スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年初場所二日目を楽しむ

2009–01–12 (Mon) 18:08
今日は5時前ぐらいからテレビ観戦。
もうちょっと早く帰宅する予定だったのだけどなあ。まあいいか。

○阿覧-高見盛●
そろそろ館内放送の行司は、「ロシア・ウラジカフカス出身」なのか「ロシア・ウラジカフカス市出身」なのか統一してほしいけど、そんなことは、ま、どうでもいいですね。
立ち合いで手を2度ついてしまったロボが中に潜れず、離れて取ることに成功した阿覧が押し出しの勝ち。

●若の里-普天王○
普天王が左下手。両者それ以外のまわしが取れずにもがき続ける。普天王が出ると同時に若の里が右上手を取って、土俵際残す。若の里が自分の形になって出るところを、普天王が左右に揺さぶって残し、両者力のこもった投げの打ち合い。若の里の上手が切れ、体が半回転。普天王送り出しの勝ち。
熱戦に館内も湧く。敬。

○把瑠都-嘉風●
低く当たる嘉風、背中越しに右上手を取る把瑠都。嘉風が中に入り、上手を切って出る。把瑠都は肩越しに左上手を取って強引にぶん投げる。把瑠都上手投げの勝ち。
相撲は嘉風だったんだけどなあ。先場所からの確変はまだ続いているみたいだねえ。しかし今日は、把瑠都の異次元殺法の前に敗れ去った、という感じ。

●日馬富士-雅山○
出る出る日馬富士。土俵際まで攻め込んでおきながら、せっかく取った上手を離した瞬間、雅山の左からの突き落としを受けて、土俵にばったり。雅山突き落としの勝ち。
昨日の負けでさらに固くなったんじゃあるまいか。焦っちゃだめよ。

●安美錦-魁皇○
がっちり当たって、すぐに魁皇が叩き込み。安美錦は土俵にばったり。魁皇は首をかしげながら勝ち名乗り。
こういう相撲多いよね、魁皇。省エネ相撲で少しでも長く土俵に上がり続けるぞ、っと。

○白鵬-旭天鵬●
花道の奥で呼出と仲睦まじく喋ったりしている女の子が気になる。呼出のファンなのかな。
上手を取って万全白鵬。切られてもすぐ取り返して、腰を落としてじっくりと出る。白鵬寄り切りの勝ち。
万全すぎる。

●琴奨菊-朝青龍○
琴奨菊が右上手を取る。朝青龍が左を差して掬うとあっさり上手が切れ、琴奨菊が左を探りにきたところを、朝青龍が右からしぼって突き落とし。朝青龍突き落としの勝ち。
まあドルジらしい相撲になってきてるよね。このまま勝ち続けてほしいなあ。問題は15日間取り続けるスタミナかな。

二日目を終わって大関陣の星が面白い。
千代大海、魁皇、琴欧洲が2連勝。
琴光喜、日馬富士が2連敗。
新大関って、行事とか色々あって疲れるんかね。稽古量が売りの日馬富士だけに、稽古不足になったりしてるんだったら、つらい。

次は中日あたりに見れたら見る。

« 平成21年初場所初日を見る | HOME |  平成21年初場所中日を愛でる »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/604-4221c276

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。