スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年春場所初日、アレルアレナイ

2008–03–09 (Sun) 18:16
Allez le Harubasho!
荒れる春場所が始まるぞ!

4時ちょうどからNHK地上波放送開始。
久しぶりのおすもう、おすもう。
画面は放送開始直前に終わった横綱土俵入りの映像から。
向正面から厳しい視線を送るのは神田川さん? いや、神田川さんは東のほうにいたから、よく似てる別人か。

実況は吉田アナ、解説は勝昭と秀平。3人並んで放送席に座っている映像は珍しいな。
まずは時津風事件の話題から。
有罪判決が出てから解雇、という協会の決定は妥当だと思うんだけど、判決が出るまでには時間がかかるから、それまでずっと出場停止のままになって、実質的にもう解雇されてるのと変わらんよなあ。道義的にも感情的にも折り合いをつけた決定だと思う。
ていうかあの3人、自ら引退しないのかね。
このことについて触れる勝昭。難しい話題を振るなよという表情。

土俵下には大阪場所名物、東西会の茶色いちゃんちゃんこ軍団。
いいなあ、相撲セレブ。

○皇司-龍皇●
11回目の入幕、皇司。がんばるなあ。
ひょうひょうとした叩き込みで白星。

●若麒麟-境澤○
若麒麟が突っ張って突っ張って空振り。引き落として境澤。
深々としたお辞儀。花道を去るときの礼。新入幕気持ちいいね。

●海鵬-垣添○
立ち合いのいなしで海鵬が垣添のバックにつくも、垣添がくるっと回ってからは激しい攻防。垣添が両差しにつかまえて、バンザイの格好になった海鵬は苦し紛れの首投げ。垣添がすくい投げで対抗して、そのまま垣添が投げ勝つ。決まり手は突き落とし。
なかなか盛り上がる一番。
海鵬は顔から土俵に落ちたため、額が切れた。
勝昭「男前台無しだ」

ああっ、よく見たら、呼出扇太郎が西側で力水係をやっている。
幕内でやるようになったのか。かわいいなあ。

○豊真将-市原●
地味ながら力の入る一番。左四つから豊真将が寄って出て、市原がうっちゃりを打つも不発。豊真将が寄り倒し。
うっちゃりの無理が祟ったのか、市原が右足を引きずりながら花道を引き上げる。病院に向かったそうだけど、大丈夫なのかね。

今場所の中入りの特集の紹介。
七日目「豪栄道の素顔に迫る」には、小泉エリが登場。なんと! これはむっちゃ見たいぞ。でも七日目は用事があって見れません><
十日目「行司の世界」も気になる。けど平日じゃなあ……。

●岩木山-春日王○
右四つから先に岩木山が上手を取る。上手を取るも出ることができず、出たところを春日王の下手投げ。出る勢いを上手く利用してるね。
対戦成績では春日王の1勝8敗。岩木山に初めて勝つ。

○豪栄道-栃乃洋●
豪栄道の右上手投げが不発に終わり、栃乃洋の左が入る。これで栃乃洋有利かなと思ったのだけれど、豪栄道が少しずつ揺さぶって左の前まわしを取ったりして徐々に栃乃洋の体勢を崩していく。栃乃洋の上体が起きたところですかさず寄り切り。上手いなあ。

●把瑠都-北勝力○
館内から把瑠都コールが起こる。発音から明らかに外人。コールもまあいいけど、時間いっぱいの仕切りのときには静かにしてほしい。
相撲は立ち合いのいなしで北勝力が送り出しの勝ち。

○露鵬-出島●
今日が誕生日の露鵬。白露山と抱き合って誕生日を祝ったらしい。アッー!
お互いに右四つで右上手を取る体勢から、出島が巻き替えるところを、露鵬が左で上手を取って、上手出し投げ。上手いじゃん。

●豊ノ島-琴奨菊○
終始攻めるのは琴奨菊。がぶるがぶる、残す残すの繰り返し。豊ノ島が土俵際弓なりになって残すと両者土俵中央に。巻き替えるチャンスを窺う豊ノ島に対して、常に先に攻める琴奨菊。攻めの姿勢を終始見せた琴奨菊が寄り切りの勝ち。
琴奨菊が対戦成績で連勝しているのは、舞の海に言わせると、絶対に負けられないという気持ちの現れだという。
吉田「豊ノ島にも負けられないという気持ちはあると思いますが」
吉田アナの鋭いツッコミ。
秀平「あるとは思いますが、琴奨菊のほうが気持ちが強いと思うんですよ」
と言い訳がましい解説。秀平、テキトーなこと言っちゃった?

●雅山-千代大海○
先場所の成績8敗7休の千代大海。ぱっと見、勝ち越してるように見える不思議。
ケガによってまともに相撲が取れなかった先場所。
吉田「萌える闘魂千代大海としては云々」
って何言ってるの、吉田さんwww
ともかく、この2人の相撲は好きだなあ。細かい回転と大きな回転のぶつかりあい。今日は千代大海が攻めて、雅山がおっつけて残すパターン。時折千代大海が引きを見せてひんやりさせられるけれど、雅山は引きに乗じることができずに、攻め続けた千代大海が押し出しの勝ち。

○鶴竜-琴光喜●
右四つに組んだ途端、鶴竜が一気に前へ出て寄り切り。なんじゃこりゃ。琴光喜為す術なし。
鶴竜どうしちゃったの。確変してきたかな。
秀平「今年中に大関狙えるところまで来ますかね」
勝昭「そこまでは言わないけど、三役定着ぐらいはあるんじゃないの」
この相撲見る限りは、あるねえ。

●稀勢の里-朝青龍○
張り差しから一気の寄り切り。胸を合わせる余裕を与えない速さ。
場所前の出稽古で、稀勢の里と何番も取って力を計っておいたドルジ。胸を合わせたら不利ということを十分にわきまえての相撲。うまいわあ。

○白鵬-豪風●
白鵬は終始落ち着いて相撲を取る。豪風が中に入って両差しになっても動じない。一旦吊り上げてからの上手投げで、最後は豪快に決める。
勝昭「アンコウの吊るし切りみたい、ふっふっふ」
アンコウってwww

大関が3人敗れてアレルハルバショになりかけたけど、両横綱は安泰。このままアレナイハルバショで行って、先場所のような千秋楽になったらいいな。

« ピン札探して幾星霜 | HOME |  平成20年春場所三日目、磐石 »

コメント

こんばんは。
今場所も観戦記、楽しみにしています。

私は、(詳細な表現は忘れましたが)
結び後に勝昭が
「このまま、先場所みたいに、両横綱が全勝を守って、
最後に優勝決定戦でもしてくれりゃぁいいなぁ。」みたいなことを
言ったときに、
「全勝どうしだと、決定戦にはなりませんね。」といったような
冷静な突っ込みを入れていた吉田アナがツボでした。

どうもどうも

言ってましたね、勝昭。吉田アナは鋭いツッコミが魅力ですよね。

今場所はあまり相撲見れそうにないなあ。あまり期待しないでお待ちください。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「春場所大相撲~おおぜきずもう~」

 平成二十年三月(春)場所初日。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会  場所前に逮捕された時津風部屋の3人は、異例の番附据え置きながら出場停止。書類送検された2人も出場停止中。ちなみに、逮捕は身柄を拘束して取り調べ、その後身柄が送検され...  …

「大相撲春場所初日」

大相撲春場所初日成績 今場所は・・・  魁皇、稀勢の里、安美錦、把瑠都、普天王の5力士で!  初日二三四五六七中日九十十一十二十三...  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/561-20a4d12f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。