スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年夏場所三日目、ワカラオ

2008–05–13 (Tue) 19:17
今日は5時20分頃からの観戦。
テレビ幕内の放送は刈屋、尾車、秀平のトリオ。

ちょうど明日の十両の取組を紹介する場面。
刈屋「市原に、ワカラオ」
ワカラオwww
まあ若荒雄をそう読んでしまう気持ちはわかる。自分も最初はワカラオと読むもんだと思っていた。
もうワカラオに改名しちゃおうよwww

○安美錦-鶴竜●
立って当たって突っ張り合い。鶴竜の上体が起きたところ、安美錦がさっと左上手を掴んで片手でぶん投げる。鶴竜は土俵下へ飛んでいった。安美錦上手投げの勝ち。
アミタンの飄々とした表情が素敵♪

●安馬-朝赤龍○
ダシ変わった! 小さくジャンプ、跳び箱のような叩き。 朝赤龍叩き込みの勝ち。
変化も変化だけど、まあでもこりゃ安馬が低すぎるよ。

○稀勢の里-魁皇●
左四つになりかけたところを、キセノンが潜って一気に出る。稀勢の里押し出しの勝ち。
なるほど、上手が取れない魁皇が巻き替えようとしたところを、キセノンが出たわけか。いいよいいよキセノン。

●千代大海-若ノ鵬○
チヨス相手に何かするかと思った若ノ鵬だけど、普通に当たる。若ノ鵬が右から突いたところでチヨスがバランスを崩して正面土俵にごろり。引き落としで若ノ鵬の勝ち。
両者ともにバタバタする変な相撲だった。チヨスは、突かれたときに指が目に入ったらしい。そのせいで力が抜けたのか。災難やねえ。

●把瑠都-白鵬○
把瑠都の表情がいつになく険しい。何かやってくれると思ったら、白鵬の突き二発でくるっと横を向いてしまう。白鵬がバックを取って引き落とす。決まり手は裾払いで白鵬の勝ち。
負けたあとの苦笑いがかわいい把瑠都だけど、負けたときはもっと悔やしそうにしなきゃ。

○朝青龍-黒海●
黒海が低く当たって、当たりは黒海。ドルジが否すと、その一発で黒海は横向きに。向き直すところをドルジが悠々と寄り切る。朝青龍寄り切りの勝ち。
仕切り中に時計は6時を迎える。昨日あれだけ時間余ってたのに、時計係は何をやってるんだ。

では。

« 平成20年夏場所二日目、花火 | HOME |  どこでもスケートリンク »

コメント

マスラオ

 今にして思えば、良く「益荒雄」を「マスラオ」と読めましたね。今ごろ益荒雄と間違えるのも珍しいんですが…。

どうもです

>紅葉橋律乃介さん
「益荒男」で「マスラオ」と読む言葉がありますからね。男が雄に変わっただけなので、すんなり「マスラオ」と読むことはできるでしょう。
とはいえ、インパクトのある四股名ですよねえ。ワカラオと読んでしまうのも、そのインパクトの為せる技でしょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「順当に後退」

 平成二十年五月(夏)場所(於・両国国技館)は、三日目。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  トンガ出身の南乃島(西53)連勝。  李(西13)連勝。  森(東4)が初日、琴禮(東3)連敗。  阿覧(西2)連勝、土佐豊(西筆頭)1敗。  …

「2008年大相撲夏場所3日目」

保志光VS北桜 北桜は初日に通算1300回だったそうです。 今日は時間一杯。 右四つ。 保志光が頭を付けて左右から強烈にオッツケるが、北桜も我慢して起こしに行こうとする、超力技の我慢大会。 保志光が圧力負けした所を北桜が突っ張って、再び密着した時は北桜、若干...  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/580-6970ccaa

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。