スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年春場所三日目、磐石

2008–03–11 (Tue) 18:34
三日目です。今日は5時半ぐらいからテレビ観戦。
今場所はお相撲を見れる日が少なそうなので、見れる日はしっかりと目に焼き付けときます。

○琴欧洲-雅山●
この対戦の仕切りの最中に、朝赤龍の殊勲インタビュー。えっ、またミツキ負けたのか。3連敗か。困ったもんよのう。
長い睨み合いから立ち合い。ミヤブの突っ張り、カロヤンが突き返す。カロヤンが引いたところをミヤブが残り、今度はミヤブが引いてカロヤンが残る。ある意味一進一退の攻防。カロヤンが二度めに引いたところをミヤブの足が着いていけず、琴欧洲叩き込みの勝ち。
攻防があったのはいいけど、カロヤンは引くねえ。勝って調子が乗ってくればいいんだけどね。

おっと、今日の解説は勝昭か。初日に続いて、よく働くなあ。
館内の声がマイクによく拾われていて、ちょっと放送席の声が聴き取りづらい。刈屋アナの実況はともかく、勝昭の喋りが聞こえにくいのは困りもんだ。

○稀勢の里-千代大海●
立ち合い、キセノンがつっかける。踏み込みで負けるわけにはいかないという焦り。
二度めで立つと、チヨスが2歩踏み込み勝ち。チヨスのペースでよく押していったけど、土俵際までいったところで引いてしまって、足を滑らせて墓穴を掘る。稀勢の里押し倒しの勝ち。
でもこれだけ突っ張れるんだから、チヨスのケガは癒えてるようだね。角番脱出は間違いないでしょう。
キセノン、インタビューの受け応えがしっかりしてきたというか、なんというか。貴乃花が饒舌になればこんな感じになるのかなあといった印象。

○魁皇-豪風●
豪風がつっかけて魁皇が待った。
二度め。魁皇が右から張って左を差す。すぐに引いたら豪風はばったり。魁皇叩き込みの勝ち。
豪風の気負いを見抜いた魁皇の貫禄勝ちというところかな。

●安美錦-朝青龍○
ドルジが起こして踏み込んで左四つ。右上手を掴んで出し投げ気味に上手投げ。アミタンが残ったところを左で首を押さえて、強引に前に出ながら上手投げを打つと、もんどりうって両者土俵下へ。朝青龍寄り倒しの勝ち。
厳しい。あまりに厳しい攻め。この休む間のないドルジのスピード相撲は、見てて痺れるわあ。
安美錦は土俵下に落ちた際に足を痛めたらしく、ちょっと心配。

○白鵬-鶴竜●
差し手争いから鶴竜が押して出る。白鵬慌てず腰を落として押し返す。白鵬が捕まえると、鶴竜も右を差して右四つがっぷり。白鵬十分になって磐石の切り返し。23歳の誕生日を白星で飾る。
攻められても慌てず対処して、いつの間にか自分十分になっている白鵬の相撲。強いとは思うけど、あまり痺れない。

両横綱全勝同士の優勝決定戦、見てみたいなあ。
無理。

« 平成20年春場所初日、アレルアレナイ | HOME |  平成20年春場所アレナイ五日目 »

コメント

かつお節は枕崎(ぇ

お久しぶりです(最近この挨拶多いですね)。
琴光喜が初日から3連敗ということで心配です。どこか悪いんでしょうか。
稀勢の里は連日のインタビューですっかりおなじみになりましたね。

私のほうは昨日が休みで、久々の観戦に行ってきました。
式守錦太夫さん、それから式守勘太夫さんと一緒に写真を撮って頂いたんですよ。
勘太夫さんには「枕崎のかつお節よろしく」と言われましたw

こんにちは

生観戦いいですねえ。
行司さんと一緒に写真てのは、なかなか渋いですね。さすが行司フリーク。自分も光之助さんが現役のときに写真撮ってもらいたかったなあ。
勘太夫さんは枕崎の出身なんですか。こりゃまたマニアックな。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「春場所大相撲~わかいべてらん~」

 平成二十年三月(春)場所三日目。  新聞の“文字拡大ブーム”に乗って、今日から本日誌の文字を全体的に大きくしてみたが、色も問題だと思う。さて?   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  もと幕内の??と鳥羽の山が初日、五分。  森(...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/562-94998afd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。