スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行司の昇格人事

2006–01–27 (Fri) 01:30
いつもなら千秋楽あたりに発表される行司の昇格人事だが、全然発表がないもんですっかり忘れていた。ようやく今日、というか昨日発表になったんだけど、相撲協会のサイトにはその話題が載ってないのね。仕方ないのでスポーツ新聞のサイトから拾ってくる。

行事の朝之助が伊之助に昇格

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、2月10日付で三役格行司の木村朝之助(63)=本名野沢要一、青森県出身、高砂部屋=が立行司の式守伊之助に昇格することを決めた。
(略)
 また、3月1日付で行司10人の昇格を次の通り決めた。
(略)
http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/01/26/202756.shtml

よく見ると昇格の日付が違うんだねえ。2月10日というのは現・伊之助の誕生日だから、きっちり65歳で定年になるということか。現・庄之助の誕生日が2月13日だから、その3日間だけは咸喬庄之助、朝之助伊之助の二人が立行司をつとめる、ということになるわけだ。稀有な一瞬と言っていいだろう。それと三役格の一童が3月3日で定年なので、3月1日から3日までの一瞬だけは、三役格が5人になるということになる。これも珍しい。
2月13日以降、庄之助は空位となる。おそらく秋場所前後に朝之助伊之助が庄之助に昇格して、三役行司の中から次の伊之助が誕生するという流れになると思う。順番からいけば与太夫が立行司になるんだろうけど、実力次第では追い抜かすこともあるわけで、次の伊之助昇格争いが面白くなってくれると見ているこっちとしても楽しい。

というわけで、春場所からの行司の格付けは次のようになる。
立行司
式守伊之助(元・木村朝之助)
三役格
式守与太夫
木村城之介
式守勘太夫
式守與之吉
幕内格
木村信孝
木村庄三郎
木村正直
式守錦太夫
木村和一郎
木村玉治郎
木村恵之助
木村善之輔
十両格以下略
ついに城之介や勘太夫も三役かあ。個性的なのはいいんだけど、危っかしいからなあこの二人。昇格に伴って貫禄とか安定感とかがちゃんと付いてくれるように祈ってます。

« 新しい地図記号が決まる | HOME |  腰痛 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/70-80e39a4f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。