあ。

今日のテレビ実況は藤井アナ、正面解説は栃東親方、向正面は玉垣親方。
去年、一昨年と、初場所にはデーモン閣下がゲストで来ていたけれど、今年は来ないんだね。まあ毎年来られてもちょっとしつこいからね。

●高見盛-千代白鵬○
十両力士がボーナスステージに登場。
頭で当たって、両手で突き放してロボにまわしを取らせない千代白鵬。一瞬取られかけるもすぐ突き放し、下がりも飛ばしながらの激しい動きで、向正面にロボを押し出す。
千代白鵬は初めての懸賞金。初めてにして7本もの懸賞金。ボーナスゲットだぜ!
藤井「ということは手取りで、21万円になります」
藤井アナは、下世話な話になると喰い付きがいい。

●市原-旭天鵬○
好調の新入幕市原。相手はもっと好調の旭天鵬。
旭天鵬はもう33歳か。全盛期に比べれば番付は下がっているけど、相撲自体は衰えてないよなあ。元気だなあ。
市原も顔だけは33歳。立ち合いで左に変わった変化はどうかなと思うけど、そこからの動きは良かった。しかし組みつかれてしまって旭天鵬にあっさり寄り切られた。まだ3敗だから、新入幕敢闘賞もまだまだ狙えるんじゃないかな。

ラジオの放送席が画面に映る。
吉田アナと境川親方。吉田さん楽しそうにしゃべってるなあ。
現在は仕切りの制限時間が幕内では4分という話。80年前、ラジオ放送が始まった当初は10分だったそうで、10分とは言わないけれど、4分は少し短いと思う。もうちょっと長くしてほしいなあ。短いのも、時代の流れなんだろうなあ。

栃東親方が期待すること。

栃東親方 今年への期待
●力士としての自覚
●横綱・大関陣の充実
●若手力士の台頭

うーん、大関陣は入れ替わりがないことには充実しないと思うよ。

●豪風-春日王○
春日王の張り手一発で脳震盪気味の豪風。土俵下に落ちた後、なかなか立ち上がれなかった。
張られたときどういう感じなんですかと話を振られた玉垣さん。
玉垣「夢心地というか……」
夢心地ですか、成松先生w

○若ノ鵬-豊真将●
叩き大好き若ノ鵬に対して、姿勢の低いことが売りの豊真将。もうこれは叩いてくださいといっているようなもんで、実際立ち合いから叩きまくりの若ノ鵬。叩きまくって、豊真将は前にばったりと落ちる。
若ノ鵬は叩きでキャラ立ちさせていくつもりなんだろうか。闘牙の引きぐらいのレベルに達してくれればいいけど、中途半端じゃダメよ。

○露鵬-豊響●
まっすぐ攻めた露鵬。まわしを取って引くことなく寄り倒し。
藤井「おっ、露鵬今日は攻める相撲です」
って、藤井さんどんだけ引くことを期待してるの。

●安美錦-雅山○
今日解説の栃東さんが3回目の優勝をした翌場所、安美錦と雅山に敗れて綱取りの夢が絶たれたという話。
藤井「どうですか、何か感じますか」
って、傷口を抉るような話が好きだなあ。
相撲。当たって雅山が右に体を開いていなすと、前を見ていなかった安美錦は目標がなくなってしまって吹っ飛ぶ。こういういなしが上手いね、雅山。

●出島-安馬○
張り差しにいく安馬。大きな音がしたなあ、痛そう。その張り手で横を向いてしまった出島のバックを安馬が取る。出島が一本背負にいこうとしたところを後ろからグチャッとつぶして、安馬が送り倒しの勝ち。
それにしても大きな音だった。

●稀勢の里-琴欧洲○
がっぷり左四つに組んで、これは熱戦! 力相撲! と期待したんだけど、カロヤンのユルフンにやられた稀勢の里。それ以前に、がっちり正面から組んでしまうと、やっぱり琴欧洲は強いね。
琴欧洲は5勝3敗。角番脱出も見えてきた感じ。

○白鵬-琴奨菊●
白鵬の張り差し。張り手でバランスを崩したのか、琴奨菊は膝が入ってしまい、左足を滑らせて前に落ちる。そのせいで右膝が内側に曲がったまま落ちて、右膝を痛めてしまった模様。
「音がしました」というリポート。なんとか歩けてたから骨じゃないよね。靭帯? ともかく、これは今場所どころか、来場所以降にも響いてくるんじゃないだろうか。心配だわ。

●栃乃洋-朝青龍○
立ち合いは良かったけど、その後の動きに精彩さが欠けるドルジ。スタミナが落ちたのかねえ。頭をつけて前まわしを取る。なんとか上手投げで勝ったけど、横綱相撲じゃないね。必死に取ってるもん。それでも1敗を守っているから大したもんだよ。

ここまでの成績。

全勝:白鵬
1敗:朝青龍、旭天鵬

モンゴリアンな場所になってきました。

« 平成20年初場所七日目 | HOME |  平成20年初場所十日目 »

コメント

> 大関陣は入れ替わりがないことには充実しないと思うよ。

「今年は仕方がないですけど…」とか (言いまわしは違ったかもしれませんが)そんなようなことを言ってませんでした?  

あ、そうでしたか。
画面に映った文字を書き写すのに必死で……すんません。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「朝黄龍」

 平成二十年一月(初)場所中日。毎度おなじみ、ドラゴンズではない。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  今日勝ち越しを決めたのは、大天霄(山崎戦)・阿覧(阿夢露戦)。それにしても、「アランとアムール」とは、もはや何のことだか  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/550-5d0f5b93

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。