スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹をすかして相撲を見る

2006–01–18 (Wed) 22:04
大相撲初場所十一日目。
いよいよ終盤戦。

把瑠都が5勝目

●福薗(東幕下8:4勝2敗)-(5勝1敗:西幕下3)把瑠都○
先場所、西十両4枚目まで上がっておきながら盲腸で全休して幕下に落ちてしまっていた把瑠都が5勝目をあげた。これで十両復帰は確実。初日の大相撲中継の特集で、1年後の夢番付なるものをやっていたが、その中で勝昭氏が「把瑠都は三役だね。いや、三役は無理か、幕内の真ん中ぐらい」みたいなことを言っていたように、誰もが期待する力士だ。
勝手に今後を予想すると、
 1月 幕下3(6-1)
 3月 十両12(12-3)
 5月 十両3(9-6)
 7月 前頭16(11-4)
 9月 前頭6(9-6)
 11月 前頭1(8-7)
ぐらいでどうだろう。期待込めすぎ?

出羽鳳が6勝目

●杉田(東幕下32:5勝1敗)-(6勝0敗:西幕下8)出羽鳳○
普天王の付け人としてたびたびブログにも登場する出羽鳳が負けなしの6連勝。新十両が見えてきた。
がんばれ!郷土力士」を見て知ったんだけど、ドルジの後輩になるんだねえ。さらに言えば影山の先輩か。明徳義塾恐るべし。
昇進が決まれば初土俵から11場所での新十両となって、ドルジの10場所に次いで歴代(年6場所制以降)13位になるはず。これまた将来有望な力士だ。貴重な日本人の若手、おいら応援しちゃうよ。

今日の一番

○朝青龍-岩木山●
ドルジといえばなぜか11日目が鬼門。去年喫した6敗のうち2つが11日目(7月黒海、9月安美錦)なのだ。そして岩木山には一昨年の9月には負けている。だから何だという気もするが、ちょっぴりわくわくして相撲を見た。
実際、今日の相撲も重い岩木山を攻めあぐねるドルジ。かといって岩木山のほうも防戦一方なのだが、なかなかの粘り腰を見せる。しかし粘っているだけではどうにもならず、次第にドルジのまわしが伸びてきて、岩木山の粘りもここまで。岩木山としては一気に押してしまいたかったのだろうけど、組んでここまで取れるんだから大したもんだ。一方ドルジから見ると、昨日の琴光喜、今日の岩木山と、簡単に勝つことはできなかった。この調子では、今後の対戦相手を考えると、
 12日目 白鵬
 13日目 北勝力(?)
 14日目 琴欧州
 千秋楽 栃東
そう簡単に優勝させてはくれないと思うのだが、どうか。

« 芥川賞と直木賞 | HOME |  手がかじかんでも相撲を見る »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「2006年初場所11日目」

栃東優勝決定!!!昭和47年にね…化粧回しが話題の猛虎浪が中村獅童に似ていると思う今日この頃、アナウンサーの身の上話が結構多いなぁ(私も昔はほうきを持って弓取り式の真似をして…とか)なんてぼんやり思うワケです。こういうさり気ない世間話が、「相撲に詳し  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/57-d1ff56e4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。