スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年夏場所二日目、花火

2008–05–12 (Mon) 18:02
今日は4時すぎの中入りの特集、新十両大勇武の紹介の途中からテレビ観戦。
その気になっててきぱきと用事を済ましていれば、3時12分の地上波の最初から見れたかもしれんなあ。
実況はかわいい三瓶アナ、正面解説は出羽海さん、向正面はかわいい北陣さん。

白鵬と同期入門の大勇武。ていうか大勇武ってモンゴル人だったのか、知らんかった。
7年かかっての新十両ということだけど、7年、7年と強調する佐藤アナ。
大勇武の母方の祖父がモンゴル相撲の横綱らしい。名前はトブデンドルジ。ここにもドルジ。そんなによくある名前なのか、ドルジって。
芝田山部屋ってことは、日頃からスイーツ三昧なのかな。

○栃ノ心-白馬●
右四つに組み合って投げの打ち合い。栃ノ心の左上手が勝り、上手投げで栃ノ心の勝ち。
テレビの実況でも足腰がいいと何度も言われているけれど、この投げの打ち合いを制したのはすごいぞ。白馬の下手投げが一瞬有利に傾いたところを堪えて、踊るような体勢になって投げ勝ってるんだから。
これは楽しみ楽しみ。

●垣添-玉春日○
垣添が筈押しで一気に西の土俵際まで持っていく。玉春日が回り込んだところを、さらなる押しで東まで持っていくところを、玉春日の叩き込みが見事に決まる。叩き込みで玉春日の勝ち。
出羽海「芸術的ですね」そうですね。

○露鵬-豪風●
引く引く露鵬。回り込みながらさらに引く引く露鵬。叩き込みで露鵬の勝ち。
なんだかなあ。あっさり喰らう豪風も悪いんだろうけど。

○普天王-高見盛●
ロボがふわっと立った。というか、普天王が若干フライング気味というか。戸惑ったのか、ロボは力を出すことなく、あっけなく土俵を割る。普天王寄り切りの勝ち。
誕生日を白星で飾れなかったロボ。ま、30過ぎたら誕生日なんかどうもいいやね。

○豪栄道-北勝力●
ニュースの間に取組が終わる。
北勝力の両手突きが空振り。北勝力がポカンとした顔をしている間に豪栄道が一気。豪栄道寄り切りの勝ち。
北勝力www やる気なさすぎwww

●雅山-琴奨菊○
突き放す雅山。琴奨菊が一瞬引いて、雅山の体を呼び込んだところを差す。差したらあとは、琴奨菊が寄るだけ。寄り切りで琴奨菊の勝ち。
なんか相撲の取り口に貫禄が出てきているぞ、琴奨菊。

○琴光喜-若ノ鵬●
ミツキの両差し。若ノ鵬をバンザイさせて一気の寄り。琴光喜寄り切りの勝ち。
圧倒的じゃないか琴光喜。ま、大関だから当然なんだけど。今場所こそは、大関の誰かが優勝争いに食い込んでいくのだろうか。

●旭天鵬-琴欧洲○
低い体勢で当たる旭天鵬を攻めあぐねる琴欧洲。ようやく起こしてがっぷり右四つに組むと琴欧洲は力が出る。振り回しぎみに寄り切る。決まり手は下手投げで琴欧洲の勝ち。
佐渡ヶ嶽陣好調だなあ。

○千代大海-稀勢の里●
出る出るキセノン。一気に決まるかというところ、土俵際の魔術師チヨスが右足一本でくるっとかわすと、そこからはチヨスの相撲。出る出るチヨス。千代大海押し出しの勝ち。
うーむ、詰めが甘いなキセノン。決まったと思って気を緩めちゃったのかなあ。
一方千代大海はさすがの魔術師ぶり。こういう相撲もいいね。アイラブりゅーじ!

○朝赤龍-魁皇●
低く当たった朝赤龍が、すぐ右に変わって魁皇の横につく。慌てた魁皇の体勢をさらなる出し投げで崩して、朝赤龍押し出しの勝ち。
二日続けての大関陣安泰ならず。残念。

○朝青龍-把瑠都●
今気付いた。森永賞の懸賞幕が、キャラメルからチョコボールに変わってる。いつからだったのかなあ。昨日からかなあ。
把瑠都が左を差すところ、ドルジがさらに下から右の前褌、左の下手と取る。動きを止められた把瑠都。ドルジが左下手を捻ると、把瑠都の巨体が宙を舞う。朝青龍下手捻りの勝ち。
一瞬把瑠都の膝が逝ってしまったように見えたけど、ドルジの引き付けが強烈だったからそう見えた模様。把瑠都は膝のサポーターが痛々しいなあ。

●黒海-白鵬○
なんか進行が早い。幕内前半は遲すぎるぐらいで、ニュースの時間までに前半が終わってなかったのに、後半加速して、まだ17時51分。
昨日、庄之助の地元延岡では、昇進を祝う花火が上がったらしい。伊之助になったときにも花火上がってたね。
踏み込んで左を差しに行く白鵬に対して、黒海は小手に巻いてバタバタするだけ。白鵬が深く差せば黒海はバンザイしてしまって、そのまま白鵬寄り切りの勝ち。
危げなし。

時間が余ったおかげで、ゆっくりと弓取式の様子が見られた。
男女ノ里の腰の動き(*´Д`*)ハァハァ
弓取式が終わってもまだ54分。何だったんだろう、今日の進行は。

6時のニュースは麿。
頭髪は前面が黒くて、頭頂部が白い。雪山みたい。

明日は見れるかなあ。どうかなあ。

« 平成20年夏場所初日、安泰? | HOME |  平成20年夏場所三日目、ワカラオ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「安定?」

 平成二十年五月(夏)場所(於・両国国技館)は、二日目。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会  ※行司「木村玉治郎」代々を更新。初代と2代目の間に、2代目が加わりました(以下1代ずつ繰り下げ、当代は6代目)。 ・幕下  史上最長の現役158場  …

「2008年大相撲夏場所2日目」

ん~、昨日あまりにも朝青龍の負け方がショッキングだったので、朝青龍駄目かもとか思いましたけれど…。 こうして相撲を見る限りにおいては、朝青龍が駄目ってより稀勢の里が凄いのかも知れない。 まだやれるかな、朝青龍も。 分からないけど(汗 九重親方握手会...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/579-5bdb41f5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。