スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽系の天体の大きさを比べてみると

2006–02–02 (Thu) 22:24
2003年に発見され、去年発表された天体"2003 UB313"の大きさがほぼわかってきたようだ。

"Tenth Planet" Larger Than Pluto, Study Confirms


Stefan Lovgren
for National Geographic News
February 1, 2006

Scientists have measured the size of a solar system object discovered last year and confirmed that it is larger than Pluto.

The icy object, called 2003 UB313, is located in the far reaches of the solar system. It measures 1,900 miles (3,000 kilometers) in diameter. Pluto, by contrast, measures 1,400 miles (2,300 kilometers).
……
http://news.nationalgeographic.com/news/2006/02/0201_060201_ub313_pluto.html

直径が約3000kmで、上下300~400kmほどの誤差ありということだ。ちょっと前までは2600km前後(?)とかいわれていたから、ちょっと大きくなったみたいだ。他の天体との大きさ比べでは、このwikipedia(http://en.wikipedia.org/wiki/2003_UB313)のページにある画像がわかりやすい。

前にも書いたけど、この"第10惑星候補"は惑星認定しないほうがいいと思う。惑星認定してしまうと、今後も同じような大きさの天体は数多く見つかるだろうから、そうしたらどんどん惑星の数を増やさざるを得なくなる。冥王星だけは既得権があったということで惑星のままでもいいけど、これも本当なら小惑星に降格させたほうが「惑星」の定義も明確に作ることができてすっきりするのだ。

で、この2003 UB313の大きさが大体固まってきたところで、それ以外に大きめの天体って今までどれくらい見つかってたっけなあと思って、調べてみたのだ。

リストアップしたのは、太陽系の中で今までに見つかった直径が1000km以上の天体。2003 UB313以下は誤差が大きいので順位は大きく変わる恐れがある。一昔前までは、小惑星番号1番のケレスが直径952kmで最大の小惑星だったんだけど、ここ10年程の間にエッジワース・カイパーベルトの中で続々と大きな天体が見つかって順位が大きく変わってしまった。

2002-02-02:作成
2006-08-26:要部修正
名前直径公転周期種類
Sun太陽1392000-恒星
Jupiter木星14298411.86155惑星
Saturn土星12053629.53216惑星
Uranus天王星5111884.25300惑星
Neptune海王星49528165.2269惑星
Earth地球127561.000040惑星
Venus金星121040.615207惑星
Mars火星67941.880866惑星
Ganymedeガニメデ5262(7.155)木星衛星
Titanタイタン5150(15.945)土星衛星
Mercury水星48800.240852惑星
Callistoカリスト4800(16.689)木星衛星
Ioイオ3630(1.769)木星衛星
Moon3476(27.3217)地球衛星
Europaエウロパ3138(3.551)木星衛星
Tritonトリトン2700(5.877)海王星衛星
2003 UB3132400(2300-2600)557散乱ディスク天体
Pluto冥王星2320(2300-2330)248.6458冥王星族
2005 FY91600(1400-1900)309散乱ディスク天体?
(90377)Sednaセドナ1600(1180-1800)12050内オールト雲天体?
Titaniaティタニア1580(8.706)天王星衛星
Rheaレア1528(4.518)土星衛星
Oberonオベロン1520(13.463)天王星衛星
2003 EL611500(2000x1500x1000)285散乱ディスク天体?
Iapetusイアペトス1436(79.331)土星衛星
(90482)Orcusオルクス1400(840-1880)248冥王星族
Charonカロン1210(1200-1210)(6.387)冥王星族
(50000)Quaoarクアオアー1200(1050-1400)287キュビワノ族
(84522)2002 TC3021200(800-1250)409散乱ディスク天体
Umbrielウンブリエル1170(4.144)天王星衛星
Arielアリエル1160(2.520)天王星衛星
Dioneディオネ1118(2.737)土星衛星
Tethysテティス1048(1.888)土星衛星
(20000)Varunaヴァルナ1000(800-1100)282キュビワノ族
(28978)Ixionイクシオン1000(800-1100)249冥王星族

この色は恒星
この色は惑星
この色は矮惑星(未確定)。
この色は衛星
この色はエッジワース・カイパーベルト天体
この色はその他の天体
※散乱ディスク天体:海王星などの惑星の影響を受けて、軌道の離心率が大きくなった天体。
※冥王星族:公転周期が、海王星の公転周期と3:2の関係にある。
※キュビワノ族:軌道長半径が41AUより大きく、離心率が0.15より小さい。(15760)1992 QB1(キュービーワン)にちなむ名前。
※名前のカッコ内の数字は小惑星番号。
※直径の単位は"km"。
※公転周期の単位は"年"、カッコ付きの数字の単位は"日"。

« 地震情報を共有する | HOME |  京都検定を受けた気分になってみる »

コメント

Clifton Sloan

quadrienniumutile devoutlessness earthstar inundable nonfalse ombrifuge pathophorous adnexed
<a href= http://www.glacierair.com/ >Glacier Air Tours</a>
http://www.emm-salon.com

ギトギト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/77-b46315ea

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。