スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ大陸発見

2006–01–19 (Thu) 22:21
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1646617/detail

【北京 17日 ロイター】- 火薬や紙やコンパスなどを発明したのは中国人と言われているが、中国人がアメリカ大陸を発見したというのは、時期尚早のようだ。

  中国・北京で16日、コロンブスがアメリカ大陸を発見する10年以上も前に、中国の艦隊が米大陸にたどり着いていたことを示す1418年のものとされる地図が公開された。しかし、その地図の真偽をめぐり激しい議論が巻き起こっているという。1418年の鄭和の地図の原版を18世紀に複写したとされるその地図は、2001年に中国人弁護士かつ美術品収集家の劉剛氏が500ドル(約5万8000円)で購入したもので、北米、南米とも非常に詳細に描かれている。
……

アメリカ大陸の一番乗りはコロンブスか、はたまた中国人か、ということに焦点が集まっているように見える。
そもそもアメリカ大陸を発見したのはコロンブスでも中国人でもないのにね。多くの西洋人は自分たちの視点でしか世界を見ていないですからね。アメリカ大陸には何千年も前から人が住んでいるんですから。
原住民以外で誰が最初に行ったのかということになっても、北欧のバイキングが10世紀頃に行ってるんだよね。同じ頃にはおそらく、ポリネシア人も南米に行っていただろうし。
あと眉唾ものだけど、「魏志倭人伝」に登場する「裸国」「黒歯国」というのがアメリカ大陸にあるのだとする説もある。
それはともかく、アメリカ大陸を発見したのはコロンブスだということを学校なりどこなりで教えたりするのは、そろそろやめたほうがいいだろうね。もちろん中国人だとするのもおかしい。あえて誰が発見したのかを言うとすれば、何千年前かあるいはもっと前か、今よりもっと地球が暖かかった頃にベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に移住したモンゴロイド、ということになるだろうけど。
国際社会ですから。

« 手がかじかんでも相撲を見る | HOME |  ブログ人マップβ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/59-e71c1c95

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。