スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年初場所十二日目

2008–01–24 (Thu) 22:08
今日は一日中雪が降ってたなあ。3時頃にちょっと晴れたけど、すぐに降り返して、まあ寒い一日でした。
今日は5時15分頃だっけかな、ちょっと早めにテレビの前へ。

○露鵬-雅山●
露鵬が左から張りつつ左へ変化。雅山をかわして後ろについて送り出し。
露鵬の変化がどうこうよりも、雅山があっさり喰らいすぎだよね。
岩佐「よくやる露鵬の手順です」
手順ていう言い方がいいなあ。ルーチンワークになってるみたいな言い方。

○琴奨菊-時天空●
不戦敗も含めて3日休んだだけで出場してきた琴奨菊。出てきて大丈夫なのか? 勝ち越しまであと2番とはいえ、このまま休場しても大して番付下がるわけでなし、大事にしたほうがいいと思うんだけど。蹲踞のときに痛そうにしてるし。
どんな相撲を取るのやら、と思っていたら変化。左に変わって大きく叩き込み。なるほど、そう来たか。それなら膝に負担がかからないやね。

「でじまー!」という金切り声(黄色い声援)を聞きながら、ここでちょっとテレビの前を離れる。
戻ってきたら、安馬が変化して勝った相撲のリプレイ。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
おいらが見た相撲、3番続けて変化って……。
見てなかった栃乃洋-出島戦はいい相撲だったらしいのに。

○魁皇-旭天鵬●
魁皇が両差し。ぐいぐいと捩じ込んで旭天鵬の上手を切るとまっすぐに寄り切り。ここまで2敗だった旭天鵬を下して、魁皇勝ち越し。
元気やなあ今場所。

●朝赤龍-琴光喜○
差し手争いから右四つ。ミツキががっちり左上手をつかんで、慎重に寄り切り。
まあ今日の相撲はいい。問題は明日やね。27連敗中のドルジ戦。ああ、見たい見たい。見たいけど見れない。

○白鵬-琴欧洲●
白鵬の突っ張り。全くまわしを取ろうとしないのは、まわしを取ると琴欧洲に分があると感じているのか、そのへんはわからないけど、とにかく突っ張り。カロヤンは必死にあてがって、善戦するもまわしは取れず。ぱっと両者離れて睨み合ったところでカロヤンは最後あわてた。まわしを取ろうと左から攻めたところを、白鵬のすくい投げが決まる。
カロヤンとしては善戦してるんだけど、ここは白鵬が上手かったという感じ。

●安美錦-朝青龍○
玉ノ井「朝青龍は2場所続けて同じ相手に負けないですからねえ」
岩佐「以前は栃東、魁皇、若の里にそういうことがあったんですが」
さらっとそういう記録が出てくるところが岩佐アナ。
相撲。ドルジが左から張って左上手を取る。引き付けて安美錦に相撲を取る余地を与えないまま、土俵際。少し粘るも、終わってみれば朝青龍。寄り切りの勝ち。
このまま両横綱が1敗のまま千秋楽までいくのかね。そうあってほしいね。

1敗:白鵬、朝青龍
2敗:鶴竜

なんてモンゴリアンな(ry

« 平成20年初場所十日目 | HOME |  平成20年春場所の予想番付 »

コメント

今日十三日目の結び前二番、見ごたえありましたよ。
久々に、横綱大関戦らしいものを観ました。。
観戦記は書けないのかな。どんよりファンとしては残念。

やはり二横綱いると、しまりますね。

どうもです

>Louiseさん
十三日目はその日のうちに実家に向けて旅立つため、朝青龍-琴光喜戦だけをピンポイントで見ました。意外と、といったら失礼ですが、大相撲になりましたね。
「大関になっても勝てない琴光喜!」と、実況していたのが印象的でした。

>やはり二横綱いると、しまりますね。
終わってみれば、最高の場所になったんじゃないでしょうか。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「勝てば勝つ」

 平成二十年一月(初)場所十二日目。  幕下筆頭で負け越した栃栄と、十枚目尻で負け越した栃乃花。成績不振の二人が、今日付で引退した。ともに春日野部屋だが、今場所は新十枚目に二人が昇進する幸先の良いスタートを切ったこの部屋に、部屋付きの親方がいっぺんに二...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/552-32566c8b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。