スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックはやっぱりBSで

2006–02–20 (Mon) 02:17
そう、BSです。痺れを切らせて、今日はBSを見れるところで見てきました。
トリノ五輪2月19日。いよいよ五輪後半戦のスタートです。

カーリング女子・日本-イギリス
ああ、もうカーリングしか見えない。今日もいいゲームをしますね。
昨日のカナダ戦、スウェーデン戦の熱戦を見たからなのかどうなのか、観客席ではイタリア人の集団が日の丸を顔に描いて日本の応援をしていたらしい。日本女性はイタリア男性の好みに合うのでしょうかね。

トリノ公式サイトにはMost Important Shotとして第5エンドのラストストーンが挙げられていますが、自分としては第9エンドの最後のほうがインパクト強かったですね。
イギリス、日本のスキップのそれぞれ第1投が終わった時点で、リンクから取り除かれた石はわずかに2個。残りの12個の石がハウスとその周辺にひしめいて、ちょっとした弾みでどっちが点を取るか予断を許さない状態。日本の石が中心に近いところに2つあって、イギリスとしてはさらに真ん中に置いてくるか、ウエイトの強い石を投げて壁を崩すしかないという状況で、イギリスのスキップが選択した手段は後者。普通ストーンを投げるときは、コントロールしやすいようにわざと回転をかけて投げるんだけれど、その回転がほとんどかかっていないぐらい強烈なウエイトのストーンを投げてきた。しかし狙いとして定めていた標的の石を、わずか数cm外してしまって壁を崩すことはできなかった。この時点で日本が2点を取ることは確定していたんだけど、日本の頼れるスキップ小野寺はもう一つ中心に石を置くことで3点を狙った。今日もここまでいい場面でスーパーショットをばしばし決めてきた小野寺が、きっちり石を置いて3点をもぎとった。5点差がついたことでイギリスは投了。前回ソルトレーク五輪の金メダルチームに対して、これも大きな金星だ。
これで日本チームは3勝4敗となって、予選リーグの残りは2試合。現在6勝2敗のスイスと1勝7敗のイタリアが相手だ。油断だけはするなよ~。

ところで、実況の刈屋アナと解説の小林宏さんのコンビ、いいねえ。あまり馴染みがないスポーツであるカーリングを、本当に「解説」している。他の競技にありがちな、ただの日本の応援に終始するような安っぽい放送をしていない。刈屋アナがやたらと「マリリン、マリリン」言うのが気になるけど、刈屋さんのキャラなら許せる。小林さんは、カーリングを広めたいという意識が強いからなのかやたらと饒舌で、しかも対戦相手の国名をやたらと間違えるのが気になるけど、まあご愛嬌の範囲だ。刈屋さんはこのあとフィギュアの実況があって、カーリングの実況をしなさそうなのが少し残念。

今日はせっかくBSの生中継で見ていたのに、おやつタイムを見られなかったのが不満だ。序盤のハイライトなんて放送しなくていいから、栄養補給と作戦タイムと視聴者にとっては癒しの時間ともなるこのハーフタイムショーをぜひとも電波に乗せてほしいものだ。

今日は以上!

« オリンピックを見るならBSで | HOME |  オノデリング »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「2/20 さらにカーリング☆」

金曜夜の飲みすぎをいまだ引きずる週始め。 回復力ないまくり。 ****** とい  …

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://gito2.blog39.fc2.com/tb.php/99-adcd9538

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。