スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年春場所千秋楽、マイドオオキニ

2008–03–23 (Sun) 18:29
囲碁のNHK杯はうっくん(張栩)が優勝しました。半目勝負って、さすが決勝戦ですね。しかしうっくん、爪噛みすぎw
チクン先生は残念ながら準優勝。コメントが秀逸。
「去年は優勝して、優勝カップを持ってたんで重かったんですが、今年は軽い。軽すぎて心が痛い」

囲碁の放送が3時20分に終わり、5分置いて3時25分。地上波で相撲の中継が始まりました。
ちょうど幕内土俵入りから。
もうちょっと早くから放送始めて、理事長の協会挨拶ぐらい、ちゃんと地上波でも流してほしいよね。「初日にあたり……」と言ったとか言わないとか。

三賞は以下のとおり。

 殊勲賞:琴奨菊(今日勝てば)
 敢闘賞:黒海、把瑠都
 技能賞:栃煌山

琴奨菊は、勝って殊勲賞の獲得と稀勢の里の関脇昇進を阻止できるのかどうか。
実況は藤井アナ、正面解説は北の富士さん、向正面は舞の海さん。
勝昭「白鵬は横綱らしいいい相撲を取ってる」
秀平「白鵬には甘いところがある」
勝昭「意見合わないね」
藤井「正面、向正面の意見が合わないのがいいところ」
うーん、まさにゴールデントリオです。

○若麒麟-琴春日●
審判の紹介アナウンスがしっかりマイクに拾われてる。貴乃花のところで拍手w
若麒麟の攻め、押して突いて一旦離れてまた突っ張って、琴春日の足が出るのと若麒麟が前に倒れるのがほぼ同時。行司軍配は琴春日で物言い。協議の結果取り直し。
貴乃花のマイクパフォーマンス初めて聞いた。なかなか上手いこと喋るじゃないかw 他の審判の説明よりも、だいぶ分かりやすいぞ。
取り直しの一番。若麒麟の突きが空振りして小手に巻く。若麒麟の小手投げは決まらず、琴春日が東へ出る。押し返した若麒麟が西へ攻めて、琴春日が土俵を割るのと若麒麟が手が着くのがほぼ同時。わずかに琴春日が先に出ているか。軍配は若麒麟でまた物言い。
貴乃花のマイクパフォーマンス再び。「行司軍配は東方若麒麟に挙がりましたが、軍配通り若麒麟の勝ちと決定いたします」
歯切れ良く喋って実に聴き取りやすいけれど、「挙がりましたが……」と逆接に言葉を繋いでおいて軍配通りというところで少し引っ掛かった。まあ他の審判もみんなそのあたりはいい加減だけどね。
決まり手は寄り切りで若麒麟の勝ち。

○栃煌山-高見盛●
栃煌山の喉輪からの厳しい攻め。土俵際、いつものロボなら凌いで残すところ、今日はあっけなく土俵を割ってしまう。栃煌山のがぶりも効いていた。栃煌山寄り切りの勝ち。
技能賞受賞の栃煌山。11番勝って華を添える。
技能賞のインタビュー。刈屋アナの声がガラガラ。フィギュアではしゃぎすぎたの?www

東の土俵下、塩と力水の脇のところに平松大阪市長を発見。橋下知事もどこかにいるのかな。

十両優勝木村山のインタビュー。
同部屋の栃煌山が技能賞を取ったことについて、
吉田アナ「今度は木村山関が技能賞を」
木村山「へっへっへ」
顔に似合わず笑い方がかわいい。

○普天王-嘉風●
嘉風が中に入って左四つ。普天王の形なのに嘉風が攻める。嘉風が引いたところを普天王が出る。離れて叩き合いになって再び左四つ。徐々に四つの形を固めていって、普天王がじっくりと出て、普天王寄り切りの勝ち。
ブログ10勝目。勝昭も期待してるんで、そろそろ上位に定着してほしいね。いつまでも若手じゃないんだしね。

序二段優勝輝風のインタビュー。
おしゃれなメガネの輝風。一言一言言葉を選んで喋る。
ありがとうございました、ありがとうございました、と礼儀正しく好印象。

○豪栄道-垣添●
豪栄道が叩いて叩いて垣添が残す。また豪栄道が叩いて垣添が残す。豪栄道が垣添をとったり気味に捕まえたところからようやく右上手を掴んで上手投げを打つと、きれいに垣添が飛んだ。豪栄道上手投げの勝ち。
引きすぎ豪栄道。まあ3日間勝ち越しがお預けになっていて、気持ちばっかり焦っていたんだろうけれど。でもようやく勝ち越し。

駿傑が引退を発表。
駿傑。・゚・(ノД`)・゚・。
琴ノ若の現役最後の一番で変化して勝って顰蹙を買った駿傑。・゚・(ノД`)・゚・。
お疲れさまでした。

○若ノ鵬-栃乃洋●
若ノ鵬が張り差し。栃乃洋が巻き替えるところを、若ノ鵬が出て俵に足をかけて残す栃乃洋。長い間、おそらく5秒ぐらい、ぎりぎりの状態で土俵際残す栃乃洋。ようやく栃乃洋が土俵中央まで戻す。栃乃洋は左下手。そこから膠着状態が続いて1分経過。若ノ鵬が上手を深い位置で取り直してから出ると、栃乃洋は力尽きた。若ノ鵬寄り切りの勝ち。
栃乃洋は6連敗のあと8連勝して1敗。惜しいなあw

○把瑠都-雅山●
張って捕まえにく把瑠都。捕まえられずに雅山は突っ張りを繰り出す。少し引いて追い詰められる把瑠都。2度3度と引いて最後に思い切りよく体を開くと雅山がダイビング。把瑠都も土俵際飛び上がって残すと、雅山が腹から土俵に落ちる。軍配は雅山で物言い。
協議の結果軍配差し違えで、把瑠都引き落としの勝ち。
把瑠都は敢闘賞受賞でインタビュー。かわいい。把瑠都のインタビューはいつ見てもかわいい。

ドルジが支度部屋を出て花道へ向かう。「行けえええ、ドルジィ!」という歓声。ちゃんと四股名で呼んでやれよw

●稀勢の里-琴奨菊○
左四つに組んで両者上手が取れない。稀勢の里が出ようとするところを琴奨菊が右を巻き替えて両差しからがぶるがぶる。腰高の稀勢の里、がぶられてあっけなく土俵を割る。琴奨菊寄り切りの勝ち。
琴奨菊は勝ち越しと殊勲賞を手にする。稀勢の里は8勝7敗で、関脇昇進なるかどうかは、安馬の成績次第。

○安馬-旭天鵬●
安馬の喉輪からの押しを凌いだ旭天鵬。右四つになって低い体勢から安馬の左からの上手投げが決まる。安馬上手投げの勝ち。
安馬も勝ち越して、稀勢の里はまた小結留め置き。不憫よのう。

これより三役

三役揃い踏み。西からは黒海が扇の要の位置に。初体験で戸惑う黒海。かわいい。
初めてやる人が、1人で前の列に出てやるのって、かわいそうだなあ。

●魁皇-黒海○
黒海が両手で突いて、右に体を開いて叩く。その一発で魁皇はばったり。黒海叩き込みの勝ち。
敢闘賞受賞の黒海。12勝目。相撲の前から、どうやって矢を受け取ったらいいのか心配していたらしい黒海。かわいい。

●千代大海-琴光喜○
土俵下の横綱の集中する表情。
秀平「北の富士さん、何か考えてますか、両横綱は」
勝昭「そりゃ何か考えてるでしょう」
そりゃそうだ。
突っ張る突っ張るチヨス。悠々と受け止めるミツキ。ミツキのおっつけでなぜか後ろに下がるチヨス。再び前に出ようとするところを、ミツキの引き技が決まる。琴光喜突き落としの勝ち。
ミツキはようやく勝ち越し。チヨスも8勝7敗。ハチナナ大関の揃い踏み。

●白鵬-朝青龍○
今場所のメインイベントキタ━━(゚∀゚)━━!!
「日本の宝 私の誇り 朝青龍」
「We love 朝青龍 2008」
といった、ドルジを応援する横断幕が目立つ千秋楽。先場所の相星決戦は歴史に残る一番になったからなあ。懸賞が47本になった今場所、一体どうなるでしょ。
ヨダッチにとって最後の本場所の裁き。時間一杯。
やや合わない立ち合い。ドルジが素早く左を差す。左四つになって白鵬が一気に前に出る。ドルジが右からの小手投げを打つと白鵬がゴロリ。朝青龍小手投げの勝ち。4場所ぶり22回目の優勝。ドルジはガッツポーズ。
これは白鵬が焦った。立ってすぐに組んでしまったものだから、白鵬としては安心してしまったのかもしれない。上手を取らないまま出ていって墓穴を掘った。
ドルジは花道を引き上げる際、受け取った懸賞を高々と掲げて観客に応じる。支度部屋で髷を結い直す。泣いてる。
一方白鵬は足を引きずりながら花道を引き上げる。どこで痛めたのかわからないけど、そのせいで勝負を急いでいたのかなあ。

表彰式。

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の巌となりて
こけのむすまで

賜杯と優勝旗の授与。あっ、貴乃花が土俵上にいるw 審判部副部長だもんなあ。その貴乃花の記録に並ぶ22回目の優勝。
内閣総理大臣杯の授与。1回ぐらい福田本人が来てほしいなあ。

吉田アナによるインタビュー。
吉田「4場所ぶりに抱いた賜杯。重さはどうだったですか」
ドルジ「ああ、重かったですね」
吉田「先場所の大一番、悔やしい思いをしたんじゃないですか」
ドルジ「私は大阪大好きやで、この土俵で、あの悔しい分を嬉しい分に変えたかったし、一生懸命努力しました」
このあたりから、ドルジの舌が滑らかになってくる。
吉田「貴乃花の優勝22回に並びました。次はどこを目標にしていきましょう」
ドルジ「まだまだ上を狙っていくんで、応援よろしくお願いします」
最後は遂にというか、やっぱりというか、ドルジお得意のマイクパフォーマンスになる。
ドルジ「わしは大阪好きやで! ほんまに好きやで! まいどおおきに!」
ちょwww ドルジやりすぎwww
勝昭「独壇場ですね。やりたくて仕方なかったんでしょうね」
ほんまにwww
大阪場所といえばドルジの「おおきに」というぐらいになってきてるもんなあ。白鵬じゃああいうリップサービスは期待できないもんなあ。

諸外国の表彰のあと、NHK金杯。
NHK金杯のときはじっと黙る実況席。
花道奥に橋下と東国原が登場して観客席はざわざわ。
ん? 宮崎県って何か表彰してたっけ? 先場所から始まったのか。先場所は中継見てなかったから分かんないや。
橋下大阪府知事登場。へらへら笑てるで。
「本当に熱い取組でした。大阪が元気になりました。ありがとうございました!」
賞状の中身ぐらいちゃんと読めや!
東国原宮崎県知事登場。こっちはちゃんと賞状の中身を読んでるというのに。牛1頭、果物1トン、とあと何だっけ。とにかく副賞の読み上げでどよめく館内。

朝青龍の15日間を振り返っている間に、しいたけ終了。梅干しだけちらっと映る。
しいたけ。・゚・(ノД`)・゚・。
勝昭が腑甲斐ない大関に釘を差して今場所の大相撲中継は終了。
かっこいいエンディング・ショートバージョン、キタ━━(゚∀゚)━━!!

というわけで、また来場所。
いよいよ本当の青白時代到来ですね。
番付予想は2、3日のうちに。

« 平成20年春場所十四日目、盛上参 | HOME |  平成20年夏場所の番付予想 »

コメント

今場所も観戦記、楽しみました。お疲れ様でした。

私も勝昭の「やりたくて仕方なかったんでしょうね」にウケマシタ。

宮崎県知事は、初場所はもっと細かに賞の内容を読み上げましたよ。
金柑たまたま(←商品名らしい。)とか、ズッキーニとかも
細かく宣伝していました。
今場所は割とあっさり。でも、府知事よりもビシッと決まった感じはしましたが。

来場所もどう表彰するか、こちらも楽しみです。

ありがとうございました。

こうして宮崎県の表彰を見ていると、大相撲の表彰ってのもなかなか宣伝になるもんなんだなあと思えてきますね。したたかに利用してるのは、さすがです。
大阪は今更宣伝する必要もないから、それでパフォーマンス優先だったのかもしれません。

# 表彰式も最後まで中継してくれないかなあ。もう10分程度前倒しで取組を進行すればできそうなのになあ。3年ぐらい前に1回だけ最後まで見れたことがあったけど、もう1回見たいなあ、行司の胴上げ。

初日にあたり、無事千秋楽を迎えられて良かったそうですよ(滝汗

宮崎県知事賞は私のブログで全部起こしてあるよ(先場所の

どうもです

>滑稽本さん
>初日にあたり、無事千秋楽を迎えられて良かったそうですよ(滝汗
カンペ見ててもそれですか。初日のカンペをずーっと懐に入れたままだったのかな。

>宮崎県知事賞は私のブログで全部起こしてあるよ(先場所の
拝見しました。さすがアピールの仕方を熟知してますな。
どうせなら、「宮崎牛○○号の肉」って牛の名前まで言ってくれたら完璧だったのに。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「春場所大相撲~まいどおおきに~」

 大阪府立体育会館で行なわれている、平成二十年三月(春)場所千秋楽(十五日目)。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会  既に決定している幕下以下各段の優勝も踏まえ、幕下以上の状況。 ・序ノ口 ◎全勝  深尾(東26) ・序二段  優勝決定...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/568-1e79f974

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。