スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年春場所アレナイ五日目

2008–03–13 (Thu) 20:48
今日も5時半ぐらいからテレビ観戦。
昨日の白鵬が敗れた相撲は、朝のニュースで見た。アミタンの変化(*´Д`*)ハァハァ

にしても思うのは、お相撲の時間、もう1時間遅いほうにずらしてくんないかなあ、ということ。
こういう人は多いと思うんだけど、5時に仕事が終わって、まっすぐ家に帰って、やっと最後のほうが見れるかどうか。
ゆっくり帰宅してからテレビをつけても、幕内後半戦ぐらいは見れるような、そんな時間設定にしてほしい。
プロ野球のナイターが6時すぎに始まるから、それと被らないようにするための措置だという噂を聞いたことがあるけど、今どきプロ野球に気を使わなくたっていいじゃんねえ。

○魁皇-琴奨菊●
魁皇は幕内の出場回数が史上単独6位になった。大関以上の力士の中では断然トップ。3年ぐらい前から、そろそろ限界かと言われ続けながら、それでも限界には至らずに相撲を取ってるもんなあ。すごいですね。
立ち合ってすぐ左四つ。互いに上手を取れないまま、琴奨菊にがぶられる前に魁皇が前に出る。そのまま上手は取らずに魁皇が寄り切りの勝ち。

●時天空-琴光喜○
立ち合ってすぐに右四つ。ミツキは素早く左上手を取る。一気に土俵際まで出て、おっ今日は完全にミツキの相撲、と思ったら残されて土俵中央へ。時天空の足が流れたところを、すかさず肩透かしを喰らわせて、琴光喜の勝ち。
ミツキは3連敗のあと2連勝。勝ったからいいけど、状態は良くなさそう。

●琴欧洲-安美錦○
安美錦が先に手を着いて、やたらと腰がぴくぴく動く。何かやりそう。
2度の待ったがあって、3回目。結局小細工はせず、正面から当たって安美錦が中に踏み込む。カロヤンが前まわしを取るものの、アミタンが左右に動いてまわしを切る。今度はアミタンが潜ってカロヤンの前まわしを取る。押し出して安美錦の勝ち。
対戦成績では安美錦のほうがリードしてるんだそうで、カロヤンにしてみれば、安美錦が何かしてくるんじゃないかと仕切りの最中悶々と悩んでいて、そこにアミタンが付け込むといった形になってるんだろうなあ。

●豊ノ島-朝青龍○
ドルジの喉輪をこらえたトヨノンがどうにか潜り込んで右四つ左下手を掴む。と同時にドルジが右上手からの出し投げを打って、トヨノンがくるっと半回転。うしろについて、トヨノンが向き直ろうとするところを寄り倒して朝青龍の勝ち。
速いよね。強かった頃のドルジの相撲だね。

○白鵬-雅山●
この二人が決定戦を戦ったのは、何年前だっけ。遥か昔のような、遠い想い出のような、そんな気がする。
立ち合い当たって、雅山の二の矢が来るところを、首を押さえながら白鵬が引く。体勢が崩れる雅山。白鵬が上手を取って、体を開いて上手出し投げの勝ち。
ま、落ち着いて取れてるから、昨日の負けは引きずってないみたい。

というわけで、次にお相撲が見れるのは来週の月曜か火曜ぐらい。
週末は実家に帰って、一大イベントがあるのです。

« 平成20年春場所三日目、磐石 | HOME |  結婚式 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「春場所大相撲~あんたいみすい~」

 平成二十年三月(春)場所五日目。国会中継のため、GTV中継は17:05から。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  下田(東29)3連勝。  琴禮(東8)が3連勝。山本山(東6)は初黒星、ちょっと十枚目は遠いか?  翔天狼(西3)3連敗。  ...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/563-a52d28ff

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。