スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年名古屋場所中日、集会

2008–07–20 (Sun) 20:27
今日は4時すぎからTV観戦。
放送席は刈屋、勝昭のコンビ。向正面はいないの?

久しぶりに見る白鵬の土俵入り。
こんなにあわただしかったっけ? なんかせり上がりがせわしないよん。

中入りの特集「二元中継」って何かと思ったら、舞の海と小泉エリと相撲ファン300人とで、NHK名古屋放送局に集まって、何か集会をやってるらしいぞ。舞の海はこっちにいたのか。
にしても、エリたんすっかりレギュラーになったなあ。かわゆす。
勝昭「あそこにいたの、舞の海」
刈屋「お客さんの中に隠れて見えないと思います」
と、ヒドいことを言うのは愛知県体育館の二人。

○将司-豊桜●
つっぱる豊桜をつかまえて、巻き替えて両差しから前に出て、豊桜を横から倒す。送り倒しで将司の勝ち。
ジャンボ、上手い相撲取るね。

○垣添-木村山●
木村山が立ち合い変わったことで、あっさり押し出しで敗れる。調子良かっただけに惜しいことをするなよ。
舞の海、遠くにいても解説を頼まれる。そういう役回りなのねww
エリたんも垣添についてコメント。
小泉エリはいいところを見ているなあという刈屋と勝昭の話から、
刈屋「テレビの前で見ている若い女性もああいう感じなんでしょうね」
いや、あんな鋭い見方をする人なんてそうはいないよ。
それとも「かきぞえが……」と呼び捨てにしたことを言ってるのだったりして。

○玉乃島-嘉風●
3回の待った。魁傑怒りまくりw
4回目。やや遅れて立った玉乃島が猛然と攻めて、嘉風を押し倒す。土俵際、倒れた嘉風が行司木村恵之助をも押し倒す。
避けきれない恵之助w でもちゃんと力士の足元を見ていたのは流石。

●玉春日-鶴竜○
足のケガで初日の出ない玉春日。
舞の海「小泉エリさんがインタビューすると勝てないというジンクスは作ってほしくないですよねえ」
お前が言うなwww
玉春日。今日の相撲でも足が出てない。逆に鶴竜は出る出る鶴竜という相撲で一方的な突き出し。
エリたんも言ってたように、早く1勝して、波を掴んでほしいですね。

NHK名古屋放送局。
勝昭のリラックスした表情が映ったときが、一番会場が沸いたってwww
2chの実況スレ並www

○雅山-高見盛●
せっかくつかまえたのに引いてしまうロボ。ずるずるとやられて、押し出しで雅山の勝ち。
星が五分に戻って、いつもにも増して(´・ω・`)ショボーン なロボ。

力士の帰る姿を映像で紹介。
黒海とのグルジアダービーに敗れた栃ノ心、迎えの車がない? なんてコッカイ\(^o^)/

○豪栄道-北勝力●
明日の取組を紹介している間に、勝負がついた。
両手でいく北勝力。豪栄道がさっと体を開くと、ばったりと土俵に這う。引き落としで豪栄道の勝ち。
相撲もそうだし、放送上の扱いもフニス。

○魁皇-安美錦●
終始安美錦ペース。潜って足をかける。足をかけて出る。翻弄して翻弄して、内掛けを魁皇がしぶとく残すと、今度は魁皇が安美錦の上手を切って寄り切る。寄り切りで魁皇の勝ち。館内割れんばかりの歓声。名古屋でもこの歓声。
これはいい相撲。まだまだいけるよ。

●若の里-琴光喜○
NHK名古屋放送局は手拍子w なんかやらせクサイぞ。
琴光喜が踏み込んで一気に出ようとするところを、若の里が残す。左四つになって若の里の上手が深い。ミツキの右の腕はバンザイ状態で、若の里の顔を抑え付けて必死に残す。若の里が出るところを、タイミングよく巻き替えて、ミツキが体勢を作って引き落とし。引き落としで琴光喜の勝ち。これまた割れんばかりの歓声。
この相撲もいい。よく残ったなあ。ファンの声援がミツキを後押しするとは珍しい。

○琴欧洲-栃乃洋●
琴欧洲が右に大きく動いて上手を取る。逆に栃乃洋は左下手を取って万全。刈屋「琴欧洲の右、対、栃乃洋の左」
投げの打ち合いになったら栃乃洋じゃないの、という感じだったけど、カロヤンは投げずに引き付けて寄って出る。琴欧洲寄り切りの勝ち。
なんとか来場所に繋げてほしいね。
ところで琴欧洲がブログを書いているということをさっき知った。拙い日本語で綴られるブログ。カロヤンかわいいよカロヤン。
http://kotooshu.aspota.jp/

今日は帰る力士特集のようで、たびたび車に乗り込む力士の映像が登場する。
琴奨菊www カメラ目線で胸を押さえて、なんかポーズとってるwww

○白鵬-豊ノ島●
電話があってちゃんと見れなかったよ。なんか白鵬が張っていって、差して、寄り倒し、って感じ。
まあとにかく全勝を守った。

最後に舞の海とエリちゃんの話を聞きたかったなあ。
舞の海は北京五輪の取材も頑張ってね。

全勝:白鵬
1敗:琴光喜、安馬

は、昨日と変わらず。
出羽出羽。

« 平成20年名古屋場所7日目、やっと見れた | HOME |  散水注意 »

コメント

> ファンの声援がミツキを後押しするとは珍しい

序盤で手拍子が起きた時には どうにか頑張ったミッキー兄さんでしたが 六日目の金曜日には ついに耐えきれず?「待った」を2回  
それで七,八日目には 体育館のお客さんは手拍子をしなかったのだと思います  心得てるなあ  

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「名古屋、九死に一勝」

 平成二十年七月(名古屋)場所(於・愛知県体育館)は、中日(八日目)。名古屋場所は中日新聞社の尽力で、連日盛況であります。  さて、延期の検討もされていたモンゴル巡業は、予定通り行なうことになったらしい。朝青龍が文句を言ったから…ではないよね?  で  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/591-8d010760

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。