スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年春場所十二日目、アレル

2008–03–20 (Thu) 18:29
春分の日。元気があれば難波まで見に行こうかなと思っていたけど、元気がないので取り止め。どうせ当日券も残ってなかっただろうし。

今日のNHK地上波放送は3時5分から。
自分は4時前ぐらいからテレビの前へ。ちょうど十両最後の一番が終わって幕内土俵入り。
朝青龍の土俵入りのうしろで、「あさ~~~~しょ~~~りゅう~~~」と野太い声で叫んでいるおっさんが気になる。
白鵬の土俵入りで、せり上がりのときに右肩が下がっているのが気になる。

テレビ幕内の実況は藤井アナ、解説は舞の海、ゲストにラグビーの大八木淳史。って大八木ってこんな白髪混じりだったっけ。えらい老けたなあ。46歳ならこんなものなのかね。
よく見たら藤井アナが普通のメガネをしてるぞ。メガネCMのモデルみたいw

○若麒麟-栃ノ心●
十両の栃ノ心が幕内で取る。栃ノ心の顔って誰かに似てるんだよなあ。何かのマンガの登場人物にいたような気がするんだけど、誰だったかなあ。
若麒麟の突っ張りをおっつけて残す栃ノ心。しかしそのおっつけを掻い潜って、つっぱりを相手の上体に当てる上手さが光る若麒麟。最後は足が揃って上体が泳いだ栃ノ心を横から突いて、若麒麟突き落としの勝ち。

向正面の席に移った大八木さんに、「ちょくちょく話を振りますのでお願いします」と諭す藤井アナ。さっき呼び掛けを無視したことに、ちゃんと釘を刺しておくことを忘れない。

●豊真将-高見盛○
ロボのパフォーマンスに関連して、ラグビーのハカの話。
ガンバッテガンバッテウガー! 相手チームはあれをじっと見てなきゃいけないって、ちょっとウザいねw
ロボの気合い注入パフォーマンスのあと、立ち合い。豊真将が下から当たって押して出る。豊真将の相撲だったが、土俵際で腰が伸びたところでくるっと体を入れ替えて、高見盛寄り切りの勝ち。
ほんと土俵際に強いね、このロボは。

○岩木山-皇司●
ラグビーの大畑と交流があるという岩木山。大畑が境川部屋に稽古に来るだって? それは面白そうだなあ。
長い差し手争いから右四つに組むと、岩木山が寄り切りの勝ち。

大八木と土佐ノ海の交流の話。
ああなるほど、同志社つながりか。それだけでなく、大八木は現在高知の高校に勤めているらしく、そっちのつながりもあるらしい。
その高校に土佐ノ海がやってきて、相撲健康体操を教えた、と。女子高生の股割り(*´Д`*)ハァハァ

○把瑠都-普天王●
先場所の対戦では内無双で把瑠都が勝っている。
秀平の解説。把瑠都は膝が悪いので、パワー相撲が取りづらくなってきている。そこで内無双が増えてきている。手も長いので良いんじゃないか、とのこと。へええ。
肩越しの上手を狙う把瑠都を下から押し上げて、速攻で前に出ていく普天王。あと一歩のところでまできて俵に足をかけて残す把瑠都。上手を引いていたのが効いて、逆転。半回転して掬い投げで把瑠都の勝ち。
ブログいい相撲だったのになあ。

●豪栄道-黒海○
豪栄道といえば、七日目の中入りの特集が良かったらしいねえ。どうにか録画して見るべきだったのかなあ。せめて小泉エリに中継のゲストに来てもらえんものかなあ。YouTubeにでも誰か上げてくれないもんだろうかと思って探したら、既にあった。

4歳のころから相撲を見てたって、ほんまもんの相撲ギャルやー。
今日の相撲。立って潜って前まわしを狙う豪栄道を、黒海が搗ち上げて撥ね除ける。もう一度潜ろうとするところを黒海が否すと豪栄道が後ろを向いてしまって、黒海送り出しの勝ち。
相手をよく見ている黒海。調子いいやん。
秀平解説。豪栄道は相手に応じた相撲を取らないといけない。そういう話から、相手の出身地も考えに入れないといけないという流れになる。出身地まで考えてるのか秀平は! そこまで話が進むに至って、藤井アナは渋々話を合わせている感じ。時折映る放送席の映像で、秀平を生暖かい目で見つめる藤井アナ。

●稀勢の里-雅山○
ミヤブの変化を残すキセノン。大きく突っ張るミヤブと、張り返すキセノン。離れるたびに顔面張り手の応酬になる。張り合いが長く続いて両者疲れた。左四つに組み合ったところで足が動かなくなってるのにキセノンが引いてしまう。ミヤブが悠々後ろについて、雅山送り出しの勝ち。
これは見ていて力が入ったいい相撲。
キセノン、あと1つで念願の新関脇が見えてくるんだから、ガンガレ。

○安馬-朝赤龍●
安馬が先に右下手。すぐに安馬が両差しになったところを、朝赤龍が小手投げ気味に振り回す。残った安馬が足をかけながらの下手投げで勝負あった。安馬下手投げの勝ち。
朝赤龍が振り回す際、明らかに安馬のマゲを掴んでいたんだけど、安馬が勝ったんだからいいか。反則があっても、相撲を途中で止めたりはしないもんなんだね。

●魁皇-若ノ鵬○
フライング気味に立った若ノ鵬が、両手で突いて強引に引き落とす。若ノ鵬叩き込みの勝ち。
この人、もう変化と引きがウリになってきてるよね。引く引く若ノ鵬の本領発揮だけど、魁皇も簡単に喰らいすぎだよなあ。

●白鵬-千代大海○
当たって千代大海が喉輪で白鵬の上体を起こすと、タイミングよく否して、白鵬は一人電車道。千代大海引き落としの勝ち。
白鵬の「やっちゃった」という表情が印象に残る。白鵬に集中力が欠けていた感じ。

○琴奨菊-朝青龍●
白鵬が2敗に後退してドルジはぐっと楽になった。なったけど、ドルジ本人はとにかく全勝を目指して、楽になったなんて思ってもないだろうけど。
ふわっと立って左を差すドルジ。左四つからがぶる琴奨菊。がぶる、がぶる琴奨菊。土俵際ドルジが弓なりになって残すも、休まない琴奨菊が、がぶり寄り切りの勝ち。
やっぱり目の前で白鵬が負けたのを見て、楽になったって思っちゃったのかなあ。

アレルハルバショ! といいたいところだけど、なんか今日は両横綱に気魄が見られなくって、アレルとはいい難い感じ。

1敗:朝青龍
2敗:白鵬、把瑠都、栃煌山

優勝争い、依然朝青龍有利は変わりない。
14日目あたりに、把瑠都、栃煌山を横綱に当てたりするのかなあ。もしなければ、平幕の2人にも優勝の芽が出てくるんだけど。

« 平成20年春場所十日目、行司の日 | HOME |  平成20年春場所十四日目、盛上参 »

コメント

こんにちわ^□^またみにきちゃいました。
思わずコメントしちゃいます♪
また見に来ますんで更新がんばってください。

把瑠都の内無双は今場所も1回やりましたけど 増えてるというほどでもないように思うのですが  

早々に優勝が決定してしまうほどに星差が広がらなければいいなと思っただけなので 両横綱は共に黒星だから「このまま」ですw  

どうもです

>Маша(マーシャ)さん
秀平が言ってたことなので、話7割ぐらいで聴いといてくださいw
千秋楽、盛り上がってきましたね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「春場所大相撲~まさかかんぱい~」

 平成二十年三月(春)場所十二日目。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会  明日は各段優勝決定日なので、三段目までの上位者も記す。 ・序ノ口 ☆6勝  千代錦(西2)・深尾(東26) ・序二段 ☆6勝  輝風(西7)・琴渡辺(東55)・霧桜(西83...  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/566-7e41e576

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。