スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い息を吐きながら相撲を見る

2006–01–20 (Fri) 21:00
ますます寒くなってきた。明日は雪になりそう。
大相撲初場所十三日目。
序の口では臥牙丸(ががまる)、三段目では暁司(ときつかさ)が優勝を決めた。どっちも読みにくい四股名だなあ。

幕下優勝争い

幕下は今日最後の一番
○東幕下1・北勝岩(4勝3敗)-(6勝1敗)出羽鳳・西幕下8●
で全勝が消えて、把瑠都、出羽鳳、杉田、白馬、霧の海、豊乃國、若ノ鵬の7人が6勝で並んだ。千秋楽、この7人で優勝決定戦が行われる。エストニアの把瑠都、ロシアの若ノ鵬、モンゴルの白馬となかなかバラエティに富んだ面々。この中ではやはり、先場所まで十両の上位にいた把瑠都が有力ということになるんだろうか。とはいえ7人によるトーナメントでの優勝決定戦だと何があるかわからない。熱い決定戦になりそう。

一方この前、新十両が見えてきたと書いた出羽鳳だが、結局8枚目で6勝1敗だとちょっと微妙だ。というか今日の北勝岩戦が、十両に上がれるのはどっちになるかという選抜の意味合いのある取組だったわけで、新十両はおあずけということになる。来場所は勝ち越し=昇進という番付まで上がってくるので、期待したい。その前に優勝決定戦もあるので頑張ってくれい。

天覧相撲

今日は天覧相撲。四角く並ぶ珍しい土俵入り。いつ以来の天覧相撲なのかな、1年ぶりか。そうかそうか。でも13日目に天覧相撲って珍しいね。国会の開会に合わせてのお出かけなのかな?
土俵入りは蹲踞の姿勢を保ったまま、自分の四股名が呼ばれたら立って一例をしてから控え室に戻っていく。あとのほうで呼ばれる力士は、じっと蹲踞の姿勢を続けていなければいけない。最後に呼ばれる琴欧州は、顔を動かしたり化粧回しをいじったりして、じっとしていられない。足が痺れたのか?相撲に影響がなければいいけど…と心配してしまうのだが…。

幕内の取組いろいろ

●若兎馬-旭鷲山○
珍しくやる気のある旭鷲山。順番からいくと今場所はやる気のある場所のはずだけど、ここまであまりやる気が見られなかった。5勝7敗で迎えたこの一戦、珍しくがっちりと組んでやる気を見せる。なんでも、負けると怒るという娘が応援に来ていたらしい。毎日応援に来てたらすぐにでも横綱になれそう。
1年を 3場所で暮らす いい男。

○時津海-垣添●
立ち合い垣添が両差しにくるところを時津海が抱え込んで寄り立てる。一旦離れたあと、今度は垣添が時津海の腕を小手に抱え込む。投げを打とうとする垣添を必死の形相で食い止め、土俵際まで押し込む時津海。そのまま寄り倒して時津海の勝利。
勝昭氏に「時津海らしくない」と言わせるもの凄い気魄が圧巻。時津海は2敗を守って11勝目。優勝争いに踏み止まった。明日は白鵬戦。

●北勝力-白鵬○
一体北勝力は何がやりたかったんだろう。立ち合い当たったかと思ったら中途半端な変化。そんな中途半端さだから当然白鵬はよく見ていて、安定さを欠いた北勝力の体をひと突きすると、あっさり土俵下に転落してしまった。せっかく調子が良かったのに、そんな相撲を取っていたらダメだろう。明日は栃東戦なのだがもう結果は見えてしまったも同然。気持ちの持っていきようだと思うが、入れ替えることはできるのか?

●琴光喜-岩木山○
式守伊之助に喝!
琴光喜がつっかけて立ち、岩木山ははっきりと力を抜いた。それなのに伊之助は「ナクータヌクータ」の掛け声。慌てて審判長の九重が手を挙げて相撲を止める。やっちゃったよ伊之助。ここまでミスなく裁いてきたのに、伊之助の名が泣くぞ。引退まであと2日、しっかり裁いてくれよ。

○栃東-琴欧州●
うまいなあ栃東。左の上手を狙ってくるカロヤンを軽くいなして体勢を崩すと、そのままあっさりと押し出し。ひょっとしてカロヤン、土俵入りのときに足痺れてた? まさかね。
これで栃東は1敗を守って単独トップ。琴欧州は3敗目を喫して一歩後退。初優勝は限りなく厳しくなった。

●朝青龍-安馬○
珍しくドルジ(ダグワドルジ)が腕にテーピングを巻いて登場した。昨日の白鵬戦で極められた右腕だ。これはヤバいかもわからんよ。
相撲はドルジ(ダグワドルジ)が左を差しつつ右の上手を探っていると、ドルジ(ビャンバドルジ)が右からの上手投げ。いつもなら平気な顔をしてこらえるドルジ(ダグワドルジ)なのに、腕だけではなく腰まで弱ってしまったのかのように、がっくりと右手を土俵に着いてしまう。右腕を攻められていたわけでもないのに、なぜ?
これでドルジ(ダグワドルジ)は3敗目。8連覇は絶望的。
一方ドルジ(ビャンバドルジ)は初金星に嬉しそう。嬉しさの中に、あれ?横綱どうしたの?という戸惑いの表情も見えた。

明日は…

1敗 栃東
2敗 白鵬、北勝力、時津海
3敗 朝青龍、琴欧州

明日は優勝争い上位の6人が直接顔を合わせる。
 時津海-白鵬
 栃東-北勝力
 朝青龍-琴欧州
センター試験で見れない受験生 (´・ω・)カワイソス

« ニューホライズン打ち上げ | HOME |  騒音に耐えながら相撲を見る »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「2006年大相撲初場所13日目」

新日本プロレスの1.4東京ドームも、男祭りもダイナマイトも敵わない好カード目白押しの13日目。馬場VS猪木と闘魂三銃士がセットになっても勝てない。ただ、勘違いはいけない。これは、優勝争いが激しいからなのでは、「無い」。役者は既に揃っていた。昨年から「見たい  …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/62-c321bf2c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。